英語喉以後に初めて知った表現 REALLY?

はじめてアメリカに来たときに、へ~、こんな表現使うのか、、、と思ったことがある。例えば、日本では習わなかったけど、BE SUPPOSED TOというのをよく聞いた。

英語喉以来、なぜか聞こえ出した単語もたくさんある。聞こえ出すとよく当たり前のように使われているのがわかり、ちょっとびっくり。なぜ前は知らなかったのかな、、、

Just a tad …

TADはちょっとという意味。だからJust a tadは、例えば、テーブルを二人で動かすときなどに、ちょっとだけ、動かそうというときなどに言うのです。

pitch black まっくら

聞こえ出すと、よく使われているのが分かる。

rub いらつかせるとか、いう意味で

Don’t rub it in 傷口に塩を塗るような行為や言い方をやめて、、、ということ。

The rub is  問題は、、、見たいな感じの意味だと思う

 

ア~~~~(と音程をさげながら言う)

これは以前にも書いたけど、女性が、例えばかわいい犬をみたり、ほほえましい話を聞いたときに発する

 

あ、あと、これどう?

REALLYを「ちょっとええかげんにしてやって感じやってんなあ」、「うそつかんといてって感じやねん」、「あんた、まじでやってくれない、、、て感じやったわあ」みたいな意味で言う。でも言い方が特殊なので、これは音声でやらないと分かりにくい。

これは本当によく聞く。REALLYの80%がこれだと思う。

さて音声で、このREALLYの説明を。このREALLYは、ないか、腹立たしいことをしている人に対して直接に言うこともあるが、第3者に、こんなことがあったんですと、訴えて話すときに使うこともよくあるみたいです。映画やドラマなどで、しょっちゅう女性が使っている。男性でも使えると思う。

www.estat.us/blog/really.mp3

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉表現講座 I’m supposed to

I’m supposed toは本当によく使う表現だ。使いやすい。 I’m supposed to meet my friends..(友達に会うことになってんねんけどなあ、、) I was supposed to meet my friends.. (友達にあうことになっててんけどなあ、、) けどなあ、、、という部分がちょっと含みを持っている。

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を!

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.