今週末の英語喉ライブ テーマは「アメリカで働く」

まずはヨッシーさんが、国産ネイティブレベルに到達されているので、報告します。

http://kokusan-native.at.webry.info/201110/article_1.html

ヨッシーさん、おめでとうございます!まず、MASA RADIOに出演されてはいかがでしょうか?

細かい点は、また音声にてアドバイスを近日中にしますね(例 WORKの発音)。

さて、今週末、日本時間の10月9日(日曜日)正午から1時間、英語喉ライブを放送します。テーマは

アメリカで働く

です。出演は、IHAさんとKENJIさん。ネイティブゲストは現在調整中ですが、複数のかたがたから、参加表明をいただいています。

私が英語喉ライブをするひとつの理由は、日本人が堂々と英語で喋っている、英語で絡んでいる姿を見せたいということがあります。

従来の日本人の考え方では、外国人にものをはっきりと言うのが、英語の、いや国際コミュニケーションだという固定観念があります。外人はものをはっきりいうと、日本人は思いこんでいます。しかし、それは、英語ができない人の発想です。いや、英語ができない状態が300年つづいた結果、染み付いてしまった考え方です。

だから、日本人が外国に行って喋るとなると、日本の立場を説明するとか、NOをたたきつけるとか、そういうことが多い。

実際は外人も日本人も同じです。周りを気にしながら喋っています。

不幸なことに、どんなに勢いよく海外に出ようと、口発音でやっていると、どんなに内容を用意していたとしても、外国人は、日本人のほうを、物理的な意味で、「むきさえも」しません。

これは私が透明人間としてアメリカで口発音時代10年以上、経験したことです。

ある会合でアメリカ人と私、そして日本から来たばかりの日本人が一緒になったことがあります。口発音で体から硬い印象、オーラを放つ日本人は立派な人です。内容的にも、非常にすぐれたものを持った人です。

しかし、アメリカ人たちは、いや、私ですら、その硬い雰囲気のする人のほうを、そもそも

むいていないのです。

喉で発音している私は、たいしたことを言わなくても、仲間として会話に加わっていました。

内容以前の問題なのです。

もちろん、アメリカ人も常識人ですので、たまに、日本人に対して質問をすることがあります。ところが、その会話は文が単位なのです。

~~~ですか?

~~~です、、、

という感じです。からみがありません。

ところが、仲間意識を持った同士の会話はからみます。以下はやや大げさめに表現したので、誤解が生じるかもしれませんが、、、こんな感じです。

あのさ~、あの通りの~右をまがったところにあるね

あ~、あの店ね

うん、そう、あの店のさあ

あそこおいしいよね~

って感じが、喉発音同士の者たちの会話です。からんでいるのです。文と文を投げ合っているというより、文だったり、節だったり、部分だったりを投げあいながら、からみあっているのがコミュニケーションです。

それは、あたかも、コミュニケーションを共同で行っているかんじなのです。

私は英語喉ライブで、いかに日本人でも喉でやっていれば、仲間VS仲間という感じの会話が、国籍関係なしに、できるかということを示したいのでした。

昔、ブッシュ大統領が、オフレコと思って、イギリスのブレア大統領とひそひそ話で、悪口を言っていたのだけど、実はマイクが会話をとらえていた、、、なんてハプニングがありました。

しかし、これは、絶対に日本の首相との間では起こらない。仲間意識がわかないからです。

しかし、これからは違うと思います。その始まりとして、私は英語喉ライブを届けたいと考えているのです。

それでは~~~。

 

 

