Skip to toolbar

認知症デイケアセンターで

今日は、少しだけ英語にアクセントがあるお年寄りの女性の隣に座って、話をしてみたら、ドイツ人だという。お名前にGERという部分があり、たまたま私のギターの先生はGERMANでジャーマンじゃなくて、ゲルマンなので、読み方が分かった。そして、そのかたの名前の第2音節の最後の音が、そのかたいわく、このあたりのアメリカ人は正しく読んでくれないというのだけど、英語喉の発音記号で言うと、u_で、たとえばCUTやUPの母音と同じ(結局、アメリカ英語のu_ってドイツ語やフランス語にも登場するのだと思う)。

で、結局、そのかたの名前を正しく読むことができたら、とても喜んでくれました。

u_じゃないと、明る過ぎるようなアの音になってしまいます。

そのおばあさんは90歳で、ドイツで敗戦を迎えたわけだけど、米兵が攻めてきたときに、両親と兄弟が被弾して死んでしまったそうです。戦後、カナダに移住して、お手伝いさんになったら、世話をしている家族がヨーロッパ旅行をし、その間に、家の内側の壁をペンキ塗りして模様などをデザインしたら、帰ってきた家族が大喜びしてくれたそうです。そして、心の底から自分を信頼してくれて、家族の一員として扱ってくれたそうです。

その後、ドイツで出会いがあったアメリカ人の夫と合流し、結婚、米国に住み着いたということですが、実の息子さんが事故でなくなるという悲しい出来事もあったそうです。財布の中に常に忍ばせている、その息子さんの写真を見せてくださいました。
30分で、おばあさんの人生について教えてもらいました。

90歳ですから、さすがに忘れておられたようで、日本は米国と戦い敗戦したと言いますと、とってもびっくりされて、なぜ戦争を始めたのかと、悔しがるような感じでおっしゃっていました。

Related Articles

子音も喉だということがピンときにくい

YUKAさんのブログでのコメントで、長崎の雨さんが、母音が喉であることは分かりやすいが、子音も喉であることは分かりにくいという点を言及されていた(天満さんもコメントされていた)。 http://ameblo.jp/englishbootcamp/entry-10608168721.html  に対するコメントを見てください。 これは以前も書いたと思うが、子音は子供、母音は母というイメージがある。しかし、これは口発音言語である日本語だけのイメージだ。母の補助なしには、子音がでない、、、という状況を如実に表している。 喉でやれば、子音をひとつづついえるどころか、つなげることもできる。最近では、UMEKOさん(http://73417248.at.webry.info/)の音声UPで、WORLDという単語を発音されていたときに、ちょっと喉発音が浅かったのでLが聞こえずWORD?と聞こえたように思った。あれWORLDじゃなかった?と確認したら、やはりそうだった。 喉のほうがしまりぎみな場合、一つ一つの音をちゃんと出せないのである。 森鉄さん(http://toeicjuken.seesaa.net/)とネットラジオをやったときか、準備の放送だったかで、森鉄さんの英語が本格的だったので、こんな人がいたのかとびっくりした話はした。フランス語もそうですよという話になって、森鉄さんが、MERCIE(ありがとう)と発音してくれたときに、RがJかHのように聞こえたのだが、それは、Rが首の根元で発音するというイメージなしに、発音されたからだろうが、そのときに、Rの部分を遠慮して発音されているような気がした。 子音というのは、子供というぐらいだから、母音よりも遠慮がちに発音するというような感覚があったのだろうか?私も英語喉以前は、全く同じようにフランス語のRを発音していたのでなつかしくかんじたのだ。 その後、自分でMERCIEとちゃんと発音してみたのだが、Rのところで遠慮していない自分に気がついた。 喉発音をしていると母音だからこうだとか子音だからこうだとかいう感覚がなくなる。 ただの音でしょ、という感じである。 さて、今日は、香港出身の昔の友人と電話で話していたのだが、彼の苗字はNGだ。これは、日本人には発音不可能な苗字だ。NとGを連続して、喉で発音するのである。私はそれを簡単に発音してみせて合格したのだが、口発音では絶対的に無理な発音。うんぐ、、みたいに2シラブルぽくなってしまう。 もう10年ぐらい前に、彼が、私に、え?NGっていいにくいの?と非常な不思議な顔をしていた。 全世界の人は、誰でも言えるのである。 彼は、ほとんどネイティブと変わらない英語で私と話をしていたが、日本人は、英語の音が聞けないんだという点を説明したけど、意味が通じたのかどうか自信がない。 当たり前のように音が聞ける日本人以外の人類に、日本人が、英語の音が聞こえなくて、英語は周波数が高いと信じているということは説明しても、いまいち通じない。 ジーナの妹に、喉の奥を震わして、それを感じながら発音していると言っても、いまいち、それが当たり前すぎて意味が通じないのである。 今日は、髪を切りに日本人の美容師さんのところにいったのだが、そのかたには、英語喉と機関銃英語をプレゼントしてあるのだが(2,3ヶ月前に)、全然読んでいただいておらない。忙しいのだと思う。 そのかたは、もともと英語を喉で話されているので、あまりピンとこないのかもしれない。あまりにも当たり前のように、ネイティブの人たちと話をしてらっしゃる。 で、今日は、やっぱり英語は使って覚えるものですよねえという話をした。 先日も、アメリカで私と同じような仕事をしている日本人の女性(社会学)と話をしたのだが、やっぱり彼女も、英語は使ってなんぼやと思っていたと言っていた。 英語ができる組の私たちは、みんなたぶん1980年代に英語を特に勉強していたのだと思うけど、やっぱり使ってなんぼのもんやと思いながら英語を習得していたと思う。 最初は、わからんと思いながらも、ニューズウィークや英字新聞を読んでいた。 そのあたりは、松本道弘氏などの影響もあったと思う。やっぱり、とにかく英語を使え、英語で考えろ、英語を読めというようなことをよく聞いていただが、やっぱりそうだと思う。 あと、最近思ったのだが、英語の辞書を20年ぐらい見たことがない。一つには、英字新聞などを読んでいるうちに、なんとなく覚えてしまったということもがあるが、スペイン語を勉強していたということもあるかもしれない。…

