News Literacy Introduction: News Through Time

News Literacy Introduction: News Through Time

PDF

https://learningenglish.voanews.com/a/news-litaracy-introduction-news-through-time/4387984.html

Today we are at the Newseum in Washington D.C. – where the history of free expression is explained and defended.

今日は、ワシントンD.C.にあるニューズィアムに来ています。ここでは、表現の自由の歴史が説明され、守られています。

The first printing presses arrived in the United States in the mid-1600s, marking an important step in the history of America’s free press.

1600年代半ばに最初の印刷機がアメリカに到着し、アメリカのフリープレスの歴史において重要な一歩を踏み出しました。

A free press is important in democratic society. It allows citizens to speak freely and criticize the country’s leaders without fear. Some journalists have even lost their lives for that right.

民主主義社会では、報道の自由が重要です。市民が自由に発言し、恐れずに国のリーダーを批判することができるからです。この権利のために命を落としたジャーナリストもいます。

But, it can also lead to news that is false. Last year, a fake news story about a Washington pizza restaurant went viral, causing a gunman to open fire at the business.

しかし、それが嘘のニュースにつながることもあります。昨年、ワシントンのピザレストランに関するフェイクニュースが流行し、銃を持った男が店に向かって発砲するという事件が起きました。

One of the most common terms we hear today is “fake news.” The public and politicians use it to talk about the news reports they do not think are accurate.

今日、私たちがよく耳にする言葉のひとつに “フェイクニュース “があります。一般の人や政治家が、自分が正確だと思わないニュース報道について語るときに使います。

While people have paid much attention to the term in recent years, the problem is not new. False news reports have been around since modern journalism started.

近年、この言葉に注目が集まっていますが、この問題は新しいものではありません。虚偽の報道は、近代ジャーナリズムが始まった頃からあった。

Today, information moves around us in many forms, every hour of every day. Even if we do not seek out news on our own, we often receive it anyway, instantly, on our phones.

現在、私たちの身の回りでは、さまざまな形で情報が飛び交っており、毎日、毎時間、情報が流れています。自分からニュースを探さなくても、携帯電話で瞬時に情報を得ることも多い。

So how can we manage this mountain of information so that fake news does not mislead us?

では、フェイクニュースに惑わされないために、この山のような情報をどのように管理すればよいのでしょうか。

We believe this requires news literacy. News literacy is the ability to use critical thinking skills to judge news reports. Are they credible? Can you rely on the reports to be true?

そのためには、ニュースリテラシーが必要だと考えています。ニュースリテラシーとは、批判的思考スキルを用いてニュース報道を判断する能力のことです。ニュースは信頼できるか?その報道が真実であると信じられるか?

We use real media examples to teach useful skills and methods to recognize journalism over other kinds of information. We examine the differences between facts and what people report in the media as truth.

メディアの実例を用いて、他の情報とジャーナリズムを見分けるための有用なスキルと方法を学びます。事実と、人々がメディアで真実として報道する内容との違いを検証します。

The course provides tools to identify real and reliable news sources. And, it demonstrates ways to separate news from opinion.

このコースでは、本物の信頼できるニュースソースを見分けるためのツールを提供します。また、ニュースとオピニオンを区別する方法も紹介します。

Professors at Stony Brook University in New York created the News Literacy education program. We will share it with you in simple English on VOA Learning English.

ニューヨークのストーニーブルック大学の教授たちが、ニュースリテラシーの教育プログラムを作りました。それをVOA Learning Englishで簡単な英語でお伝えします。

The need for news literacy is possibly greater now than ever before. Learning this important skill can give us the power to take full control of our own search for the truth.

ニュースリテラシーの必要性は、これまで以上に高まっていると言えるでしょう。この重要なスキルを身につけることで、私たちは自分自身で真実を探求する力を手に入れることができるのです。

Because as we’ve seen many times before, some news presented as truth can actually turn out to be completely false.