Related Articles

当サイト内「英語喉会議」にて、最大のコツを発表しました

まずは、当サイトのメンバー登録をしていただき(参加条件、英語喉実践者であること)、そのあと、「英語喉会議」のコミュニティーに参加リクエストお願いします。 さっきまでの段階ですでにメンバーになっておられたかたには、招待メールを出しました。 すでに幾人かの英語喉実践者が、コツをつかって、音声UPをしていただいています。お二人とも、まだ、調整中・練習中ということです。 YOSSYさん http://kokusan-native.at.webry.info/201201/article_3.html MASAさん http://audioboo.fm/boos/618815-the-tip もうちょっと練習された後に来たものがこれ。中間から歌が始まるけど、むちゃ、うまい。 http://audioboo.fm/boos/620830-close-to-you さらに、コメント欄で報告をいただきましたので、今、ここに掲載させていただきます。YATTAMONさんです。コツをさっそく使っておられます。私の感想はコメント欄に書きました。 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xjZvp2P198g PROJECT Xさんは、このコツをとりいれる以前の音声を記録されているので、待っていると、コツ後の音声も聞けるかな? http://pr0jectx.blog.fc2.com/blog-entry-14.html 私自身もUPします。こんなに、楽しそうに喋っている私を皆さん聞いたことがあるでしょうか????どこまで喋っても、自信たっぷりです。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_01_12_2012.mp3|titles=kaz_01_12_2012] http://nippondream.com/file/kaz_01_12_2012.mp3 東日本にお住まいの皆さんは、気をつけてくださいね。この新しいコツは兵庫県から西(神戸あたりから西)の方言を喋る日本人には、それほど、難しいものではないように思います。というのは、そもそも、(例えば)、広島弁を喋る人達はこれを、実際、しているからです。 あ、今分かったのですが、最近、YOUTUBEなどで、日本人の喋り方で強烈に違和感を感じると思っていたのですが、これが原因だったですね、、、以前に、2chの西村博之さん(神奈川県出身、東京育ち)、経済評論家の勝間和代さん(東京出身)、、、のYOUTUBE動画を見たときに、その日本語の喋り方が、私と全然違うと感じていましたが、これが原因だったのだ!YOUTUBE以前は、テレビでアナウンサーの喋り方(どちらかというと喉発音)を聞いて、それが東京だと思っていたけど、、、YOUTUBEで普通の関東地方の人の喋り方を最近になって大量に聞けるようになり、なんか、激しく違和感を感じていた、、、。 その違和感とは、ちょっとぼ~とすると、聞き逃してしまうような感覚。字幕がほしいような感覚、、、あ、だから日本のテレビって、母国語なのに字幕がつくんだ! (そおっすよ~、、って感じの喋り方に西日本の人はならないかも、、?そう流すのが逆に面倒なかんじがする) しかし、新しいコツと言っても、実際は、英語喉に書いてあるのです。全てのページに書いてあるといってもよいかも、、、。 実は、昨日、KENJI@NYさんとSKYPEで話したのですが、東日本出身のKENJIさんはちょっとだけ苦労されておりました(が、このコツすぐにマスターできそうです)。 KENJIさん、がんばってください。いや、がんばって、がんばらないように! ○○○○さん、今回は、ぱくらないでくださいね。日本語でも発声が地方で違う、、、前から気になっていた、、とか言い始めないでね。…

納得の行く方向 仲間作り

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。   KAZYさんのSKYPEでの英語会話(プラス日本語会話)は、ネイティブの参加者さんが多く、日本人の数が少ないので、ぜひ参加してみてください! 詳しくはこのBLOGエントリーを読んでください。 http://nippondream.com/eigonodo/archives/1288   昨日は、日本人の聾のかたをボランティア指導させていただき、よい結果を得ることができた。経験を積んでいきたいと思う。なんとなく、どのように、英語喉と既存の方法がからめば、いい方向に行くのかが少し見えてくる(いや、ぼんやりとした方向であり、実際に現場を見ないとわからないのだろう、、、そんなことも、経験を通じ気づかせていただいている、、、)。 もちろん、英語喉は、すでに聾のかたが受けられたトレーニング、努力、経験にのっかった形で、作用している。だから、既存の方法とうまくからむ必要がある、、、と悟る。 それにしても英語喉は、イントネーションが自然になるのがすごすぎる。耳が聞こえるか、聞こえないかに関係なく、英語のメロディーが「自然」と「自然」になる。当たり前かもしれないけど、すごい。げっぷエリアの音は自然と下に行きがちで、ほっておいても、それが英語のイントネーションをつくっていく。 しかし、よく考えると、言語がそんなに難しかったら、誰も喋れないですよね。 さらに、これまで二人しか指導経験がないけれども、聾のかたのほうが普通の日本人初心者よりも喉発音が上手で、u_   i_   y_ など、その音を出すのが初めてであっても、ほとんど瞬間的にできる。 さらに耳の聞こえる日本人初心者の場合は、u_ がCUTとUPでできてもof でOVと間違ってしまう。 最初に教えたマケイラさんが、最初にi_ の音を出したとき、お母さんが、「そんなクリアな音がでているのは聞いたことがない」とおっしゃったのを思い出した。 そもそもなぜu_ (cut, up, of) が瞬間的にできるのか、理解しがたい。耳が聞こえる日本人だったら、アをげっぷエリアで言うの?ウを言うの?とややこしく考えるだろう。たぶん、ウだろうがアだろうが、がくんと発音位置をおろして、そのげっぷエリアのエコロジーというか、地形に素直に響かすと、正しくなるのだろう。 きっと最初の言葉を発した原始の人間、「はじめ人間ギャートルズ」を想像すると、、、何世紀も字はなかったわけだが、最初は、アだとかイだとか考えていなかったはずだ。ただ単に、喉の奥で、出しやすい位置で出し、そして出しやすい音が複数あることに気づき、そしてそれらが弁別的に異なる場合に、アとなりイとなっていったのだろう。出しやすいかどうかは、喉の奥の地形・エコロジーによった決定されたはずだ。…