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。 だから、Vの逆だろうと、曖昧音だろうと同じに発音してきたし、実際、それで正しいのである。 それをなんと、音声学者は、アクセントがないところでは曖昧音だ、、、と勝手に決めてしまった。 何かが曖昧音になる、、、そうで、これは「変換ルール」と言ってよいだろう。変換ルールが大好きなのだろうか? 実際、英語が100%聞ける立場から英語を聞くと、全然、音が変換されていない。 さらに、おそるべきことがある。「アクセントの位置」の意味も曖昧なままにされている。 どう考えても、アクセントの位置というときは、それは音程にしかすぎないだろう。それは、WEBSTER DICTIONARYなどの音源のある辞書で確認してもよいが、音程が、アクセントのあるシラブルにおいては高い感じに聞こえるかもしれない(これは、英語喉的に言えば、あくびエリア発音の音は音程が高く聞こえるということに一致している)。 そこで、アクセントの位置がどうのこうのと私が言うと、すぐに音声学側がこういうだろう。 アクセントの位置と音程を一緒にしていませんか?音声学を勉強してから出直してください。 じゃ、アクセントの位置とは何だろう?文部科学省に電話で聞くと、人によって解釈が異なるが、音程だったり、強さだったり、、、、あるいは長さだったり、、、だそうだ。 どう考えても、音程だと思うが、「音程」と「強勢」、「アクセント」、「ストレス」では、意味があまりにも違うので、「音声学を勉強してから発言してください」指令が出る。 じゃ、強勢とは、強く読むことなのか?となると音量? 「音量か?」という質問には、音声学者は決して答えない。なぜなら、音量だとすると、反証明が素人でも簡単にできてしまうからだ。音の大きさを比べると、例えばNETWORKという単語があり、NETにアクセントがある=音量が高い、、、とされているわけだけど、実際計ると層ではないことがわかる。 また音量だとしてしまうと、じゃ、NETとWORKの音量の度合いは1対2ですか?とか、面倒なことを考えなくてはならなくなるのだ。 だから音量か?という質問に対しては、「あなたは音声学を勉強してから出直してください」となる。 ではアクセントとかストレスとかは何なのだろうか? 日本国の英語教育をつかさどる文部科学省でさえ、意味をしらないアクセントの位置、ストレスの位置とは何なのだろう??? 実は強勢とは「気合い」ではないだろうか? おりゃ~~~~~~、、、、おらおらおらおおお、こんにゃろおおおおお というときの気合である。 そうとしか考えられない。 だって、電車で通学中の受験生が、アクセントの位置を覚えている姿を想像してほしい。NETWORKという単語を覚えるならば、NETに気合いをいれて覚えようとしているだろう。 音声学者の人がRECORDの単語の意味がアクセントの位置が違うだけで、動詞になったり名詞になったりするとしているが、そこで、え?発音の違いではないですか? あえて、日本語で書くと、名詞だと、「れかーど」、動詞だと、「りこーど」だ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.