なぜなら、これまで何度も経験してきたように、真実として提示されたニュースが、実際にはまったくの虚偽であることがあるからです。

This lesson is based on the News Literacy course at the Center for News Literacy at Stony Brook University. For more information on how to become a news literate citizen, go to The Center for News Literacy.

_________________________________________________________________

Words in This Story

fake – adj. not true or real

accurate – adj. free from mistakes or errors

mislead – v. to cause someone to believe something that is not true

consumers – n. people who buy things

media – n. television, newspapers and other sources of information

reliable – adj. able to be trusted to do what is necessary

ネイティブ同士が話す英語が絶対に聞き取れるようになります

VOICYでKOJIさんと話したときに、私が普段から感じていることを言っている部分です。日本人の英語学習者は、ネイティブ同士が話す英語が聞こえるようになると言うことを信じてないのではないでしょうか???絶対なれますよ。英語喉やってください。

以下のVOICYエピソードから切り取りました。

https://voicy.jp/channel/834/224575

VOA記事 Tasmanian Devil

ワード文書

PDF文書

Tasmanian Devils Return to Australia Mainland after 3,000 Years

https://learningenglish.voanews.com/a/tasmanian-devils-return-to-australia-mainland-after-3-000-years/5613849.html

Tasmanian devils have been returned to the Australian mainland 3,000 years after the animals died off there.

タスマニアデビルは、オーストラリア本土で動物が死んでから3、000年後にオーストラリア本土に戻されました。

The mainland population is believed to have been partly killed off by a group of dingoes – wild dogs native to the continent. Experts say other causes of extinction could include a rise in the native human population and extremely dry weather.

本土の人口は、大陸原産の野生の犬であるディンゴのグループによって部分的に殺されたと考えられています。専門家によると、他の絶滅の原因には、在来の人口の増加や極端に乾燥した天候などがあります。

Tasmanian devils are meat-eating marsupials. Marsupials are mammals that reproduce differently from other animals. Most are born when they are just embryos and still developing. The baby animals take shelter for several months in a pouch on their mother’s body as they develop and grow.

タスマニアデビルは肉を食べる有袋類です。有袋類は、他の動物とは異なる繁殖をする哺乳類です。ほとんどは、それらが単なる胚であり、まだ発達しているときに生まれます。赤ちゃん動物は、成長して成長するにつれて、母親の体のポーチに数か月間避難します。

Two of Australia’s most common mammals, the kangaroo and the koala, are marsupials.

オーストラリアで最も一般的な哺乳類の2つ、カンガルーとコアラは有袋類です。

Tasmanian devils are generally black or brown in color and can weigh up to 8 kilograms. Experts say while devils are not dangerous to people or farm animals, they will defend themselves if attacked and can cause serious injury.

タスマニアデビルは一般的に黒または茶色で、体重は最大8キログラムです。専門家によると、悪魔は人や家畜にとって危険ではありませんが、攻撃された場合は身を守り、重傷を負う可能性があります。

An estimated 20,000 wild devils live on the island of Tasmania, which is an Australian state. But the animals have not lived on the mainland for about 3,000 years.

オーストラリアの州であるタスマニア島には、推定2万人の野生の悪魔が住んでいます。しかし、動物は約3、000年間本土に住んでいません。

There used to be a lot more devils in Tasmania, with wildlife experts estimating the population to be as large as 140,000 at one time. But a deadly disease struck the devils in the 1990s, reducing their number to as few as 20,000.

タスマニアにはかつてはるかに多くの悪魔がいて、野生生物の専門家は一度に14万人もの人口を推定していました。しかし、1990年代に致命的な病気が悪魔を襲い、その数はわずか20,000人に減少しました。

The drop in numbers led to Australian efforts to protect the devils. Wildlife activists have worked for years to strengthen the population. They argue that devils are needed in the environment because they can keep more destructive creatures – like foxes and wild cats – under control. They say this, in turn, helps protect the environment as a whole.