トーストマスター(スピーチクラブ)を見学!

まずは今週末の喉SKYPEセミナーのお申し込みはこちらから。今週を逃すと来週はお休みになります。レイバーデーの連休で留守になるため。 http://www.doodle.com/e4a5a5p5cbqf6ay5 トーストマスターというのは世界的な団体なのですが、会社のなかにもクラブとしてあるのです。昨日ランチタイムに初めて参加しました。代表の人は日本に2年住んだことがあるそうです。 5,6人で昨日は即興スピーチの練習でした。時間は2分。 私に与えられたテーマはリーダーシップでしたが、テーマを聞いてすぐに喋りだします。 これは素晴らしい練習だ!と思った理由は、喋ることに対する怖さみたいなものを、これを続けていれば克服できるだろう、、、という確信のようなものを感じたのです。 喋っていて、即興ですから、不安になってきます。あれ、今、同じことをリピートした、、とか思ってしまうと、口発音になりそうになる。そこを我慢して、自分への自信を揺らがないように乗り切る、、、。 他の人もやりますから、人のスピーチも聞けます。 よかったのは、この場では、間違ってもいいし、アホなことを言ってもいい。それでも、「許してくれる」集団がいて、練習相手になってくれるということ。 緊張する場面を3,4,5回ぐらい練習しつづけると、慣れてくると感じました。 人間というのは新しいことをはじめるときに、あ、これなら1ヶ月後、1年後にここまで上達できるぞ、、、という感覚が最初のところにないと、3日坊主になります。 文部省のコミティーの提案で生徒にやる気を出さすために、いかに英語が大切かを理解させるというような提案がありました。それも大切でしよう(ちなみに、私はスペイン語が大切だとかそういうことは無視してでも、スペイン語が喋れているのだが、、、)。もうひとつ、「これを勉強していたら、1年後の自分が見える、、、」というような要素が大切。 MASAさんの喉の旅BLOGは、そのことの大切さを思い出させてくれますね。 皆さん自身、親で、子供が学校に行かれていて、勉強に苦労している子供もいるでしょう。教師をされているかたもいるでしょう。 あ、これなら1年後にはこんなに成長している、、、という姿がイメージできるような方向に導けるといいですね。 せめて英語では現在はそれが可能です。 それでは、昨日、私がこのクラブで感じたことを即興スピーチにしてみました。目的は、練習です。ちょっと聞きなおして思うのは、難しいのは、単語をクリアに発音しつつも、CHOPPYにならないようにスムーズにすることですね。クリアにしようとすると、母語が日本語なので、どうしても単語と単語の間が離れそうになります。 会議のときに、アメリカ人の発声を注意深く聞いていますが、誰一人として、あいまいな発音をしている人がいません。 さて、こうして練習しているうちに、慣れてくると思います。まだ音が小さいでしょうか?おしえてください。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_25_2011.mp3|titles=kaz_08_25_2011] 直りんはここをクリック。 「国産ネイティブになろう」さんが、発音をUPされています。 http://kokusan-native.at.webry.info/201108/article_9.html   指導の音声をとりました。直りんはここです。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 認定ありがとうございます!まだ恐れ多いような気がしますが、今後ももっと精進していきたいと思います。いつもお忙しい中為になる情報をたくさんご紹介頂きありがとうございます。

Skip to toolbar