英語喉パラダイムは、ネオ(=新)日本人論である

私の世代が大学生のころ、日本経済は絶好調だった。そして、それを支えるかのように、当時、日本人論と呼べるような言説群があった。おそらく、現在の藤原氏の「国家の品格」はその流れだろう(よしかわさんが、コメントで藤原氏の言説について触れられている)。

そのスタイルの日本人論の限界は、それを主張する人が、終身雇用的な立場の人に限られたという点ではないかと思う。生活を心配する必要がない人だけが語ることができ、そして、その語られたことが真であると認識される、、、というパラダイムだったと思う。

英語喉のパラダイムは、やや古めの日本人論のオータニティブ(代替物)になりえると思う。真の意味で、英語が、たかが英語となり、外国人と日本人を真の意味で対等の位置に立たすことになるからである。さらに、いかに我々の日本文化のどこからどこまでが独特であり、どこからどこまでが普遍的かを教えてくれる。

そして、その新しい言説のリーダーが普通の人でありうる点が、私が一番期待しているところだ。この点が旧来の日本人論と最も違うところではないだろうか?

中学生でも小学生でも、英語喉をマスターするならば、英語の音どころか、フランス語やイタリア語なども音として理解できる。だから、どんなに大学の先生が、英語は強弱アクセントです、、、などと言ったとしても、自分が聞こえているのだから、堂々とそれを批判できるだろう。

例えば、古いタイプの日本人論者が、「西洋人は労働を罪ととる。それは、聖書の世界で労働は罰として人類に与えられたとされているからです」と言ったとしても、小学生でさえ、英語喉で喋っていれば、そういうことは、外国人との話のなかで「違うのだ、、、曲解だ、、、」ということを言うことができるだろう。古いタイプの日本人論者が、日本人だけが、わびさびを理解できる(これは藤原さんが言っていたと思う)、、、と言うならば、中学生でさえ、先生、外国人でもそういう理解ができますよ、西洋の博物館に行ったら分かりますよ、、、と言うことができるだろう。

私は古い日本人論者は、日本語の世界のなかだけで、英語や外国語の文献を訳してきたのではないかと思う。新しい世界では、外国の本も読むだろうが、実際に、外国人と話をしたり、友人となったり、また外国を訪問するなかで、新しい理解を得ることが可能だ。

例えば、日本の捕鯨や、あるいはイルカ漁について、批判があるが、そのあたりの批判も、外国人の言っていることを人間の言葉として理解し、新しいレベルでの理解をすることができるかもしれない。

英語喉パラダイムは、日本文化をよりよく理解するための鍵を与えてくれると思う。例えばだが、我々の書き言葉、ひらがな、かたかな、漢字、、、これはは、日本語が口発音であることと無関係だろうか?日本人が口で発音しはじめたために、発音可能な母音が5つだけになってしまった。そして、一つのシラブルには基本的に二つまでしか音が入らない。この縛りのせいで、ものすごい数の「発音が同じで意味が違う単語」が生まれた(例 蚊、科、課)。基本となるヒラガナの種類が異常に少ないのだ(同じく母音自体の少ないスペイン語も例としてあるが、基本的にシラブルに音が3つ入るので、ヒラガナにあたる単位が無限といっていいほど多くなる。)

これらの単語の意味を区別するためには、音程(イントネーション)を変えることができるが、書き言葉ではそれができない。そのために、ものすごい数の漢字を使うことが必要となる。そうしないとわけがわからなくなるのだ。

例 きしゃのきしゃはきしゃできしゃしました(=貴社の記者は汽車で帰社しました)。

私はオフィスに江戸時代の、東京大学のあった場所の地図をかざりで貼っているが、当時から当然、漢字はものすごく使われていた(あたりまえか)。それが読める人が、もちろん、高い地位についたのであろう。当時の社会階層のプロセスと、猛勉強はきっと相関があったはずだ。

口発音ーー>漢字の使用ーー>猛勉強しないといけない

というようなカラクリのなかで我々の日本文化はどのような発展をとげただろうか?

実際、英語喉を教えていて、勉強した年数が長ければ長いほど、口発音の癖が抜けにくい。そういう意味で、NITROさんは、ちょっと独特だと思いました(突然、失礼)。

 

