Skip to toolbar

発音(記号)は同じが、アクセントの位置が違う、、、と勘違いされてきた単語について

発音(記号)は同じだが、アクセントの位置が違う、、、と勘違いされてきた単語について、ジーナさんがまとめましたので、ご覧ください。

http://www.nippondream.com/tips.htm#accent
DIFFERとDEFERはどう違いますか、、、というご質問(BLOG、、下のほうを参照してください)に答えたものです。他の例として、RECORD(動詞)とRECORD(名詞)はどう違うか、、、といったものもありますので、一度にお答えしました。

ネイティブメソッド・英語喉ではアクセントを暗記する必要はない、、、としています。喉+3ビートで自然な英語のメロディーが生まれると。では、発音は同じだが、アクセントの位置が違う単語は、どう説明するのか、、、という話になります。極端な言い方をするならば(厳密にはそうではないですが)、アクセントが大切ではない、、、と言っていることに近いわけですから、そういう単語の存在をネイティブメソッドは説明する責任があるわけです。

 

Related Articles

あれ、全然違う結論に?私の意見と、ハワイの先生の意見

まず最初に、 喉1号さん、なかなかよいです。喉発音ばっちりです。ただ、まだ舌のほうの問題が解決していません。両唇音のときに(MとかB)目立つのですが、舌が屋根に付いたとき、たぶん、喉のほうも同時にしまり気味になっているのではないかな?わざとゆっくり、そういう音を、練習してみてください。そのときに、喉の底で響きを継続的に感じてみてください。BENTOというとこのBEだけでもかまいません。Bのところで、響きが切れているのではないかな?喉が絞まりぎみになると切れます。 UKEKOさん、LとR、あるいはZなど、もうちょっと喉発音位置を下げるとうまく行きます。1センチぐらい。今、ちょっと浅めになっています。 さて、ハワイ大学の日本人の先生が、英語の発音は母音とアクセント(の位置)が大切だとBLOGで書かれていた。これは私の結論と逆です。紹介します。 ハワイ大学アメリカ研究学部の先生で、吉原真里教授のBLOGです。今ちょうど日本にいらっしゃるそうです。 http://mariyoshihara.blogspot.com/2010/06/9.html タイトルは、「英語の発音は母音とアクセントが9割勝負である」です。 英語喉の観点からいうと、アクセントというのはあまり関係ないということがいえるので、全く逆の意見ですね。 ちょっとびっくりしました。私と同じ年に生まれたかたで、アメリカでPHDをとったというのも同じです。アメリカに長く暮らしておられるのも同じです。でも、英語に関しての結論が180度違います。 このBLOGの途中で、日本人の人が英語で歌を歌っていて、発音が問題だったとおっしゃっています。ご本人も書いてらっしゃいますが、歌だと、アクセントはメロディーの音程に左右されるわけです(引用すると、、、歌の場合は、アクセントはまあ音符に従うわけですが、母音は正しく発音しなければ致命的です。)。 私的、英語喉的には、じゃあ、英語にとってアクセントは関係ないということでしょ?と言いたいです。英語の歌って、メロディーのせいで、アクセントが自由になりますよね。でも英語の歌をネイティブは理解します。だからアクセントは、理解するためには関係しない、、、とくるのが正しい判断じゃないかな???すなわち、会話のとき、アクセントの位置は自由でよいということです。 その他にもアクセントが大切でない理由がたくさんあります。 1.1シラブル語においては、アクセントの位置の問題は存在しない。英語には1シラブル語がたくさんある。それでも英語ネイティブは、英語を理解できる。 2.アクセントの位置で意味が変わる英単語はほとんどないのでは?実際は発音自体が違う。例えば、レコードは極端に書くと、レカード、録音するは、リコード。アクセントの位置が違うというより、発音自体が違うのです。詳しくはhttp://www.nippondream.com/tips.htm#accent 3.繰り返しになるけど、歌でメロディーにのせて英語が歌われても、ネイティブは理解できる。 4.アクセントの位置を変えたら、突然、英語が通じだしたなんてことは起こらない。 5.文字には、アクセントの位置を表す記号はつけない。でも読み手は英語を理解できる。これは意味が分かりにくいかも。 6.わざとアクセントの位置を間違っても通じる。KAZYさんのhttp://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-07-08 を参考にしてください。 7.実際、結構、ネイティブは平坦に英語を喋っている。アニメのように極端なイントネーションで喋っている人は、大げさにやっているだけ。 8.私も平坦に喋るが、通じます。実際そうでしょ? 大切なのは、シラブルの数、それから喉で発音することです。 アクセントの位置がここまで言われているのは、きっと、日本の試験問題の素材になるからでしょう。暗記問題に使える知は、数学だろうが、英語だろうが容赦なく、知識の様態が変わっています。 一方でシラブルの数を問う問題は、簡単すぎて入試試験などに使えない。母音の数と同じだから(二重母音は一つとみなす)。 試験のために、英語という知識がひんまがってしまっているのかな? アドリブ英語で喋ってみました。音声ファイルは…

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

一緒にやってみましょう

喉のレッスン1、2,3,それから33を一緒にやりましょう。3ビートの感覚的な説明も加えて、動画で説明しています。以下のページの最初のところを見てください。 http://www.nippondream.com/tips.htm      

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. >極端な言い方をするならば(厳密にはそうではないですが)、アクセントが大切ではない、、、と言っていることに近いわけですから、

    「THEの読み方」には
    >・英語では(日本語と同じで)強弱が大切でない
    と書いてありますけど、強弱とアクセントはどう違うんでしょうか。

  2. 強勢、アクセントという表現は非常に使いにくいことは確かです。というのは、言説空間の「ゆがみ」のようなものがあるように思います。これを説明することは、例えば4次元の世界がどう見えるかを説明するような気がして、頭がくらくらしそうです。

    おそらく物理現象としては、音程と音量の二つがあると思うんですが、これらの二つをちょっと、ひっくるめてアクセントとか強勢と読んでいるような気がしてなりません。さらに、日本語話者のイメージのなかでは、音程のほうがとくにアクセントと理解されているように思えます。さらに、このアクセントという「言説実践」がゆがんでいるのは、西洋人の認識においては(それが正しいかどうかは別問題として)、アクセント=「音程+強勢」であることが多い点です。

    この交錯する定義のなかで(意識されているもの、無意識なものなどが入り乱れるなか)、アクセントの厳密な意味を問うことは、非常に難しくなります。

    アクセントという表現をこのさい、一事、やめてしあい、音程、音量、、、と呼べばよいのではないかと感じます。とはいえ、英語の英語っぽさを表現するのに、音程がどうで、音量がどうで、、、と考え出すと、ますます言説空間の深みにはまっていき、出てくれないような気がします。

    音程に関してコメントすれば、喉発音+3ビート、、、あとは適当に感情にまかせる、、、ことの結果です。音量に関しては、これは、理論化する対象ではないように思います。意識して、なんらかのパフォーマンス効果をねらい、上げたり下げたりしてもいいけど(キング牧師のスピーチなどよい例ですね)、別に普通にしていればよい、、、と。練習する対象では絶対ありませんね。困るのは、音量を練習メニューにいれてしまうと(音程もそうですが)、誰でもできることなので、ああ、練習しているな、、、という気になってしまう点です。すると肝心の発音のほうから関心がそれてしまいます。

    ぜひ、まずは喉発音と3ビートを体験してみてください。