Skip to toolbar

外国人 VS 日本人

日本人がYOU FIRST的なのは、日本語を話すときに、相手の反応、理解度を探りながら話す言語なので、そういう感じになるような気がします。テレビを見ていても、コメンテーターの人が誰かが言ったことを、そのまま要約して発言することも多いように思います(こういうことですよね、、というふうに丁寧に確認しながら話す)。

自分の考えでは日本語はフォーマルに話す場合、聞いていて理解しにくい言語だと思うんです。日本人同士でも。だからテレビでもテロップが出ます。長い単語が多いので、聞いていて理解しにくいんじゃないかと思います。

一方、英語の場合(その他の言語でも同じだと思いますが)、相手にたくさん情報を与える、話をたっぷり相手に機関銃を発射するように、与えることが美徳で、誠実な話し方なのだと思います。映画を見ていて、内容を小出しにされると嫌ですよね。映画を見るなら、全部見たいですよね。それに似ていると思います。

外国人のほうは、日本人の発言が短いのは、相手の理解を確認しながら話しているのだ、それが美徳なのだと理解してくれるといいですね。

日本人のほうは、外国人がだらだらだらだらとたくさん話すのは、誠意をつくして解説しているのだと理解するといいと思います。

自分はアメリカの民間会社に勤めていますが、会社内のスピーチクラブで、スピーチを10回ぐらいして、このことにやっと気が付きました。自分がスピーチをしている間、アメリカ人はし~~~~んとして聞いてます。

最初は退屈しているのかと思いましたが、アメリカでは(というか、たぶんワールドスタンダード)、会話はし~~んとして最後まで聞くのがエチケットなのです。喋っているほうは、情報をたっぷり相手に伝えます。自分は確かに英語を話すときは自分の世界にはいって、ME FIRSTという感じかもしれないものの、発想を転換して、ME FIRSTは結局は相手にたっぷり情報を与えるのでYOU FIRSTになると思っています。

外国人は日本人と会議が一緒になったときは、日本人は相手の理解を少しづつ確認しながら話す人たちなのだと強く理解すると良いかと思います。日本人がちょっと話して終わったとしても、実はそこで終わっているわけではなく、相手の反応(うなずき、あいづち)を待っているのだと。だから、終わったと思って、話始めないことが大切です(外国人は日本人が話しを小出しにするために、話が終わったとすぐ勘違いしてしまう。日本人が話しを小出しにするのは、相手の理解を確認しながら話すためなのに、、、)。

ところでこの外国的な話しかたの場合、本当に話しまくる人がいた場合(たぶん、ちょっと病気かも)、痛いです。歯止めがありませんから。10年以上前に勤めた職場で、話を独占してやめてくれない人がいました。