Related Articles

実際に喋りながら勉強しよう

昨日はダウンタウンでミーティングがあったのだが、久しぶりにあった中国人のかたが休憩時間に言うには、久しぶりに帰った中国が変わっていたということ。金持ちがごろごろいるということ、中国政府も金をかなり持っているということ。老人で、目が悪い(白内障とか、緑内障だと思う)人、全員を無料で治療する、、、などという破格な政策を実施している、、、とのこと。さらに、小学校から英語をやっていて、まあまあ成功を収めているということだった。小学生でも英語喋っているよ~ということだった。実際、この人も喉発音で英語を喋っている。 剣道の練習もあったのだが、これも、実りのあるものだった。剣道は、勝ち負けの問題じゃないとアメリカに住む8段の先生が言っているらしい。しかし、それは最初は「それって、自分がもう年寄りで勝てないから負け惜しみでいっているんじゃないか?」とかかんぐったのだが、練習でやっていて、確かにそうだと感じる。強い人と練習していると、自分がたまに、面とかを入れたとしても、それは、完全にあきらかな隙があったときだけで、結構、うれしくない。逆に、不可能に思える面をとられたら、とられたで、なんだ~、こんなのどうして可能なのか~と驚きだ。稽古をしていると、本当に勝ち負けの問題、黒白の問題ではないように思える。 中学、高校のとき、強者と練習するのが苦痛だったと思う。今は、強者と練習するのが面白い。また、それほど強者じゃなくても、気迫がすごい人、優雅な感じがするのがいる。隙があっても、あまりに優雅なため、え?打ち込んでいいの?とか躊躇してしまう。 となると、テクニックを超えた世界がある。気迫も、声だけじゃなくて、体全体から出ている。隙があっても、そこに打ち込んだら、みっともない?みたいなものすごいパワーを感じてしまうのでした。 この日は初めて、竹刀を軽く感じだ日だった。さらに、右足が痛いはずなのに、じげいこ中は、痛みのことを忘れてしまう。 しかし、日本語と英語は根本的に違うのだろうか。足が痛いと言ったとき、足の範囲が日本語では非常に広い。正確には、右のFOOTが痛いのです。日本語で足というと、足と腰の付け根ぐらいまでが足ですよね。英語ではFOOTとLEGがある。足・靴のサイズはと聞くときに、SIZE OF FOOTが正しい。 剣道は、実際に、実践している人から学べるのがすばらしい。こうしたらどうか?というアドバイスは実際にその人が実践していることだ。 日本で英語学習に関しては、学習の仕方に関してはかなりの知識の蓄積があるが、実践に関してはどうだろうか? 実際に喋りながら、習得するというのは、MASAさんがこの1月からやっていることだ。留学していないのに、完全にぺらぺら状態で、今では、どんな相手でも話ができるというところまできている。 私は、英語の習得方法を正しい軌道に乗せるには、実際に、英語ができる人が発言すべきだと思う。というのは、英語がほとんど完璧にできない場合は、それは、日本語からの翻訳、語彙、学校で本で覚えた文法に基づいて喋るわけで、その場合は、英語が不自然になってしまうだろうし、また聞き取りが100%にならないだろう。 よく表現を覚えたりするが、英会話の真髄は、基本語を駆使しながら、言葉を「生成」していくことにある。 たまに、熟語みたいなのがあるかもしれない、、、例えば、SO TO SPEAK(いわば)とかか。しかし、そういう言葉は結構出てこないし、覚えたものをぱ~んと出すと言う感じになるので、生きた英語にはならない。 そういう表現は、基本語を使い、言葉の生成能力をつかっているうちに、ネイティブが使っているのを2,3回聞いているうちに、たまたま覚えてしまったと言う状態にするのがよい。 実際、SO TO SPEAKとか、TO BE FRANK WITH YOUとか、そういうのは、聞いたときになんとなく分かればよいだけで、使わなくても困らない。 とりあえずはSKYPEにて、シンプルな基本語で英語を喋るというのがスタートではなかろうか? 現在、MASAさんが、一番、英語喉原理主義でやっておられるのだが、ぜひ、皆さんも続いてほしい。 MASAさんと英語で喋っていると、非常に私も自然に喋れる。まるでアメリカに住んでいる普通の人と喋っているようだ。それは、MASAさんが、アドリブ英語で喋っているからで、覚えてきた単語や表現を、投げつけているからではないからだと思う。…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

できるだけシンプルに喋る

人気ランキングが9位まで来ました!ありがとうございます。またしても、クリックをお願いします。 英語喉パラダイム的には本質的ではないトピックだと思うのだが、うちで今日本語を5分でも喋ろうと思い、ジーナに、「電気つけてくれ」とたまたま言ったら 便器? と言われてしまったのだけど、どうも、喉発音による日本語は、聞こえにくいようだ。日本語のときは、はっきり、くっきり喋らないといけないと思う(そういえば、アメリカでの剣道の練習中、喉発音の日本語で指示が出るのだが、何を言っているのか良くわからないことがある)。 「5分でも日本語を喋ろうか」と言ったら、 「喋りません。疲れた。」 と来たので、それは、「疲れたので」とか「疲れたから」じゃないかと言ったのだが、そういえば、英語だったら、別に、わざわざBECAUSEをつける必要もなく、単に、I AM TIREDだけで自然だ。 なんと英語とは簡単な言語だろうか? IFだって絶対に必要ではない。 If YOU LIKE IT, GO BUY ITを例としてみよう。 YOU LIKE IT?  GO BUY ITでよい。 I…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズさん今日は。藤原さんの指摘にはいいこともあるけれど、武士の誇りとか書かれるとハア~ン?ですね。武士の中に、立派な人はいたろうけれど、他の大部分は、出世保身のみだったので、江戸時代は終わり、辻切りを防ぐための廃刀令だったと思います。この間読んだ「本当は恐ろしい江戸時代」という本も面白かったです。

  2. 確かに昔の人を上げる傾向がありますね。欧米に派遣された福沢たちは、発音がよくなかったかもしれないが、尊敬を受けたとか。本当かどうかわからない。