Skip to toolbar

感動した 台湾のお婆さんとの出会い

週に2回、1時間半づつ、近所の認知症デイケアセンターに行って、歌を一緒にうたったり、話し相手になったりしている。

今日はギターを持ち込んで、ビートルズを歌ったら、10人ぐらいの人がいて、一緒に歌って喜んでくれた。

これは久しぶりのデビューだった。

喜んでもらえたので、それが今日のメインイベントかなと思っていたら、もっと大きな感動が待っていた。

前から中国人かなと思っていた人のところに行って、挨拶をして、どちらからですか?と聞くと台湾という。

これは見逃していた。

台湾のかたが一人おられて、日本語で話をしたのは先週のBLOGで書いたと思う(こちら)。

もう一人おられたのだ!

見のがしたと思った理由は、たしかにそのかたの名前が台湾人の名前だったから。

23年も米国に住んでいると、名前をみたら、中国人か台湾人かがわかる。

子音ー母音―子音だと中国人のことが多い。特に最後がNGとかだと。

そのかたのファーストネームは子音+二重母音だったのだ!これは台湾のかたに決まっているではないか!

日本語で話しかけてみると、なんと日本語を理解された!

その方はもう一人のかたよりもご高齢で、英語だと、あまり話をされないのに、

ゆっくりとだが、確実にネイティブな日本語、、、いや、喉の奥から出てくるたどたどしい日本語でありながらも、確実に、ネイティブとして知っているような表現。

自分のことは「わたし」、相手(=わしね)のことは「あんた」と表現されていた。

少しだけ私のほうも言葉を選ばないといけないけど、いかにもネイティブっぽい表現を理解される!

日本語はよく話しますか?と問うと、

「そうでもない」

とおっしゃる。なんと、ネイティブ度の高い表現だろうか。

久しぶりに日本語を話されたようで、私の手をとって、手にキスを何回もしてくれて、

「本当にうれしい」

と何度も、何度もおっしゃった。

私もゆっくりではあるが、出来るだけ普通の日本語で

日本のおすしは好きですか?

とか聞いてみたら、本当にうれしいそうに、はいと答えてくれた。

料理はしますか?

という質問も、本当にうれしそうに答えてくれた。

途中から、このかたのご主人という白人のかたが迎えに来て、話に加わってくれたのだが、普通だったら、すぐに連れて帰るのだけど、私とおばあさんの会話を長く持たせたいのか、ずっと待ってくれている。

英語だと、こっちが、本当に押さないと答えてくれないんだけど、日本語でこんなに表現しているなんて、すごい。なんて言っているの?

と聞いてきたので、「料理はしますか」と聞いたら楽しそうだったと報告すると、「彼女は最近はできないけど、料理が本当に得意だったんだ」とのこと。

自分は1986年の大学生のときに、台湾の友だちがたくさんできた。それも、留学生センターで知り合ったのではなくて、大学へ向かう駅のプラットフォームなどで。

なぜ、自分がその時に台湾の友だちができたのかが不思議だったのだけど、もしかしたら、この認知症デイケアセンターで2人の台湾のおばあさんに出会うためだったのではないか、、と思い出した。

30年前に台湾の友人に教わった中国語で映画をみますか?と聞いてみると本当に喜んでくれた。ご主人いわく、大の映画ファンで、日本のオペラ映画も見るんだそうだ。

ご主人は、本当にうれしそうに、私がそこに月曜日と水曜日に来るということを確認していた。

台湾のおばあさんはおそらく90歳ぐらいのかなりの高齢だ。だが、自然な日本語がゆっくり確実に出てくる。

30分ぐらい話し込んでしまったが、自分の中で一つのことが変わった。

自分は英語教育に興味があり、特に文法に関しては、応用できるようなことが好きだ。例えば現在進行形。

挨拶にはあまり興味がなかった。

GOOD MORNINGとか覚えても面白くない。

とにかく使える文法事項だけが大切だと思い込んでいた。

ところが、この台湾のご高齢のおばあさんに日本語で問いかけたときに、うれしそうに答えてくれるのは、

まさに、挨拶言葉だった。

「はじめまして」と言うと、おばあさんは、本当にうれしそうに、「はじめまして」と言ってくれる。

「よろしくお願いします」というと、目に涙をためて、しっかりゆっくりと、「よろしくお願いします」と答えてくれる。

もしかしたら、台湾の小学校で日本語を習う時の、理屈なしの、音のつながりとしての日本語を楽しんでくれているのではないかなと思った(年代的に家でも日本語を話していたと思いますが)。

