英語喉以後に初めて知った表現 REALLY?

はじめてアメリカに来たときに、へ~、こんな表現使うのか、、、と思ったことがある。例えば、日本では習わなかったけど、BE SUPPOSED TOというのをよく聞いた。 英語喉以来、なぜか聞こえ出した単語もたくさんある。聞こえ出すとよく当たり前のように使われているのがわかり、ちょっとびっくり。なぜ前は知らなかったのかな、、、

英語喉表現講座 ISH(いっしゅ)って表現聞いたことある?

結構、聞く表現で、ISHというのがある。 え?ISH?なんやそれ?と思われました? 直訳したら、「ぐらい」とか「ぽい」だろうか、、。 <一つの単語に二つの意味があるということではありません。本当に普通に英語ができると、ISHはISHで同じだと感じるのです。日本語に訳すから二つ意味があるように思えるだけで、英語で考えると同じなのです。>

英語喉表現講座 I’m supposed to

I’m supposed toは本当によく使う表現だ。使いやすい。 I’m supposed to meet my friends..(友達に会うことになってんねんけどなあ、、) I was supposed to meet my friends.. (友達にあうことになっててんけどなあ、、) けどなあ、、、という部分がちょっと含みを持っている。