Skip to toolbar

ボイストレーニング 日常生活から工夫して変えましょう

英語の発音の練習は究極的には発声の問題です。

これまで多くの人を教えさせていただきました。

スカイプでやっていたので(最近はZOOMというのを使っています)、スカイプにこれまで教えた方々全員の登録がしてあり、膨大な数になっています。

究極的にはネイティブと限りなく近くなるかどうかは声帯を力ませずに言えるかどうかにかかっていますが、このマスターは日常生活から変えないといけないのかもしれません。

体をリラックスさせる必要があります。

歩くとき、立っているときは、英語喉の最初のレッスンのほうになる外国人風の立ち方を実践してみてください。

それから、これは、実践者のかたに口頭で指示してきたことですが、ここに書きますと、

寝るときは、横向きで寝る。

あおむけだと、胸の骨格の問題で、深く息を吸うことができません。

横向きで寝れば、深呼吸を持続しながら寝ることになり、朝起きたときに、声が深くなっています。

犬でさえ、横向きで寝ていて、寝息は深呼吸です。

ただし、ベッドがふかふかでないと実践できません。畳に布団で横向きは体が痛くなりますので、クッションなどでの工夫がいるでしょう。

気を付けてくださいね。

おそらく、英語の発音がもともといい人は、このスタイルで寝ておられるのではないかなと想像します。

普段からリラックスできる姿勢を維持していれば、肩こりになりませんよ。私は肩こりにあまりなりません。

肩こりは日本の生活習慣(床に座る)ことで起こることではないかなと思います。

そもそもアメリカ人は肩がこるとか言っていません。背中(BACK)が痛いと言っている人は多いですが。あと、アメリカ人はひざの手術をする人が多いです。なにか、例のリラックス姿勢に問題があるのかもしれません。ひざが、ロックした感じになりますので。

ネイティブの姿勢にすると、発声はしやすくなりますが、ひざや背中が痛くなっては困りますので、気を付けて実践してくださいね。

Related Articles

日向清人氏の批判が変な理由

日向清人氏は日本人の英語をクリティークされることで有名だが、そのクリティークには的外れなものが多い。先日も、実によく書かれた橋下氏の反省文とも思われるプレスリリースを批判されていたが、英語ができる私の立場から読むと、とても立派なものであった。 今回は英語の教科書の文を批判されていた。 http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2013/06/post_946.html 氏は、CROWNという教科書の以下の文を日本人的であると批判している。BUTの使いかたが変だというのが氏のポイントだ。 Each of us slept in a room about the size of a phone booth. But you don’t have to worry about…

ヘビーメタル入門

最近、朝、出かける前に、VH1で音楽ビデオを見ている。すると、テイラースウィフトの15才という歌などが、何回もかかる。そこで気づいた。確かに、良い歌だが、私にとってはどうでもよい歌詞だ。 男性歌手の歌なども、ラブソングは、その歌を歌うことで、その男性歌手たちが、女性にもててやろうという魂胆の歌である。決して、それを聞いている男性リスナーの得になるようなことはない。 そこで気づいた結論が、私の好きなのはメタル系だということだ。ちょうど、OZZY OSBORNEの武道館ライブをゲットしていて、それを確認した。 自分らしさとは何かを発見した瞬間だった。 以下が特選集だ。 アルバム編  AC/CD Back in Black (2回コンサートに行ったが、また行きたい http://www.youtube.com/watch?v=tXaZmY52gHM http://www.amazon.co.jp/Back-Black-AC-DC/dp/B000089RV6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1264960912&sr=8-1 Ozzy Osbourne, Blizzard of Ozz http://www.youtube.com/watch?v=JRbPWcLode0 http://www.amazon.co.jp/Blizzard-Ozz-Ozzy-Osbourne/dp/B000063DFT/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1264961067&sr=1-1 Metalica, Black ALbum (最近、注目しはじめた。なんと洗練された音楽か。これこそ、男の音楽だ。コンサートは1回行った。) http://www.youtube.com/watch?v=NhG0BSMJrGY http://www.amazon.co.jp/METALLICA-%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AB/dp/B000005RUG/ref=sr_1_12?ie=UTF8&s=music&qid=1264961202&sr=1-12 Van…

アキさんのご質問

英語喉出版以来、するどいご質問をいただいております。アキさんからご質問をいただきましたので紹介します。  最近、ロシアからのスパム攻撃のせいで、コメント機能を停止しておりますが、もしご質問がありましたら、メールでお知らせください。question あっと estat.us まで。 ***以下、アキさんからのメールの引用です*** ところで最近は、上川先生の著書で発音練習を続けていたおかげで、私の英語発音がずいぶん改善されました。先日たまたま初対面の英語ネイティブと簡単な挨拶を交わした際に、「あなたはアメリカのどこの学校に留学していたのか?」と質問されました。私は一度も、アメリカへ行ったことはありませんが。 <回答: ジーナが前に、西洋人は、本当にうまいと思わないとほめない、、、みたいなことを言っておりました。アメリカの大学へ留学したのかと思われたということは、すばらしい成果だと思います。それも、簡単な挨拶で、そこまで言われるというのは、喉実践者からよく聞く言葉です。ヒロさんだったかな?前、似たことをおっしゃっていました。二言、三言で、おー!とくる。結局、喉と3ビートを開いては聞いているということですね。 NHK喉自慢で、鐘がすぐなる人がいますが、似ていますね。> 最近、発音に関してとても気になっている問題がありますので、以下に3点、質問させてください。 (1){a, a_} の発音の使い分け方について 「英語喉50のメソッド」のp39~41 によると、アクビエリアの最上部の {a} を使うのは、スペル上で a の後に m, n が来る部分だけとなっていますね。しかし実際にアメリカ人が喋るのを聞くと(映画やテレビ放送など)cat, back, fat などでも、アクビエリア最上部の {a} を使っている人が非常に多いようです。イギリス人は、あまりこんな喋り方はしないようですね。back のアメリカ式発音は、「ベエアーック」みたいに長く強く伸ばして言う人も多いようです。 <回答:ジーナに確認しましたが、やはり米語において、二つの区別は厳密にされるようです。ただし、地域によって深みが微妙に違う可能性はあるといっていました。ですから、区別をするのが無難です。アキさんに、なぜそう聞こえるか、、、という点ですが、ギャーみたいだったら、アクビエリア、という感じで、捕らえてらっしゃる可能性はありませんか?あくまでも音色の質を聴き比べてみてください。ただ、ノンネイティブとしての私としては、おっしゃっていることは分かるように思います。>…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.