Skip to toolbar

独自のオンラインコースを構築、販売できるKAJABIって何?

音声でも以下の内容を日本語で話しました。

KAJABIというプラットフォームで、オンラインコースを構築しました。

自分は当然、英語喉というアプローチには自信があり、多くの人が英語喉で聞き取りと発音ができるようになりました。

本だけでなく、YOUTUBEにレッスン動画をアップしました。

ただビジネスという観点からは、YOUTUBEにあげて、他人の広告をつけても、なかなかうまくマネタイズできません。今朝調べてみましたが、私の英語喉動画レッスン1はYOUTUBEにあげて8年ぐらい経ちます。多くの人が見てくれています。ところがこの8年間にこの動画が稼いだお金は3万円程度です。計算してみますと1日10円ぐらいになります。

お金が全てだというわけではありませんが、私は現在、コロナの影響で、12年間務めた会社でフルタイムからパートタイムになりました。1週間に10時間ちょっとしか仕事がありません。これを機会にもう少し英語喉をビジネスとして成立させたいのです。

私は英語喉がビジネスとして成立しないと、皆さんも損することがあると思います。英語の勘シリーズは構想10年、執筆3年の時間がかかりましたが、これは私が英語喉ではなくて、本業のデータ分析、プログラム評価という仕事をしていたからです。もし英語喉を本業とできていたら、英語の勘をもっと早く届けることができたと思います。

英語喉と同じく、英語の勘シリーズで英語人生が変わった人はたくさんいると思います。

KAJABIというのは自分で作ったコースを直接、受講生となる皆さんに売ることができるプラットフォームです。

以前から、本サイトではLearnDAShというプラグインを使い、コースを作っていましたが、私はそれらを無料で公開していました。ところが、LearnDashだと、スピードが遅かったんです。それはLearnDashのせいではなくて、私のウェブホスティングの会社のスピードが遅かったからです。

KAJABIであれば、私が作った動画はサクサクと動いてくれます。

よくBLOGを1年毎日書けばとか、YOUTUBEを熱心にアップし続ければ、収入が出るというような言い方をしますが、ありえないと思います。YOUTUBEでは、本当に雀の涙ほどしかマネタイズできません。

KAJABIはコンテントを提供するものとして新しい可能性を作ってくれます。さて、私が使っているプランは月1万5000円ほどのプランです。これは確かに初めてコースを作るときには、元がとれるだろうかと悩むことでしょう。

私は思いきって、自分のコンテントを40本の動画としてつくり、KAJABIでの販売に挑戦しました。今までのところ、好調に買っていただいています。

さて、KAJABIでこんなことができたということを書いてみます。

クーポンを発行することができます。コースを初めて、最初の週末には20%セールを敢行してみました。

マーケットメールを効率的に送ることができます。例えば私のコースをすでに買ってくれている人に、そのコースを買ってくださいとメールを出すのはナンセンスですので、買ってもらっていない人だけに出すことができます。

オンラインサロンを作ることができました。掲示板のようなコミュニティーをつくりました。そして、コースを一緒にバンドルして、そのコースの中で私が毎週月曜日に課題を出す、、という企画をやっています。

細かく見ると、できないことも色々あり、せっせとKAJABIにリクエストしています。例えば掲示板では、ユーザーがファイルをUPすることができません。

KAJABIはそれ自体のアフィリエイト制度があります。私が人に紹介して、その人がKAJABIを始めると、私がコミッションをもらえるという制度です。もし興味があるからは、こちらから無料の28日チャレンジに挑戦してみてください。