おばあさんの心が伝わってきた。自分も心を伝えようと思って、日本語の挨拶言葉を使った。

普通の文章であれば、現在進行形とかにあたる文法の応用がいるので、ご高齢のお婆さんには言いづらいかもしれない。

でも、「お元気で」、「さようなら」という言葉には心が反応しているのが分かった。

私の手を握ったまま、何度も、何度も、私、本当にうれしいと言ってくれました。

ちょっと別れづらかったです。

また来週も月曜日と水曜日に行ってきます。

人生の最期の時期ですが、認知症を持ちながらでも、やはり楽しいほうがいいですよね。

さて、最後に、このおばあさんが、「元気ぱりぱり?」という表現を使うんです。元気バリバリ?ってことかと思ったんですが、違うようです。

もしかしたら大昔の流行り言葉なのでしょうか?

あるいは、発音をちょっとまちがっているとか???

ご主人が「元気ぱりぱり」って日本語の表現として教えてくれたんですが、あなたは「ばりばり」って言っておられますね、と気づいておられた。

そういう表現が昔の日本や台湾でつかわれていたのが、ご存知のかたがおられましたら教えてください。

ぐぐったら、台湾の人が「元気ばりばり」という表現を使っているのに出くわしました。

ばりばり働くの「ばりばり」で、たまたまおばあさんが発音があいまいになっていて、「ぱりぱり」になったってことかな。

Related Articles

ONE OK ROCKのHARD TO LOVEの意味と発音を解説しました。

以下、ONE OK ROCKのHARD TO LOVEの意味と発音を解説しました。 とりあえずはドラフトです。 PDF形式でのダウンロードはこちらです。 www.nippondream.com/file/One ok rock hard to love.pdf PDFのほうは読みやすいと思います。 YOUTUBE動画も作りました。 ONE OK ROCKのHARD TO LOVEの意味と発音を解説 by 上川一秋(英語喉ウェブサイトwww.nippondream.com) 3/29/2017 英語 和訳(直訳) 発音 1…

驚きの事実 お嬢ちゃん(1歳半)が一番声が低かった!

