英語文法の脱構築

英語の文法は日本人にとって暗号である。例えばTHE。これを正しく使うのは難しい、、、とされている。ところが、この暗号を解くことに成功した(CODEをCRACKした)。ただし、この発表はすぐというわけにはいかないので、皆さんにはまたしても迷惑をかけることになる。THEだけではない。日本人には使いにくい複数、単数形の秘密も明かすことができた。だって、ものすごく簡単なことなのに、なぜ日本人にとっては難しいのか。それには理由があったのである。イメージ的には、実は文法は存在しなかった、、、という感じだ。文法は存在しないのである。

アマゾン

そこまで書くか、、、というアマゾンの酷評、、、。カズの英語がネイティブに聞こえない、下手だ、、、というのが主要な喉バッシングの方法になっているようです。喉の音をきき、シラブルを聞いてくれたら、よく分かってもらえると思うんですが、、、。

自慢です

日ごろは謙虚なことしか書いていませんが、今日は自慢です。 私のヒーロー(神にちかい)X.Y.Z.->A (LOUDNESSも)の二井原さんが、今月号(8月?まだ出てない?出てる?)のプレーヤー誌(ロック雑誌http://www.player.jp/index.html)で、喉を紹介してくださいました。STAND