米国株式投資について

今、投資ブームだそうです。 日本株も上昇中ということですが、私は米国在住ですので、米国株式投資となります。アメリカの場合は、そもそも、401Kとかいう仕組みがあって、普段から給料から自分が選ぶ%分、引いてもらって、自動的に投資するようになっています。この場合は個別株ではなくて、ミューチュアルファンドというやつかなと思います。 これは税金対策で、このように引いてもらった分は税金控除の対象になるということなのです。 50%の米国民は、こういう制度になっているということもあり、なんやかんやで株式に参加しているということです。逆に言うと半分の国民はしていないということですが、日本人よりも株式参加率は高いような印象です。 トランプさんが、ことあるごとに株式の 株に興味がなくても制度としてあるがために、税金対策ということで、多くの人が401Kなどと呼ばれるものに参加しているわけです。 ただ、選んでいる株商品ですが、たぶん、ミューチュアルファンドと呼ばれているもので、多くの人が適当に選んで、忘れているんじゃないかと思います。たぶん。 この401Kとか呼ばれているものは、60歳とか65歳ででリタイアするときに、引き出すということになっています。その時に税金がかかるものの、リタイアしているので他の収入が少なく税率が低いので得、、ということです。 日本でも似た制度があるということでした。 さて、以上のことしかしていませんでしたが、12年前に現在の会社に再就職しましたところ、給料の一部を株で払ってくれるという制度があるのを知りました。給料の%を指定して、給料日ごとに積み立ててもらい、そして、半年に1回、その積立金で、会社の株を少しだけディスカウントしてもらって購入するのです。そのために、会社がEtradeという株取引のアカウントを作ってくれました。 眺めていると、そのアカウントで普通に個別株などを買うことができることに気が付いたので、興味を持ち、適当に買いました。 適当にやっていましたが、去年ロックダウンの影響もあり、退屈になったので、有名な株情報サイトfoolに入会しました。Foolは今買うべき株を推薦してくれます。 FOOL https://www.fool.com/ そして去年、ツイッターを見ていると、フォローしている人が「じっちゃま」という人のことをツイしていたので、フォローし始めました。 じっちゃまはここ。 じっちゃまの特にIPO情報を参考にしました。初めてIPOというものに興味を持ちました。IPOというのは新規の上場ということです。 学んだのは、貯金をするうえで、一部を投資という形にすることの重要性です。 特に米国では1株から購入可能なので、お金に余裕がない人でも始めることができます。日本でも楽天証券などでは可能だと聞きました。社長さんが、私がシカゴ大学の寮で一緒だったかたでびっくりしました。よく夕食を一緒にしていたからです。 ETF株というのがあって、プロが色々な銘柄をマネージしてくれているものがあります。例えばVTIなどがそうです。初心者はそういうのから始めるといいようです。 英語学習との関連ですが、例えば大学生であれば、3万円でも、米国株式に投資しておいて、自分の銘柄について英語で読む、、など英語の勉強になりそうです。株情報サイトのFoolとかだと、情報満載ですので、英語を読む練習になります。 もしかしたら、3万円を投資しておいて、損をしたくないという気持ちを利用して、英語を勉強するというという仕組みをつくるのもいいかも。FOOLだと、これでもか、これでもかと英語で情報をくれますし、PODCASTもあるので、聞いて理解する練習になります。 10年に一度ぐらい暴落があると言われていますが、歴史的にみて、米国のマーケットは上昇のトレンドが続いているので、長い目で見れば良いと思います。 経済ニュースなどに自然に興味を持つようになります。 自然と倹約もしたくなると思います。…

