英語発音のコツ 母音のウとオで口を丸めないでください

ネイティブでもウとオのときに唇が丸くなる人はいますが、日本人が練習するときは、丸くせず、腹話術のようにどんな母音でも(あるいはどんな子音でも)唇を動かさずに練習してください。

なぜかというと、例えばウで唇を丸くすると、日本人は喉の奥のほうも同時に、力んで、縮こまる、、ことになり、音がこもります。そのこもりかたが非常に日本語っぽいこもりかたになるのです。

逆に言えば、日本語を勉強している外国人の場合は、ウとオのときに、唇を丸めるといいということになります。

日本人が英語を勉強する場合は、どんな母音、あるいはどんな子音をいうときも、口を笑っているときのようにする、前歯を見せるようにする、、のが良いです。そして、練習のときは腹話術師のようにあまり動かさないようにします。喉、首の奥だけに頼って発声をしてください。

非常に難しいのがWです。これを、あまり唇に頼らないようにして、首の根元を響かせるのですが、皆さんは、理屈で分かっていても、鏡を見ながら実践すると、唇を丸めてしまうか、上唇と下唇を近づけてしまうことでしょう。絶対したらいけないということではありませんが、首の根元を響かせる練習をする際には、腹話術師のように唇を動かさずに練習してみてください。

英語喉個人レッスンはこちらからご予約ください。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

喉第1期生の皆さんにアピール 弁当素材の音声UP希望(まだされていないかた)

この文書は、つねにUPDATEが進行中です。実践者の皆さんとの歩みを歴史として残したくて、これを書いています。 *** 皆さん、色々コメントをありがとう。喉出版より2年。振り返って、これまでに喉を応援してくださったかたがたを喉HEROSとナズケ、振り返ってみます(あれ、HEROESだったか、つづり?)。

相撲取りさんは喉発音だ

NHKがケーブル放送でアメリカでも見れるので、よく見ているが、結構面白い。いろいろな発見があるし、疑問もある。   バイリンガルニュースについては、前にもいろいろ書いたが、英語を読んでいる人の英語にいちゃもんをつけたら失礼だという思いがあったのだが、週末にまた見ていて、ちょっとふっきれた気持ちになったので書いてみたい。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.