Skip to toolbar

英語も音楽もまずは細かいところ

英語も音楽もまずは細かいところが大切で、その積み重ね(といっても、柔軟な積み重ね)が大切だと思うんです。

音符の一個一個があり、またその内部にも、音のうねり、深さ、音程の変化などがありますが、そのあたりからコントロールしないといかんと思うんです。

個があって全体があるのではないかと。

そんな細かいことは難しいとおっしゃるかもしれませんが、その場合は、ゆっくりやればいいと思うのです(英語もゆっくり話せばいい)。

コンピュータプログラミングも同じ。

ところが、英語教育の世界では

間違ってもいいから、積極的にしゃべることが大切と、、、なりますよね。

気持ちは分かるんですが、間違いをしないように話すのが大切じゃないかと思うんです。というのは、間違いをかさねて、全体的にしゃべれているように思えても、そしてそれが伝わったとしても、おそらく応用がしにくいのと聞き取りとかができないんじゃないかな、、、。

間違いを気にし過ぎると話せないとおっしゃると思いますが、その場合は、内容をどうでもよくしたらいいと思う。天気の話とか。そういう話で練習する。実際のところ、天気の話ができないと、難しい話なんて無理です。

まずは頭をからっぽにして、でてくる英語を正しくする。

例えばHOTとHUTの違いをあまり気にせずにやっていたら、それなりに話せるようになるかもしれないけど、おそらく聞き取りができないのではないかな、、、。

それにしても、どんなことを間違わないようにするかというと、IのときはAMとかSHEのときはISとかそういう基本的なことです。

Related Articles

フランス語が内容をともなって頭に飛び込んできた 感動

広島の人が、アメリカの核実験に抗議して、、、うんぬん、、、という話をAMラジオニュースで聞いた。 何が、感動したかというと、私はこのニュースをフランス語で聞いたということだ。ラジオをつけた瞬間、え?フランス語ってこんなにのろまだった?と感じた。あ、これは男性のアナウンサーがたまたまゆっくり喋っているのではないか?と思ったが、女性キャスターに代わってからも、フランス語はノロマなままだった。 しんいちろう いしはら という名前が聞こえて、あれ?日本関連だと思っていたら、急に、意味が飛び込んできた。 広島のなになにさんが、アメリカのオバマ大統領に、核実験に反対して、、、うんぬんうんぬん と。 感動だ。 最近、土曜日に教え始めて、あるかたが、メールで、シラブルのボンボンが全く意味が分からないとおっしゃっていらい、工夫しないといけないと思い、拍手をシラブルに合わせてしてもらう方法をやっている。 いや、拍手の方法は前からやっているが、具体的に、日本語と英語のスピードを比べてもらうのが目的だ。 まず日本語で、やってもらうと、日本語のシラブルが速すぎて、手がついていけない。 ところが、英語でやると、シラブルが結構、遅いので(のろまなぼんぼんぼん、という感じ)、余裕でついていける。 そういう教え方を始めて、セミナーは2時間なのだけど、最後で、あ!聞ける!と感動してもらえる確率がぐーんと増したのだ(ちなみに、受講料は、効果があったときだけと御願いしている)。 で、頭のなかで、あ、バスケットボールをつきながら、自己紹介してもらったらどうだろう。まずは、日本語で、、、無理。速すぎて。英語は、ボールをつきながら、シラブルのリズムを合わせて自己紹介は可能。 HELLOはHEL-LOで、ボールを2回つく。 そんなことを頭の中で想像していた。 そういうなかで、今朝、フランス語のラジオを聞いたら、フランス語がものすごくのろい。 のろい。のろい。のろすぎて、亀のようだった。 すると、意味が飛び込んできたのだ。 そもそも、英語がのろいというテーマは、NKJMさんが英語喉の感想で、TOKYOを外人が発音したら、やたらのろまに聞こえる、、、という話から始まったのではないか。 NKJMさん、ありがとう! ちなみに、TOKYOが、やたら間延びして聞こえるのは、直接の原因は、KYのところをどう発音していいか分からないので、一つ、シラブルを足す、、、という、ちょっと例外的なことが起こっているということもある。それにしても、やはり、西洋言語は遅い。 というか、シラブルに音を2個つめただけで、発射可能になる日本語こそが、機関銃言語なのだ。 他の言語は、3個詰めるので遅い。 こんな説明をしてみた。 *** そもそも、シラブルを無視して聞いていると、例えば、「first of…

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.