Related Articles

「あいづち」を我慢、我慢

まずは、BLOG人気投票のほう、ぽちっとお願いします。 数日前に、KENJI@NY,MASA、KAZY、と私で英語と日本語のちゃんぽんでSKYPE合同会議を行ったのだけど、うなづき的「あいづち」を必死でこらえて、英会話をしていたのでした。 これって大変ですよ。どうしても、YEAHとか、ア~ハ~とか言いたくなってきますからね。 英語ってのは、結構、そういうのを言わないことをやっと気づいてきました。 これまで、そういうのが大切だと思い込んでいたのは、もちろん、日本語では、それをしないと、相手に失礼だということもあります。それに加えて、あいづち表現というのは、言ってりゃいいといことがあり簡単なので、使いやすいということがあるのでないでしょうか? また英語教材ではつねにスキットがあり、常に、Aさんが何か言う、Bさんが何か言う、、、という感じですから、その感じで、どうしても、いつも相手に反応しないといけないと思ってしまいます。 MASAラジオや英語喉ライブを見ると分かりますが、ネイティブは、うんうん言っていないのです。 (でも、言わないというより、タイミング、頻度の問題です。だから、もちろん、大切ではあるのですが、、、私もスペイン語で楽しんでいますが、いい、気の利いた「あいづち表現」って確かにあるとは思います。) テレビなどを見ていると、うんうん言わないかわりに、ネイティブは、結構、無言でうなづいてはいます(いつもではないです、、、同意しているときなのかな~~~)。 ただし、日本人のうなづき(頭を動かすタイプのもの)は文節の終わりだと思うのですが、ネイティブは、結構、文を聞いているときに動いているように思います(いつもではないけど、同意を表しているのかな?)。 さて、昨日の英語喉ライブで収穫物がありました。昨日のUSTREAMライブを見ていただきたいのですが、日本人的なうなづき、あいづちを英会話でもしていまうと言ったところ、アンドレアさんとベンさんがおっしゃるには、それは英語では、「皮肉な感じに聞こえるかも」と指摘しました(というようなことだった思う)。 はい、はい、よかったね、で、なんやねん?みたいなニュアンスになるのでしょうか(昨日の放送をみなおさないで書いているので記憶が不確かです) つまり、意図が間違ってつながる可能性があるということです。 日本人は、誠意や興味をしめすために、うん、うん、はい、はいと、相槌をうっているわけですが、英語では誤解される可能性がある??? 皆さん、お時間のあるかたは、ぜひ昨日の放送をお聞きになり、どこの部分で、その議論が出てきたか教えてください!後で、私も探してみます。 やっぱり聞いてみるもんですね。疑問に思ったことは。だって、こんな解釈があるなんて、思ってもみなかったです(そういわれれば!と思いますけどね)。 えんえんと英語表現について話す、、、てのもひとつのテーマですね。 MASAつながりの友人たちに本当にためになる話を聴きました。KENJI@NYさんもありがとう!!!MASAさん、どうも! ところで英語喉ライブのテーマとして、中国事情や、世界のいろんな国におられる英語喉実践者+その土地のネイティブで、その国の事情などを紹介してもらうショーをやりたいのですが、ボランティアを募りたいです。ぜひお知らせください。 面白かったですか?BLOG人気投票のほう、ぽちっとお願いします。

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。 メカニズムははっきりしています。 1.今まで雑音として処理していた喉の深い響きの方に感心を向けたら、当たり前だけど聞けるようになった。 例えば、皆さんの部屋にクーラーがかかっているとします。クーラーは小さな雑音を出しているでしょう。でも、脳ってそれを雑音として処理するので、結構、聞こえてませんよね。でも聞こうとすると聞こえてくる。 今までIFとかいう発音を聞いても、その深い部分を聞いていなかったので、雑音にしか聞こえなかったわけです。あるいはSHE ISがSHEY-YIZみたいになるわけですが(喉発音なので勝手にYが生じる)、そういうのも雑音として処理していたら聞けませんよね。 2.シラブルはまさに、どこからどこまでが単位かを教えてくれるのです。シラブルを無視していると、音が大量にながれてきて、全然つかめないでしょう。例えば、 HOWAREYOUDOINGTHESEDAYS? と音が流れてきたとき、わけがわかりません。でもシラブルがあるということを理解すれば、 HOW-ARE-YOUD-DOW-WING-THEZ-DEIZ? とグループに分かれて頭に入ってきます。 だから、急に英語がゆっくりになったように聞こえるわけです。 このことは、結構、瞬間的に起こることで、誰にでも起こることです。 まだこれを経験されていないかたは、以下の工夫をしてください。 1.通勤のときなどに周りにある看板などの字を見て、ネイティブならどう読むかなとシラブル分けしてみる(3ビートに気をつけて)。 例 淀屋橋 --> YOD-DOY-YAB-BASH-SHIY 2.日本語をわざと3ビートで読んでみる。 3.実際にネイティブと会話する。ゆっくり、シラブルを大切にしながら喋る。 量をこなすから聞こえるようになるわけではありません。発想の転換で聞けるようになります。 よく女の人の横顔に見えたり、月面に見えたり(??でしたっけ)するような絵があって、最初は難しいけど、見ていると、見えるようになるのがありますよね。 ちょうどジーナの両親の家にも飾ってあるのだけど、一見、単なる木の彫刻で意味がないように見えるのが置いてあるのだけど、じっくり見ていると文字が見えてくる。一度、見え出すと、もう元には戻れない、、、というのがあるんですが、それに似ています。…

