Skip to toolbar

先週はフロリダの滞在先からギターレッスン

先週はフロリダの滞在先からギターレッスンをSKYPEで受けました。

ドイツ出身、LA在住の先生です。

ちょうどバークリー音楽院で夏講座を担当されていて、先生もボストンのホテルからの指導でした。

今回のテーマはスウィープピッキング。

私が中学、高校とギターを熱心にやっている時は(当時は連日、何時間も練習していた)、まだ聞いたことがなかったのです。

普通のピッキングパターンは、上下上下(オルタネイトピッキング)か、行き当たりばったり(エコノミーピッキング)です。

自分はこの二つしかしたことがなかったのです。

今世紀に入ったころから、ネットで、速弾きをしている人を見ていると、なんともいえない、自分にはできない、言葉にならないような、変なピッキングの動きをするギタリストが目立つような気がしていました。

なよなよっとしたような感じ。

どうも、それがスウィープPだったようです。

連続する音を、上方向なら、ずるずるずる、、っとピックをホウキではくように、一方向だけに動かすのです。逆に、下方向であれば、ずっと下方向に引き下ろします(と言っても、コード弾きみたいになったらだめなので、個々の音にミュートをかけながら)。

おそらく、私が高校2,3年ごろに出現したイングヴェイ・マルムスティーンあたりがやっていたのかと思いますが、自分は知りませんでした。

ちょっと慣れてきたのですが、ラウドネスの高崎晃さんのコピーで、自分でできなかった部分などは、この奏法でやっていたのではないかと思います。

最近になって、ファンにならせていだいた、ケリー・サイモンさんの弾き方をみていて、あれ、これどうやっているのだ?と思ったところは、まさにこのスウィープPのようです。

この奏法を使うと、アドリブ時に、階段をぱあああと駆け上がるような音のつながりを再現することができます(駆け降りるのもできる)。

この奏法をとりいれると、表現力が増えるなと思いました。

自分が小学校の時に行っていたピアノのレッスンは曲を覚えるというものでしたが、全然上手になりませんでした。ギターのようにテクニック、理論を中心に教えてくれたら楽しかったのじゃないかと思います。コード理論とか、伴奏とか。

英語も同じで、日本の学校でやっているのは、テキストを読んでいくというもので、ピアノ指導で曲をやっているのに似ています。面倒くさい。重要な文法やパターン(構文?)を中心に英語を学び、実際に使えるように練習すればいいのにと思います。

自分は意外と日本の英語教育はそんなに悪くないと思っていますが(実際、中学レベルの文法は正しいし、使えれば、会話はできるため)、スキット、エッセイを読むことが中心になるのは、面倒臭いと感じています。

 

 

 

 

 

 

Related Articles

英語を聞くと大阪か京都のご出身であることが分かる例

英語の発音がとても上手な例として以下のかたが挙げられていた。 http://eigo-tatsujin.net/method/11142/ 実は聴いた瞬間に、とても上田さんに似ていると思った。 特徴は、DとかTのように、口の中で破裂が起こされると信じられている音がとても強調されていて、その部分がチョッピーである点。 R音を口の中をこもらせることで代用されているという点。 おそらく、練習される場合は、この点を得に気にされていて、おそらく、強くすれば、さらに上達されると思い込まれていると思う。 たぶん、聞き取りは完璧にはならないのではないかと想像する。なぜなら、そういう部分に気に取られるとシラブルを聞くというエネルギーがすいとられてしまうから。 多くの日本人の発音練習は残念ながら、この方向に流れてしまいがちである。 どの方向かというと、摩擦の音をとぎすます+Rの音をこもらせる、、ことで、英語の発音が上達していくというパラダイムで、この問題点は 1.ある程度、喉の柔軟な関西人でないと、このやり方では上達しない。つまり、このやり方を関東の人が真似てもうまくならない。 2.上達するにはするが、限界があり、本当のネイティブ音には突然変化しない。 実は英語喉をお教えして、一番残念なのは、せっかくお教えしたのに、この方向に流れてしまう人。これはボランティアをすると出会うことになる。あまりのトラウマに、最近ではボランティアをしていない。 おそらく、このかたは大阪、京都あたりのご出身だと想像する。そのあたりでは、喉発音と口発音の中間点で、喉が柔軟。柔軟なのだが、なんとなく首の底は硬い感じのする人が混在する。そのため、英語喉のやり方をしにくく、また、それなりに喉が柔軟なので、自己流でまにあってしまい、正しいネイティブ発音にはなりにくい。 さらに英語喉を信じてくれないという特徴がある。 大阪、京都付近は微妙な方言エリアだと感じる。口発音と喉発音が混在している。 で、自分の、30年ぐらい前の英語を聞いてみる(以下のYOUTUBE動画)。すると、上にあげたような問題点が見当たらない。当時の自分は、口の中の摩擦をうまくすることで、英語の発音を上達させようという感覚がなかったことがこれでわかる。 実は摩擦のさせ方が大切だといかいう言い方は、英語耳の松澤さんが、サイトで10年ほど前に言っておられて、そのとき、自分は、そんなわけがないと反発を感じた。それが発音の本を書いてみたいという気持ちにつながったのでした。 今考えれば、音を聞いて繰返したらできるようになるなんて、想像を絶する主張だった。 音を聞いて、それを正しく真似るというのなら分かるが、回数は無関係でしょう。 正直なところ、おごった気持ちがあった(が、そのおかげで英語喉ができた)。当時、こんなに英語ができる自分が、やっていないことを、練習して英語の発音がうまくなるはずがない。そんなに言うなら、ご自分の英語発音を公表してほしいと。もちろん、普通の英語の発音本の著者は自分の英語の発音は公表しない。 自分で言うのは変なのだが、19歳のときの自分(というか、この録音をした日は1986年の12月24日で、まだ18歳だった)は、英語音声学をやっておらず(英文科だったので、その後、音声学の授業を受けた)、耳で聞いて広島弁の喉で発声をしていたので、その後の大学院時代の英語よりも発音がよく、さらに、ネイティブと心を通わせている。非常に不思議だが、英語音声学をやると逆に英語が硬くなるのではないかな。 このときのアメリカ人の二人とはLINKEDINで繋がっている。    