今日はむちゃくちゃ驚いたことを書く。 そして、これは私が発見したのではないのだ。 土曜日に、ご夫婦を教えさせてもらいましたが、1歳半のお嬢ちゃんの声が一番、低かったのは、度肝を抜かれた! もちろん、これは、日本語を喋っていた私、ご主人、奥さん、そしてお嬢ちゃん(1歳半)を比べた場合であり、英語になると私が一番、声が低かった。 しかし、ご主人がそれをおっしゃるまで、私は、そんなことを考えたことさえもない。 お嬢ちゃんが、私達の発声練習につられたのか、あ~~~とか言ったり、泣いたりするたびに、私が、 子供は喉発音で、僕らの中で一番うまいですね~~~とか言っていたのだ。さらに、響きがプロの歌手みたいに、大人よりも、あった!声も大きい。 しかし、ご主人が、一言、「声も低いですね」と言った瞬間、私は、天動説が地動説に変わってしまったような、頭を鈍器で殴られたようなショックを受けた。 なんと、日本語を喋っている限りでは、そこにいた大人(私を含む)のなかで一番声が低かったのだ! でも、そのお嬢ちゃんは、普通の声だった。別にお嬢ちゃんが特別だったわけではない。このエッセイの最後にYOUTUBE動画を二つ載せておいたので見ておいて欲しい。ちゃんとした言葉を喋りだす以前の幼児は声が低い! よく聞いてみると、幼児の声(言語以前的な声)は低いのだ!!!!! 大人が喋る、ややかしこまったときに使う日本語の高さ(音程)に比べて、幼児の声は低い!!! さかな君とかと比べるもの意味ないが、完全に幼児のほうが声が低い。 言葉になっていないような音を出すときの音程は低いのだ。 さすが、喉発音。 しかし、そのことを指摘されたご主人の観察力がすごすぎる。もちろん、私が、喉発音が一番うまいとか、響きがよいとか言っていたのではあるが、幼児の声が低いなんて、完全に、常識では考えられないことだ。 あ~と言うとき、その声には、広いレンジでの、周波数が含まれているのだが、幼児は、カットしていない。低いレンジにも豊かな音が出ていた! さて、、、と。 ご主人は、アメリカ大陸を8時間も運転して、DCまでかけつけてくださった英語喉実践者1年めのかただった。 うれしかったのは、1年やっていて、それで私が指導し、後からジーナも応援に加わってくれたのだけど、その場で、やはり向上が見られたということだ。 二重母音のIの発音が、微妙にア、イ、というぐあいになっていた。あ~いという風にスムーズにつながらずに。それはご自分では気づきにくい点だ。それを直すには、さらなる脱力だ。 そして、最後のほうでは脱力がうまくできていて、いい感じになった。いらっしゃったときから、もう喉発音だったけど、やや、だみ声的な要素が目立ったので、声優さん的なかっこいい声を目指したのだが、それはやはり脱力だ。 さて、奥さんのほうもいい感じになった。 これは練習中にも指摘したけど、F、V、Bに気をつけてほしい。 Vのところで緊張しがちになり、上唇と下唇が合ってしまい、最初はBになってしまっていた。…

本日、日本時間、日曜日、正午、ネットラジオでます!英語喉と機関銃英語 はじめまして!