さらに、私自身のコースにもアフィリエイト制度がつくれるんです。さっそく、友人のアメリカ人にアフィリエイトになってもらいました。

もしお時間がありましたら、私の新しいサイトを訪れてみてくださいね。

Related Articles

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

グローバル時代の学び方 1質問2ドルでハンガリー人のIT家庭教師をゲット

新しい挑戦 コンピュータプログラミング 自分は統計データ分析ソフトのSASプログラミングを20年やっているので、さすがに、SASなら大丈夫なのだけど、その他のよく名前を聞くプログラミング言語は、挫折ばかりで、全然できません。 とはいえ、昨年あたりから、やっとSQLは、ちょこっと仕事で使うようになりました。なぜかというと、統計分析の仕事というのは、8割がデータマネージメントで、その半分が、データ会社がくれるデータの問題と格闘するという内容だからです。 連邦政府とのコントラクトの仕事は、データ自体を集める小さな他の会社とチームになってするのですが、だいたいIT系の会社というのは、データを集めるのは得意ですが、それを分析できるデータ形式にはしてくれないことがあります。 統計分析に関する知識はない場合が多いと思いますし、そもそも、どのような事情でどのようなファイルにしてほしいかが伝えにくいということもあります。 ですから、ややこしいRELATIONAL DATABASEを、どかんと、はい、どうぞ、とくれるのですが、そこから格闘が始まります。 はい、これデータディクショナリーね、と、なにやらSQLのソフトから自動的にどかんと出力(?)したようなものをくれて、あとはグッドラックって感じです。 分析する側の感覚ではデータディクショナリーというのは、データを見た人がそのデータを確実に理解するための情報がはいっていて、実際に、人が考えて書き上げたものをデータディクショナリーと呼ぶのですが、、、 ま、データを集める会社と、分析しレポートする会社が違うということです。 それは、連邦政府の仕事は、大きな会社に一つの仕事をどかんと託すスタイルではなくて、複数の会社に機会を与えるというのが目的の一つだからだと思います。 特に、小さい会社(スモールビジネス)に機会を与えるというのが連邦政府の使命の一つなので、入札のときに、スモールビジネスの会社をパートナーとして含めるという指定があり、また、その会社がマイノリティーのオーナーだと、入札で有利になります。 そういうわけで、繰り返しになりますが、データを集める会社と分析する会社が別になってしまうことがあるのです。 データを集める会社は、IT系で、SQLとかPYTHONとかPHPとか、そういうのを使います。一方で分析する会社(自分がいる会社)は、心理学とか社会学、教育学系のトレーニングを受けている人が普通で、分析はSASとかSPSSです(統計ソフトの名前)。 文化が違うし、話し方さえ違います。 コミュニケーションが非常に難しいので、自分は、IT系の人たちの文化やスキルを理解することで、仕事が楽になるんじゃないかと思ったので、SQLとPHP,PYTHONを勉強し始めました。 ところが、どんなに本を読んでも、うまくいきません。一度、英語喉実践者のかたに指導していただいて、やっとMYSQLが自分のラップトップで走らせることができるとこまできました(ありがとうございます)。 PHPやPYTHONは本通りにやっても、エラーメッセージがでるんです。それは、例えば、PYTHONだとVERSION3が今新しいと思うのですが、ネットや本にある情報はVERSIONがちがったりします。 本どおりにやってもできない、、、ということに気がついてきたときに、元アップルで現在作家の松井ひろしさん(https://twitter.com/Matsuhiro )が、upworkというサイトがあって、世界中からIT系のコントラクターを雇うことができるというような内容の情報を流されていました(もしかしたら、そういう情報を流したかたのポストをRETWEETをされていたのかもしれない)。 そこで、さっそく、そのサイトで家庭教師を応募しました。値段はいくらでできるかオファーしてくれと言いました。翌朝までに30人ぐらいの応募があり、あるハンガリーの人が、特に推薦されていたので、その人に頼みました。 その人は1質問を2ドル(約250円)で答えてくれるということでした。 これまで4つ質問をしたのですが、3番目の質問は、PHPをどうやったら自分のラップトップで使えるの?というものです。 これは、自分で本でやろうとしても、無理だったんです。全然わかりません。分からないまま時間がすぎていきます(1時間?)。 ところが、その方が答えてくれた通りにしたら10分程度で解決しました。 内容的には私が使っていたXAMPPを消して(これは英語喉実践者のかたに教えてもらったもの)、WAMPをインストールせよ、、そして、分からんかったら、このサイトを見て、、という簡単なものでした。とりあえず鵜呑みにして、したがってみました。すると、やりたかったことが、すぐにできるようになりました。なんとPHPのプログラムが書けました!PC上で書いたものを、本サイトのフォルダーに置いてみると、なんと作動しました。…

オバマ氏とロシア大統領のヒソヒソ話

オバマ氏がロシア大統領にヒソヒソ話をしているのがたまたま、マイクに拾われて、公開されてしまったというハプニング。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語でのことだ。通訳を通していない。 http://news.yahoo.com/president-obama-asks-medvedev-space-missile-defense-election-101729176–abc-news.html 日本の首相とは、こんなハプニングさえ起こらない。英語が通じないから。 以前から、私は、ある程度教育を受けて英語ができないのは、日本人だけだと言っているが、かなり反感をかうかもしれない。しかし、このロシアの首相は、家に帰って、必死に、単語を覚えたり、英語の資格をとろうとしているわけではなないのに、オバマ氏のヒソヒソ英語を100%理解している。決して、うちに帰って英語()みたいな教材で練習しているわけではないだろう。 それはロシア語では喉発音と3ビートである点が英語と共通だから、音として聞いて分かるし、習得が難しくないのである。 もう一つ、最近、LANGUAGEという言語学の学術誌で、フランスのリオン大学のFRACOIS PELLEGRINOという人(とその他)が、言語のスピードを測ったらしい。1秒に何発シラブルが発射されるかを測ったら、8ヶ国語中、日本語が一番早かったそうです。サンプル数は59人だそうです。 これも常日頃から英語喉で言っていることですね。早い順で書くと、、 日本語 7.84(1秒に発射されるシラブル数の平均) スペイン語 7.82 フランス語 7.18 イタリア語 6.99 英語 6.19 ドイツ語 5.97 ベトナム語 5.22 マンダリン(中国語) 5.18 やはり日本語では、1シラブルに音が2つまでなので、速いわけです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.