Blog

キーワード 英語発音 英語会話 シラブル 音節 英語 TOEIC TOEFL 機関銃英語 上川一秋

英語喉で姿勢を正そう

週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e さて、もう先週のことになるのか、広島に帰っているときに、私自身が卒業した小学校で英語喉を紹介?指導(?)をさせてもらいました。校長先生、そして参加していただいた先生の皆さん、貴重な機会をありがとうございました!以下は、その小学校のサイトでその講演(?)の写真です。紹介していただきありがとうございます。 http://www2.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/~kazahaya-sho/kennkyu/7.6english.html 私の右側に座っているのは、父です。英語喉普及活動に精力的に協力してくれています。 写真のなかで手をたたいているように見えるのは、シラブル・3ビートを指導しているところです。黒板(ホワイトボード)には、3ビートにわけていくやりかたを示しています。 小学校でも英語を教える時代ですが、大目標は英語を楽しむこと。発音、リズムを知れば、きっと楽しい授業ができることでしょう。 さて、写真を見ていて思い出したこと、、、私自身の姿勢がたまたま悪いですね。背中が曲がった感じです。でも、これは英語喉に書いてあるネイティブの標準姿勢ですぐ直ってしまうことは皆さん、もうご存知だと思います。 学校では姿勢をきちんとという指導をしますが、まさに、姿勢をキチンとするには、英語喉姿勢が効きます。 英語喉の29ページの絵をみてください。英語ネイティブの標準姿勢ですが、まずまっすぐ立って、首、頭を上方に伸ばし、肩は、、、、 などと4つのステップに分けて書いてありますが、実は、これを全て正しく実行するコツがあるのです。 それは、かかとに重心をかけることです。特に、歩きながらだと分かりやすいような気がしますが、 かかとに重心をおいて歩くと、姿勢がしゃんとしてガイジンみたいになります。ぜひやってみてください。 広島にいるあいだに、高校からの同級生5人でミニ同窓会をしました。そのうちの一人のコレちゃんが、接骨院をしているのです(姿勢に関しては専門家でしょう)。 そこで、コレちゃんに、ネイティブの標準姿勢を見てもらったら、まずのコメントが、 頭、肩、腰が垂直、一直線になっている、、、 という指摘でした。 そうなのです。英語喉の標準姿勢をすると、姿勢がまっすぐになるのでした! 私自身、猫背だとばかり思い、長い人生を暮らしてきましたが、首の骨が曲がっているのは普通です(骸骨の模型みたら分かります)。しかし、誰でも、背中の下のあたりをそらせると、背中がまっすぐに見える。 そしてこのことは、かかとに重心を置くだけで、全部、自動的に起こることなのです。 そういえばそうですね。ガイジンさんが、フォーマルな写真をとるとき、しゃきっと姿勢が伸びています。 菅原里奈先生もボイストレーニングにおいて、声を出して元気になろうという視点をもってらっしゃいますが、英語喉で姿勢を正しく!ってのも、元気になるための1ステップです。 猫背で悩んでいる人はいませんか?実は、猫背は直るんだということだけで、元気になれるのでは??? ただ、かかとに重心をかけて歩いたりしていると、本当にガイジンっぽくなってくるんです。ちょっと恐竜が歩いているみたい(笑)。 ジーナのお父さんが自動車に乗り込むとき、座席に座るとき、恐竜みたいによっこらしょとやるのです(足が棒みたいで、邪魔みたいな感じ)。自分もまったく同じ感じになっているので、笑えます。分かるかな~~。 さて、実際に役立つことを毎回紹介したいものですが、ネイティブと会話するときに、標準姿勢にしてみましょう。すると自信もわくと思います。日本的な感覚だと態度がでかくなる感覚?があるかもしれません(本来の「自分自身」に戻っているんだ、、、と理解してください)。息もたくさん使って、大きめの声で話してください。 すると、ネイティブとの会話が楽しく、盛り上がることでしょう。

THとZやDはどちらが難しい?