英語喉スペシャル  7月4日(日曜日)、正午(日本時間) アメリカから聞く場合、東海岸3日夜11時―西海岸3日夜8時 TOEIC満点講師のMORITE2さんのネットラジオに出演します。英語喉について、MORITE2さんと語ります。その最中に、基本を説明しますので、その説明で、皆さんが、英語が音としては聞こえるようになればなあ、、、というのが理想です。    TOEICMORITE2MORITE2 詳細は、こちら。  http://toeicjuken.seesaa.net/article/154617217.html   英語喉と機関銃英語 はじめまして! 本日、日本時間で日曜の正午よりMORITE2さんのネットラジオに参加します。おそらく、その直前に、SKYPEで準備をしていると思います。EigonodoがIDです(MORITE2さんには別のアカウントでSKYPE接続します)。 さて、本日は、英語喉を聞いたのは初めてという人がたくさん、このBLOGを見てくれていると思うので、ちょっと挨拶です。 はじめまして。「英語喉50のメソッド」と「機関銃英語が聴き取れる!」の著者です。英語喉はジーナがアイデアを出し、私が日本語にするという作業によって生まれました。 前からジーナも私も、英語発音を説明することに興味がありました。それで、色々と考えていました。 私はアメリカにかなり長く住んでいます。大学院からだけ考えると1994年からいます。大学院の最初の冬に、神戸地震があったことを覚えています。そのときは、インターネットが発達していませんでしたから、図書館にある日本の新聞で情報を得ていました。朝日新聞のHPがあるということ(朝日どっとこむ)を、日本人の教授に教えてあげたら、ものすごくありがたがられたことを覚えています。1994年というと、日本人がまだメールを使っていなかったころです。 さて、英語喉は、私がこれだけ長くアメリカに住んでいるのに、同僚にWHAT?とよく言われることがきっかけで誕生しました。アメリカの会社に勤めていますが、まわりに日本人がほとんどいません。アメリカ人の同僚に、BUSY?と聞くと、WHAT?と聞き返してくるのです。 あるいは、何か、文を言うと、まだ私が言い終えていないのに、途中で、WHAT?と聞いてくるのです。 実は、その当時でも、私は日本人としては英語ができたほうです。というか、その当時の感覚では、きっと日本人でも自分が一番英語ができるぐらいだろうと思っていました。というのは、シカゴ大学の大学院で博士号を取る過程において、かなりの英語力が要求されたからです。就職活動も英語でこなしました。 だから自分は英語ができると思いこんでいたのです。実際、アメリカ英語なら100%理解できました。ただ、英語を聞いていて、ねむくなったりしたことが多かったです。他の英語、例えばイギリス英語などになると、極端に理解度が落ちました。飛行機の中でみたBEND LIKE BECKAMでは、イギリス英語やインド英語がたくさんでてきて、理解度が落ちました。 あるとき、思い切ってアメリカ人のボスに私の英語をどう思うかと聞いてみたのですが、答えは、「私はあなたの言っていることが理解できる」でした。これはちょっとびっくりしました。「あなたの英語はアメリカ人と変わらない」という返事を期待していたのに、「理解できる」ということで、びっくりしました。 また、いつだったか、私の英語を録音して、ネイティブに聞いてみたら、LとRができていないところがあると言われました。これは本当にびっくりしました。 というのは、LもRも完璧にできていると思っていたからです。少なくとも、舌の位置はちゃんとしていると思っていました。 そこで、英語喉の発案者であるジーナに相談しました。 同僚にBUSYと言ったら、通じなかった、、、と。 あるとき、ジーナが言いました。喉のBACKで発音してみてくれ、、、と。BACK????後ろ?え?喉の後ろって何?とすぐには意味が分かりませんでした。 よく聞くとBACKというのは、奥という意味で、喉の奥という意味です。そこで、喉の奥で、BUSYと言うと(特にイのところ)、正しい音でBUSYが言えました。 その段階では、母音は喉だけど子音は口でしょ?と思っていましたが、実は、子音も喉が大切だということが分かりました。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 主人の母が認知症なのですが 文章は読めなくなりましたが漢字は読めるんだそうです。 脳に言葉ってどういう風に入っているんでしょうね。 

    1. そうなんですか!私でも小学校の時にはやった歌の歌詞はよ~く覚えています。覚えているものと、覚えていないいものがあります。

  2. 先生のお話し、今娘にもシェアしました。本当に素敵です。 感動しました。 旦那様も嬉しいでしょうね。

    1. ありがとうございます。ご老人たちが何をしても喜んでくれるので、逆に癒されています。

      1. その考え方に 私も癒され、勉強になります。いつも素敵なシェアをありがとうございます。(*‘∀‘)

  3. いいお話ありがとうございます。当方、日本生まれで日本育ちですが、今年の12月で日本外生活22年になります。年齢ばれますね(笑)。アメリカ本土に住むのは今回が初めてです、今年の夏にアメリカ本土生活4年目を迎えました。DC近郊に住んでいるのですが、このあたりのアジア系の老後の生活についていろいろ知るにつれ自分の将来をどうするか考えるようになりました。アメリカに住んでいて、お国言葉を話せて故郷の料理が食べれる老人ホームを探すのは難しいですよね。ハワイやカリフォルニアにはそのようなところもある、と聞いたことありますが。

    その昔、戦争当時、日本が台湾を占領して日本語を話すのを強制していた、というのを聞いて、台湾の方にとって日本語とは「思い出したくない嫌な思い出」だと思っていました。あの当時に覚えた日本語を懐かしく思ってくれてると知ってうれしくなってしまいました。

    来週の訪問も楽しい時間になるといいですね。

    1. コメントありがとうございます!本日行ってまいります。台湾の老人が日本語を母語っぽく話されるというのは、植民地の歴史があるわけですから、政治的なものがからんできて、複雑なものがありますが、ま、楽しんでもらおうと思います。私はVA側のフェアファックスに住んでいます。何かご縁がありましたら、またよろしくお願いします。剣道もVA州のハーンドンにてしています(今ちょっと休んでますが)。