1年に1回の会社のBBQ大会で、大声で会話 喉の底からだと楽

会社で昼にバーベキュー大会みたいなのがありました。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

毎年一回、会社のはいっているビルのマネージメント会社が主催して、BBQをふるまってくれます。アメリカでも会社によって違うと思うのですが、私のいる産業セクターでは、だいたい個室オフィスか、少人数の部屋がオフィスになっているので、一緒に仕事をしている人達、同じフロアの人達は知っていても、ちょっと部署が違うと、全然、見たことがない、、、という状態でしたが、こういうときほど、一緒のグループの人たちを意識するのか、同じテーブルで、お互いに、こっちですよ~、みたいなかんじで集まりました。

ガレージの建物であったのですが、DJがやとわれていて音楽が流れているので、大きな声で話さないといけません。

私も、大きな声で喋りました。喋っていて、やっぱり、これがネイティブ風の喋り方だなと思いました。どなるような感じです。

でも、喉の底からオペラ歌手のように発声しているので、喉がつぶれませんでした。

私のアパートの隣人は日本人で、最初に会ったときからすぐに、英語喉の道にさそいまして、今では、外人発声になっています、、、というか、歌が好きな方なので、喉発音に苦労されていません。

彼が言っていました。

「最近、人と喋るとき、声が大きくて、外人なみです。」

皆さんも喉の底から、脱力ゲロを出す感じで、大きめの声を出してみてください。

すると、内容に関係なく、相手は、あなたの話を聞いてくれると思います。

大きめの声をだすと、同時に、気分がリラックスするのか、英語も出てきやすい。

音声で説明します。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_06_22_2012.mp3|titles=kaz_06_22_2012]

http://nippondream.com/file/kaz_06_22_2012.mp3

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

英語喉稽古コース始めました (SKYPEでの受講ありですが、いかがですか?)

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 さて、先週は初めて、ボランティアによる英語喉稽古クラスをしました。 稽古と呼びましたが、その内容が剣道の稽古にそっくりで基本を繰りかえし、少しでも間違っていたら、前にすすまずに、できるまで粘る、、、という特徴を持ったものです。

英語喉セミナー 西日本からのご夫婦を喉革命に導きました!

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 ワシントンDCにて、だいたい毎週木曜の晩、7時にボランティア講座を開くことにしました。その調子でやれば、1年で、喉実践者を100人以上生み出すことができます。数年やっていれば、何か起こっていると文部科学省さんも気づくことでしょう。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.