数の減少は、悪魔を保護するためのオーストラリアの努力につながりました。野生生物活動家は、人口を強化するために何年も働いてきました。彼らは、キツネやヤマネコのようなより破壊的な生き物を制御下に置くことができるので、環境には悪魔が必要であると主張しています。彼らは、これが環境全体を保護するのに役立つと言います。

Conservation groups recently announced that 11 of the animals were released on the Australian mainland last month. Another release happened in July. It marked the first time the marsupials have been released into a protected wild environment on the mainland.

保護団体は最近、11頭の動物が先月オーストラリア本土で解放されたと発表しました。別のリリースは7月に起こりました。有袋類が本土の保護された野生環境に放出されたのはこれが初めてでした。

The 11 most recently released devils began exploring their new home once they were let go at a large wildlife refuge in New South Wales state.

最近解放された11人の悪魔は、ニューサウスウェールズ州の大きな野生生物保護区で手放された後、新しい家を探索し始めました。

Tim Faulkner is president of a conservation group called Aussie Ark. He said the “historic” releases were the first steps in a project much like the move to return wolves to Yellowstone National Park in the United States in the 1990s.

ティムフォークナーはオージーアークと呼ばれる自然保護グループの会長であり、「歴史的な」リリースは、1990年代にオオカミを米国のイエローストーン国立公園に戻す動きとよく似たプロジェクトの最初のステップであると述べました。

Faulkner said it was “incredible and surreal” to have reached the goal after 16 years of work. The efforts included establishing the largest Tasmanian devil mating program on the mainland.

フォークナー氏は、16年間の仕事の後に目標を達成したことは「信じられないほど非現実的」だと語った。その取り組みには、本土で最大のタスマニアデビル交配プログラムの確立が含まれていました。

Aussie Ark and other groups plan to release 20 more devils next year, and another 20 the following year.

オージーアークと他のグループは、来年さらに20の悪魔を解放し、翌年にはさらに20の悪魔を解放することを計画しています。

Faulkner said conservationists hope the project will create an “insurance population” against the disease that crushed Tasmania’s devil population. The disease, which causes cancerous tumors on the animal’s face, has so far proved to be untreatable.

フォークナー氏によると、自然保護論者たちは、このプロジェクトがタスマニアの悪魔の人口を押しつぶした病気に対する「保険の人口」を生み出すことを望んでいるという。動物の顔に癌性腫瘍を引き起こすこの病気は、これまでのところ治療不可能であることが証明されています。

Some experts question whether the project will have the full desired effect on the environment.

一部の専門家は、プロジェクトが環境に完全に望ましい効果をもたらすかどうかを疑問視しています。

Nick Mooney is a conservationist who has worked with Tasmanian devils for about 40 years. He told The Associated Press that wild cats are likely to return to hunting for food with increased competition from the devils.

ニック・ムーニーは、タスマニアデビルと約40年間協力してきた自然保護論者です。彼はAP通信に、野生の猫は悪魔との競争が激化するにつれて、餌を探すために戻ってくる可能性が高いと語った。

“There is an argument that by putting devils into a situation where you stop other (meat-eaters) scavenging is that those animals, like cats and foxes, will simply start hunting. You could actually make a conservation problem where it didn’t exist before,” Mooney said.

「他の(肉を食べる人)の清掃をやめる状況に悪魔を置くことによって、猫やキツネのようなそれらの動物は単に狩りを始めるという議論があります。以前は存在しなかった場所で、実際に保全の問題を引き起こす可能性があります」とムーニー氏は述べています。

The devils released this year and others in coming years will not be going into the wild just yet. Instead they will receive extra food. Some devils will be connected to devices that report their movements. Animal experts will be watching to learn how these creatures adapt to their new environment.

今年リリースされた悪魔や今後数年間にリリースされる他の悪魔は、まだ野生に出ることはありません。代わりに、彼らは余分な食物を受け取ります。一部の悪魔は、彼らの動きを報告するデバイスに接続されます。動物の専門家は、これらの生き物が新しい環境にどのように適応するかを学ぶために見守っています。

I’m Bryan Lynn.

The Associated Press, Reuters and Agence France-Presse reported this story. Bryan Lynn adapted the reports for Learning English. was the editor.