英語も音楽もまずは細かいところ

英語も音楽もまずは細かいところが大切で、その積み重ね(といっても、柔軟な積み重ね)が大切だと思うんです。

音符の一個一個があり、またその内部にも、音のうねり、深さ、音程の変化などがありますが、そのあたりからコントロールしないといかんと思うんです。

個があって全体があるのではないかと。

そんな細かいことは難しいとおっしゃるかもしれませんが、その場合は、ゆっくりやればいいと思うのです(英語もゆっくり話せばいい)。

コンピュータプログラミングも同じ。

ところが、英語教育の世界では

間違ってもいいから、積極的にしゃべることが大切と、、、なりますよね。

気持ちは分かるんですが、間違いをしないように話すのが大切じゃないかと思うんです。というのは、間違いをかさねて、全体的にしゃべれているように思えても、そしてそれが伝わったとしても、おそらく応用がしにくいのと聞き取りとかができないんじゃないかな、、、。

間違いを気にし過ぎると話せないとおっしゃると思いますが、その場合は、内容をどうでもよくしたらいいと思う。天気の話とか。そういう話で練習する。実際のところ、天気の話ができないと、難しい話なんて無理です。

まずは頭をからっぽにして、でてくる英語を正しくする。

例えばHOTとHUTの違いをあまり気にせずにやっていたら、それなりに話せるようになるかもしれないけど、おそらく聞き取りができないのではないかな、、、。

それにしても、どんなことを間違わないようにするかというと、IのときはAMとかSHEのときはISとかそういう基本的なことです。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

フランス語が内容をともなって頭に飛び込んできた 感動

広島の人が、アメリカの核実験に抗議して、、、うんぬん、、、という話をAMラジオニュースで聞いた。 何が、感動したかというと、私はこのニュースをフランス語で聞いたということだ。ラジオをつけた瞬間、え?フランス語ってこんなにのろまだった?と感じた。あ、これは男性のアナウンサーがたまたまゆっくり喋っているのではないか?と思ったが、女性キャスターに代わってからも、フランス語はノロマなままだった。

反*内容主義

ちょっと宿題がたまっています。音声UPをされているかたへのコメント。明日、やります。喉1号さんの音声が半分はネイティブ、半分は(おそらく両唇音のときだと思うけど)口がまだ活躍している、、でも半分はネイティブになっているのがよいですね。全部がネイティブになったとき、誰よりもネイティブっぽい感じになりそうで、ダークホース的です。完成が楽しみです。その他のかたもちょと待ってください。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.