Skip to toolbar

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

THの発音 どうする? 英語喉”THE”強制ギブス

THの発音の仕方は英語喉に書いてあるわけですが、実際に教えさせてもらうと、結構、難しい。皆さんはどうですか?THにもTHANKSのTHと、THISのTHがありますから、とりあえず後者のTHでやってみましょう。いわゆる有声音ってやつですね(英語喉でいうと振動音です)。 英語喉に書いてあるとおり、大切なのは、、、 (1)喉で発音する、、、というか、首の底から口先までを、ながーーーーい、とてつもなくながーーい楽器として意識する。 これができていないと、単なる強い風としてしか発音できません。 (2)ブルブル凧を発生させる。喉が主役ではありますが、それでも口の中の力を抜いて、ぶるぶると振動させる。あくまでも力を抜くからこそ、発生するぶるぶるです。 (3)舌を急にひっこめようとしないで、自然にまかせてください。確かに舌は気持ちだけ歯と歯の間のほうに行きそうな感じになりますが、言うほど出す必要はないし(ほとんど出す必要ないです、、気持ちだけぐらい)、出したものをすぐに収めないといけないということではない。松澤さんの英語耳には、舌で歯をこするとかそういうことが書いてあるけど、それでは大変すぎて、英語がしゃべれないでしょう。)。 ところが、(1)と(2)をやっても、どうしてもザみたいになってしまう。THEがZAとかDAとかZDAみたいになってしまう人がたくさんいます。 それは舌先に力が入っていて、ZAの舌の形になっているか、DAの形になっているか、、、のどちらかです。 正しい発音をするには、舌がそういう形になってはいけません。平らなままでどてーんとなっていないとだめです。 でも、これは直すのがとても難しいですから、この際、道具を使いましょう。 ストローを用意して、それを口にくわえてみてください。そして二つのことを意識します。 (1)私はこれから、喉でここちよく発音する音をストローの管を通じて外に出すぞ!という感じで、THEを発音してみる。 それからもう一つ (2)外人ギブスのときも同じだったけど、ストローを口にいれることで、ストローが、舌の動きを阻止します。やってみてください。THEが言えない人は、ストローがあっても、舌が上にあがってくるでしょう。だからそれがストローとぶつかります。この上に上がってくるのをやめないといけない。 舌が緊張して上のほうに動いてくるからTHEを言おうとしたら、ZAとかDAとかZDAみたいになるんです。どれも舌がちょっと上のほうに動く発音です。 さて、この(1)と(2)のことを意識してTHEを言ってみましょう。そして、わざと間違ってZAとかDAを言ってみて、その音色の違いを感じてください。 このわざとまちがってみる、、、っての英語喉のテクニックのひとつですね。ZAとかDAとか言ってみると、たしかにちょっと舌が上のほうに動きますね。 これをしたらアカンノデス。  THANKSのTHは、THEのほうがいえたら、自然といえるでしょう。同じようなものなので。 上の内容をMIXIにて動画で説明してみました。なずけて、英語喉”THE”強制ギブス http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=4672939&video_id=7310113 MIXIのアカウントがないかたはSampa4626’s Channelで。 http://www.youtube-nocookie.com/watch?v=oWlZWRFMWpw&feature=related 参考 …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.