英語の勉強の仕方

さて、英語学習においてとにかくこれをしてくださいと頼める立場にあるとするなら、以下のようになります。 ステップ1 まずは英語喉で聞き取りができるようになってください。英語喉の本、あるいは機関銃英語が聞き取れる!を1周してください。その際ぜひ使っていただきたいのが、私のオンラインコースにある音声CDを聞きやすい形で置いたものか、英語喉完全マスターオンラインコースです。 https://nippondream.mykajabi.com/offers/ubpmFWgy/checkout?cid=7dd82911-6b03-49b1-b27b-0e4db07fa476 聞き取りができるようになると同時に発音を練習するわけですが、これはゆっくり、胸のあたりを響かせるような気持ちでゲップエリアを定位置にしていきましょう。 ステップ2 オンラインなどを使って、できるだけ多くの会話の機会を持ちましょう。お金を払ってのオンライン英会話がスケジュールを立てたりするのが楽ではあります。ちなみに、私がスペイン語とフランス語に使っているのがitalki.comです。その他にも色々ありますが、もし、お金に余裕がなければ、オススメなのは私が運営しているDISCORDのグループです。こちらで、日本語を勉強している外国人を見つけて、お互いに日本語、英語を教え合うのはいかがでしょうか?ただし、無料だからこそ、続きにくいところがありますから、継続する工夫をしてくださいね。 https://discord.com/invite/we4zBpe 会話をどんどんしていただきますが、その際に必ず私のキンドル本、英語の勘1,2,3を参考にしてくださいね。文法をこう理解すれば、どんどん話せる、、という内容です。 アマゾンで探してみてください。 オンラインでの会話は全て相手の了承を得た上で、動画として残しておき、復習しましょう。私の場合はフランス語とスペイン語ですが、自分用のYOUTUBEチャンネルにUPして、自分で後から聞いて勉強をします。 会話の中で新しく出てきた単語などを覚えましょう。自分のウェブサイトをもっておくと、そこにメモ代わりに新しく出てきた単語をメモっておけますね。 ステップ3 英語リーディングですが、毎週、一つ英文記事を決めて少しづつ読みましょう。私は英語喉オンラインサロンに毎週月曜日に課題を出していますので、その課題を皆さんも一緒に読んでもいいかと思います。週末に、英文記事を読むイベントと称して精読していますので、ぜひご参加ください。 私は大学生の時に毎日図書館で英字新聞を読み続けました。1年頑張ってみてくださいね。スラスラ読めるようになります。正確には文法に頼らなくても理解ができるようになります。文法を考えている間はまだスローリーディングです。 私もまだ英語がマスターできていなかったときは、文法に頼って英語を読んでいました(聞いてもいました)。例えば、 The road of … とくれば、OFの後は名詞のようなものが来るのかな、、みたいな感じで予測しながら読んでいました。ところが、本当に英語が読めるようになると、予測する必要がありません。 ステップ4 書くことは長い間の訓練がいります。まずはジョンホール式練習法をおすすめします。私の大学時代の恩師のジョンホール先生は、とにかく毎日日記をかけと夏休みの宿題を出しました。考えずに書きまくります。そのうちに、スラスラと書けるようになります。知らない単語も覚えたくなってきます。 さて、丁寧に書くことも大切ですが、その場合は、ネイティブの先生に直してもらう必要があります。文法だけでなく、思想の流れ(フロー)やスタイルも大切になってきます。オンラインの先生に頼んだり、日本語を教えてあげるかわりに英語を教わっているネイティブの友達に直してもらいましょう。 プロフェッショナルライティングですが、これは専門分野がいります。英語を勉強するというより、自分の専門分野を見つけ、それを勉強するなかで、英語で書く練習をします。私が大学生のときは、国際情勢を知りたかったので、JAPAN…

日本人の足の指とアメリカ人の足の指の違い

妻はアメリカ人で私の足の指を見て、形が違うと言います。妻の足の指はまっすぐです。でも私のは曲がっています。FBで知っている日本人の人がたまたま足の写真をUPしていたのですが、私の足の指と同じ形でした。ちょうど、この絵の人の足の指と同じです。 これって浮世絵にあるぐらいですから、日本人の足の指の形ということでいいでしょうか。一方でアメリカ人の足の指はとってつけたようにまっすぐ、、地面をがっしり掴むための機能を失っているかんじです。足の指が機能を失っていて、ただの飾りのようです。なくてもいい感じ。 これは私の妻の足の指もそうですが、アメリカ人のたくさんいる地元の道場で剣道をしていて気が付きました。 国際結婚をされているかたは、おそらくすぐ気づくと思いますが、外国人は足の指を使うのが器用ではないですよね。 さて、まだのかたは私のオンラインコースサイトに無料での登録をお願いします。以下の絵をクリックしてみてください。