Skip to toolbar

エド・シーランのコンサートに行った

エド・シーランという若手のartistのコンサートに行ってきました。ラジオでがんがんかかっている人ですので、ベニューのVERIZONセンターが満杯でした。

こちら、ちょこっとですが、その時の動画です。

本人はバンドなしで一人で演奏。ループ的になんらかのデジタル機器をつかって、最初はギターをたたいて、ドラム音を入力し、その後、それをループ的に再生しながら、今度はギター、そして、コーラス、、というように、一人でやって、一人で歌うんです。

びっくりしました。

また、その日たまたま来ていたジーンズとTシャツじゃないかといういでたちで、登場したときも、なにか係員の人が出てきたのかなと勘違いしてしまうほど、普通の兄ちゃん。

子どもの下手な塗り絵のようなようなかっこ悪い入れ墨も印象的。

バンドがいないわけですから、そのあたりの人がふらりと出てきたのかなという感じの登場。

有名な歌としてはPHOTOGRAPHというのがあります。

有名な歌手ですから9時、いや10時ぐらいに登場するかと思って、ラーメン屋でラーメンを食べたりしていて、ま、8時ごろに行ってみるかと思って会場の席についたら、その10分後ぐらいに始まってびっくり。9時ぐらいに登場するのが普通だと思います。

コンサートが始まる前に大鍋屋(だいかや)というラーメン屋に行ったら、トッピング類が安いなあと思って適当に頼んでいたのですが、チップで100ドル(1万円ぐらい?)超えました(3人)。

お勘定をよく見るとラーメン一杯が20ドル(2千円ぐらい)だった。

日本だと千円以下というイメージがあります。

でも、アメリカの日本っぽいラーメン屋って狭いことが多くて、一人からそのくらいとらないと経営が無理じゃないかと思います。

日本だと、ラーメン屋に長居する人は少ないですが、米国の場合、他のレストランと同じ扱いですから、家族や、グループ、カップルで来る人がほとんどです。ですから、ある程度は長居をすることになります。

ラーメンを千円以下では無理でしょう。

以下の動画は最近はやりのやつですが、後半でお相撲さんがでてきます。日本文化すごい。どこにでも登場する。

 

Related Articles

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.