自分を知るということの大切さをしみじみと思う

最近、忙しい。なんでかゆーたら、アメリカでは(日本でも?)税金を申告する時期で、わしは、税金申告のソフトウェアを使って、書類を作成している。面倒なのだが、やっていて楽しい。一番、楽しいのは、実際に入れた数字などが、結果として書類に印刷されること。 で、その印刷された書類を見て、えー?なんでここはこうなるんだろう?と思いながら、確認する。 つまり、機械的に出される数字などと、自分の理解を連結させて理解を試みるときに、楽しいと感じる(これをAとする)。 どうしても理解できない部分があったりして、その場合は、税務署に電話する(これをBとする)。すると答えてくれる。電話をするのは結構面倒だから、好きとはいえないが、まあ、自分でやっているという感覚はよい。 BよりもAのほうが好きな作業だ。 思うにAは、まずNEATな部分がある。雑な情報を体系的にソフトウェアに入力すると、きちんと整理されて印刷される。このプロセスをああ、NEATだなあと思う。ユーモア作家のデーブバリーによると、こういうのを楽しむのは、男性の特徴なんだって。NEATなものが大好き。 Bは、相手が電話に出てくるのを待つのが嫌。面倒くさい。NEATでない。 それから、入力された情報の意味を理解しようとする部分もまあ面白い。税金の制度を理解したようなつもりになれる。乱雑に見える法律のルールに秩序があるんだと感じるのが面白い。 ある税金控除があって、それは、それが認められたら、おいしい、得した感じで、これって控除の対象かなあ、と調べていると、そのケースはダメと書いてあった。やっぱり、ダメか?と納得する。法律って、やっぱり、MAKE SENSEするように書かれているんだなあと感じる瞬間は面白い。 こういう作業を通じて、自分がNEATで、MAKE SENSEなもの(目から鱗的経験)が好きなんだと分かる。 自分を理解したような気持ちになる。 こういう経験が、職業選択の決定をガイドしてくれるとよいのではないだろうかと思った。選んだときに、やる気にあると思う。 ところが、こういう職業につきたいと思っても、それにやたらと難しい試験などがあり、暗記科目があると、突然、やる気がなくなるだろう。 試験制度があまりに大きくなると、実際の競争プールが狭くなる。本当に才能のある人がドロップアウトしてしまう。 社会へのコストはあまりに大きいと思う。 今でも思い出す。大学生のとき、外交官ってどんな仕事かなあと思って、本屋にいったら、内容じゃなくて、その試験の内容でやる気、準備する気を失った。 以前、アメリカで就職コンサルタントを受けたことがある。そのコーチによると自分が何が好きで何が得意なのかを知る一つのテクニックとして、子供のときに何が好きだったかというのを考えるとよいといっていた。 もう一つ関心したテクニックがある。それは、プロジェクトがあったとして、自分が 始めるのが好きか? 中間が好きか? 完成させるのが好きか? というのを考えるといいんだって。始めるのが好きな人はBUSINESS DEVELOPMENT系が得意。何か新しいことを考えて、企画にする。中間が好きな人は、なにかの作業をして、実践的に仕事を終わらせる。最後のは完成させるのが好きな人。これは特別なエネルギーが要る段階だが、これはなんていってたかなあ?…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.