AC/DCファンの皆さん

最近、ロックスターの本を読むことがあるのですが、AC/DCの名作、BACK IN BLACKは初代vocalのBON SCOTTが死んだ後に作られたアルバムです。

BON SCOTTが実は作詞したのに、それをAC/DCの他のメンバーが無視して、2代目vocalブライアン・ジョーンズが作詞したことにしている(死人に口なしなので、BON SCOTTの貢献を無視している)という疑惑があるみたいです。

そういう話があるとは想像したこともありませんでしたが、読んでいるうちに、面白くなってきました。

そういえば、自分自身が好きなのはBON SCOTT時代のAC/DCで、一番好きなアルバムはHIGH WAY TO HELLです。

エリック・クラプトンも出自が非常に複雑のようです(お爺さん、お婆さんが父と母だとしばらく信じていたみたい)。

動画はBON SCOTT時代のAC/DC。これを自分は中学校の時に家でヘビロテをしていた。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉表現講座 WAY 

YOUTUBEをあけて、適当に動画を選び、それをちょっと聞いて、気の利いた表現があったら、それを「英語喉表現講座」と称して、解説するという企画。 本日はこれ。昔はやったコメディー。今でもRERUN(再放送)をやっている。結構笑える。

ヘビーメタル入門

最近、朝、出かける前に、VH1で音楽ビデオを見ている。すると、テイラースウィフトの15才という歌などが、何回もかかる。そこで気づいた。確かに、良い歌だが、私にとってはどうでもよい歌詞だ。 男性歌手の歌なども、ラブソングは、その歌を歌うことで、その男性歌手たちが、女性にもててやろうという魂胆の歌である。決して、それを聞いている男性リスナーの得になるようなことはない。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.