週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 本日の録音です。THの発音の聞き取り練習を英語喉の125ページ、126ページを参考に練習してみてください。 http://www.nippondream.com/blog/the_07_14_2011.mp3 さて、、、 前にも思ったが、広島に帰っているときに5歳(ほとんど6歳)の姪に英語を教えていて再確認したのだが、小さな子供にとってVの発音のほうがBの発音よりも簡単だということだ。 口がゆるい感じなので、自然と下唇と上の歯が会う(合う?)感じである。 突然トピックが変わるようだが、変わらない。 YOUTUBE動画におけるやったもんさんの英語は国産ネイティブレベルに到達しているので、報告したい。 http://yattamon.cocolog-nifty.com/english/2011/07/talking-about-m.html   やったもんさん、国産ネイティブ宣言です! さて、ここまでできるのに、THEがザになっているのが私にとって非常に不思議である。 そこで考え始めたのがTHEとZAの関係は、上の姪の例で出したBとVの関係に似ているのではないかということだ。ちょっと分かりにくいかもしれないので、ゆっくり読んでくださいね。 実は口のゆるい幼児にはTHEのほうがZAよりも簡単なのではないだろうか??? THEとZAを何回も言って、体感を比べてみるとZAのほうが、舌の動きが複雑な??ように思える(といっても、ものすごく細かい意味で、、幼児にとって少しだけややこしい感じ)。 ここで私はTHEをほとんど舌を動かさずに発音している。喉のほうでびりびりと出すことが90%だ。 もしかして、THEをきちんと、おおげさに発音したとき、舌をちょっと前歯と舌の間に動かすように思えるのは、Zで起こるような舌と口の屋根の間の気流が起こらないためにするのではないだろうか? ちょっと、どっこいしょと舌を、邪魔にならない位置におくために。 だから、きちんとしようとしなければ、THEはそれほど思われているほど舌を動かさない(これはあくまでも仮説です)。 実際、ネイティブのTHEを聞いていると日本人の感覚ではDAに限りなく近いように思える。実際は、違う音として聞こえるけれども。 幼児にとってBよりVのほうが簡単であるように(私はそう思っている)、実は幼児にとってTHEのほうがZAよりも努力が少なくてよいという可能性はないだろうか? さて、よくコメントを下さる喉実践者のアキさんが以下のような質問をメールにてされたので報告したい。私の言っていることと違うだろうか?、似ているだろうか?同じだろうか???? THは喉だという部分で共通している。そして舌は結構、活躍しないという点でも共通している。 以下全部引用文です。 ところで最近、喉発音で新たに気づいたことが1つあります。 th(無声音・有声音とも)の発音方法です。日本人で、最も間違っている人が多い音なので、日本語のザやサなどで代用してしまっているのでしょう。 私は現在では、喉下のゲップエリアから力を抜き、口から喉全体をだら~~んとさせて喋ると、楽に自然に英語のシラブル発音が出来るようになりましたが、thの発音だけは戸惑うことがありました。 つい、無理に舌を前歯の先に出して息を出そうとしてしまうのです。 最近、あるとき偶然に悟りました?が、舌先を前歯の先に出すというよりも、舌先を前歯の裏側から下へ滑らせるような感じで、軽く息を吐きながら前歯の先に軽く自然に押し当てて溜を創り、その反動によって口の奥(喉の上部・アクビエリア)を軽く鳴らすのが、自然で良い方法なのではないでしょうか? 私はそうすると、無理に舌を前に伸ばす必要性が、ないように感じます。舌は口中にドテーの存在していて、その先だけを少し動かす程度という感じかな。 英語ネイティブのth発音を聞くと、日本語のザやサよりも乾いた感じの音に聞こえることが多いのですが、これは舌先ではなく、喉の上から出しているからですかね。 英語のdの音は、舌先を歯茎(口蓋の前部)に軽く押し当て溜をつくって、その反動によってゲップエリアから出す音ですよね。 thの音の場合は、舌先を前歯の先に軽く押し当て溜をつくって、その反動によってアクビエリアから出す音だと考えても正しいでしょうか? 間違いですか?

Hello world! 新しくしました!

英語喉BLOGを新しくしました。これまでのものは、これまでどおり、以下の場所にあります。英語喉が出版された年2007年から、2011年の7月までのものです。 http://www.estat.us/wordpress/ 2011年の7月の最初の1週間で広島へ帰省したところで終わっています。 http://estat.us/wordpress/?p=1248 今回の帰省中、広島(安芸津町)と関西国際空港において、対談を行いました。広島のほうは、RONさんがUPされています。 http://www.youtube.com/user/drph88#p/u/12/CC7DcHyOW9s http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1747082167&owner_id=4214822 関空のほうは、三羽さんが録音されました。 http://www.youtube.com/watch?v=5AIFNY0NC4o さて、これからも、よろしく御願いします。 ぜひこの機会にコメントなどお寄せください。