February 2015

英語喉ライブ(USTREAM配信)
Eigonodo hangout #02 on Children's story: Urashima Taro (Jpn), Kis gömböc (hungary), & Enko (Hiroshima)

On this google hangout, we spoke about children stories.  @lister spoke about Urashima Taro, Oliver introduced Népmesék. and Kaz told a story of Enko. - YouTube http://www.youtube.com

Read more
Uncategorized
語学の神様を呼ぶ方法

外国語学習にも神様がいることをご存知でしょうか? 新しい単語を覚えたとき、語学の神様は、その同じ単語に、1週間以内にもう一度、会わせてくれます。 2度目に会うと、あ、出てきた!と感動し、その単語が定着しやすくなるのです。 ただし、語学の神様のご利益を得るには、最初の出会いが、「実際に使っていて出合った」単語でないと、1週間以内には、再会できません。実際に使っていて、、というのは、以下のようなケースです。 例えば、外国人の友人と喋っていて出てきた単語 新聞、雑誌で出会った単語(ネットを含む) テレビ、ラジオを聴いていて出合った単語 特に、上のうち、二つは、耳で聞いた単語になります。 なぜ、語学の学習の神様が、その単語にもう一度会わせてくれるかというと、そもそも、最初に出合えた理由が、まさに、その単語がよく使われる単語だからなのです。 皆さんも、語学の神様のご利益にかなうような環境に身をおいてみませんか? そのためには、 英語を日常の生活の中で使う 使うなかで覚えるということが大切です。 英語で何かを悩んだり、問題を解決したり、商品を注文したり。 工夫がいりますが、外国人とコミュニケーションすることはネットが発達した時代、結構、簡単です。 このサイトに登録して、一緒に、色々と活動するのも手です(宣伝か~w)。SKYPEとGOOGLE HANGOUTクラブで実際に、世界とコミュニケーションをすることを目的としています。 http://www.nippondream.com//community/eigonodo-skype-club/ 先日は、KENJIさん、オリバーさんと話ができました。オリバーさんはハンガリーからなのですが、教えていただいたハンガリーの表現、SEEYAがハローらしいのですけど、語学の神様は、私をこの単語を聞く、使う機会を与えてくれるでしょうか???こちらが、先日のEIGONODO HANGOUTの模様です。 - YouTube http://www.youtube.com

Read more
Uncategorized
英語がネイティブな日本人は普通、イギリス英語っぽい、、という謎

英語喉を意識的に実践されているわけではないけど、無意識にされている日本人で英語が飛びぬけて上手な人はなんとなく、アメリカ英語なのに、微妙にイギリス英語っぽい感じがする。その理由は アをオっぽく発音される傾向がある。(実際は、イギリス英語でもどちらかというとオ 例 TALKのAは実はアでよい) TとかDが浅い感じ(とくにTが浅いとイギリス英語っぽい) 単語の中間にあるRを発音しない (実際はイギリス英語でもRは全部発音するが、浅い感じ。発音をしていないわけではない。) 原因は、首の根元を意識して使ってはおられないので、結果として、以上の音が出にくい。したがって浅めの音で代用されているが、結果として日本人の耳にはちょこっとイギリス英語的に響く。 - YouTube http://www.youtube.com    

Read more