バハマから帰って来ました

バハマから帰ってきたと、電話で母に言うと、パナマ?とか言われたのですが、バハマです。 アメリカから見ると、イギリス領なので外国のはずなのですが、米ドルが使えました。さらに、現地通貨は、完全にドルと一致しているみたいでした(1ドル=1ドル)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 景色はとってきた写真をごらんください。天気はまずまずでした。太陽がすかっとでているときは、海の色がバスクリンをいれたお風呂みたいな色になって気分がよい。これが一番大切だから、曇っている場合は、運が悪かったと嘆いてしまう。 これに写っている海で、スノークリングをしました。日本語では水中遊泳でしょうか?水中眼鏡と、パイプみたいなのを口に加えて、泳いでいる魚や、さんご礁の(劣化したようなもの、、、)を見て楽しむのですが、これは、私はかなり楽しいのです。 珍しいものとしては、エイというのでしょうか、泳いでおりました。ジーナはバラクーダをみたそうです。バラクーだは、水面近くを泳ぐそうですが、私は真下ばかりにとらわれていたので、見えませんでした。 (歩き方で分かるのですが)日本人らしき女性が二人いたような、、、。 これは、そのあとで、船に戻っているときの写真です。ちいさな船で、母船から、ある小島に行ったということです。 客船のたびは、4泊でしたが、一人、2万円程度です。食事などを含めてです。ただし、チップ代などを含めたり、ビーチでのツアーという感じの企画のお金を含めると、一人、4,5万円ぐらいまでなると思いますが、本土で、ニューヨークでホテル一泊するだけで3万円ぐらいかかるので、客船のバケーションが一番格安じゃないかと思います。 英語ではクルーズと呼びます。 これは、二つめに寄った港で、NASSAUということろです。 「かや」と呼ぶのでしょうか。英語ではストローですが、それで作られた手芸製品が有名みたいで、私たちも、おみやげを買いました。日本の家族に来週送る予定です。 現地の言葉は英語と、あとクレオールだと思いますが、店員さんたちが喋っていました。 残念ながら写真のとおり、曇りがち、、でした。 クルーズは3回目なのですが、今回は、フロリダから出発しました。DCからフロリダに下ること自体、2日かかりました。15時間のドライブです。全部で、1800マイルぐらい運転しました。日本縦断以上なのでしょうか???時速はだいたい70マイル(100キロぐらい)でした。うちのはダッジ車です。運転していると他のダッジ車で同じ機種に乗っている人達が、手で合図して挨拶してくれます(これはDCにいるときも同じ)。あるとき、ま~~たく同じ色の自動車が駐車場で止まってましたが、わざとジョークで、となりに、とめたのだと思います。 <タイヤが太めでしょう。日本でありえるのかわかりませんが、私の住むバージニア州では、冬の雪が降る時期、突然、高速道路のどまんなかに、子供の頭ぐらいの穴があいていることがあり(POT HOLEと呼びます)、カローラとかのタイヤの太さだと、こぽっと、一部、はまってしまうことがあります、、走行中にですよ、、、というか、実際、やられて、以前乗っていた、カローラの修理費に4万円ぐらいかかりました(90キロぐらいで走行中に、突然、穴に落ちるわけです。非常に危険です。今は、太いタイヤで安全度が増したと思います。> うちからだと、まず出発のバージニア州、次がノースキャロライナ、サウスキャロライナ、ジョージア、、、そしてフロリダ州です。 ほとんど民家がないようなルートでした。 サウスキャロライナあたりになると(いや、そこまで行かなくてもですが)、ガスステーションなどでトイレ休憩するときに、「このあたりでは、ちょっと気をつけないと」という気分になります。 それは、人種混合カップルに対する容認度が低いので。 日本では、「国際結婚」という言葉を使い、少しファッショナブルな感じですが、アメリカでは、「人種間」という言葉を使い、やや地味な感じがしますね。 ただフロリダあたりになると、いろんな州から人が集まっているので、気にならなくなりますが、フロリダは、引退して引っ越してきた老人の割合が多いので、運転に気をつけます。 クルーズでは、半分ぐらいが、アルゼンチンの若者たちでした。なにかの企画だったみたい。みんなが同じ顔に感じられてはっとしたのです。よく外国人が日本人がみな同じに見えるといいます。 あれは、アメリカが特殊なのだなと。この国はいろんな人種がいるし、白人にしても、色々です。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    1. Thanks, this was a response to my FB friend’s post. She felt that in a meeting with foreign participants, white people do not take into consideration non-native speaker’s state of understanding (of the content being discussed).