Skip to toolbar

Related Articles

あいまい音

メールでいくつかの質問をいただきました。従来、あいまい音とされている音に関して、あれは実はルート音なのでしょうか、あるいはu_でしょうか、、、というご質問・ご指摘がありました。後者のほうが多くの場合、正しいと思われます。    辞書であいまい音とされている音は、u_であることが多い、、、というのは確かだ、、と感じます。i_であることもあるように思います。    私としては、これまで、それこそ、あいまいに、適当に発音していた音の正体が分かり、自信を持って発音できることがうれしいです。皆さんも同じ体験をされていることと思います。    それから、同じかたから、辞書の発音記号をどうとらえたらよいかというご質問を受けましたが、これは大切なトピックなので、Q&Aで解答・回答させてください。    従来の記号とネイティブメソッド発音記号の対応表を作られたかたがいらっしゃいましたが、そのかたいわく、全然使っていない、、、ということでした。かわりに、私達のアドバイスどおり、耳で聞いて、覚えているということでした。    あいまいで思い出したんですけど、英語を喋るとき、日本語にないから英語でもなんとなく大切じゃないだろう、、、って感覚皆さんありませんか?あいまい音もその一つだと感じます。日本語にはない音で、なんだか正体が分からない、、、だから曖昧にとか、弱く発音したらいい、、、という従来の説明が非常に魅力的なんだと思います。    でも英語には、あいまいな音は存在しません。全ての音が独特の音色を持っています。その音色を標準英語に関しては、ネイティブメソッド発音記号が確実に正確にとらえています。ネイティブであるジーナさんの大きな業績の一部だと感じます。    定冠詞って日本語にないですよね。だから、上と同じ論理で、なんか、英語でも適当でいいだろう、、、って態度みたいなものがあると思うんですが、結構、大切みたいです。    ところで、日本語の発音記号ってごぞんじですか?日本語では平仮名・カタカナがずばり発音記号なんです。PHONETICである、、、ということです。書いたとおり喋る、、、と。もちろんずれはあると思いますが、だいたい(80%?)はあっていますね。    外国人が日本語を勉強するときは、発音記号がいらないんです。そもそも平仮名をそのままよめば、だいたいあっている(だいたいですが、、、と言っておかないと正確にならないので)。    だから、英語のスペルが異常なんでしょうね。音を表しきれていない。でもそれを直そうとすると大変ですよ。アメリカ人とオーストラリア人では読み方が違うのだから、別々の書き方をしなければならなくなる。   

文法が大切だという言説について

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、 http://nippondream.com/eigonodo/semina さて、大津由紀夫先生のサイトに、慶應義塾大学英語教育/言語教育シンポジウム http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/ という企画の告知があって、実際にプレゼンテーションされるかたが紹介されている、だけでなく、PDF形式で簡単に内容も読める。 江利川先生は、歴史的に英文法がどのように教えられてきたかということのレビューをされている。 http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Erikawa.pdf ただ4ページで、日本がコミュニケーション重視になったから、文法を軽んじているという主張は、いきすぎではないかと思う。実際に、データに基づいていないように思われる。それを主張するのであれば、インタビューであるとか実際の授業観察をし、データをコーディングしてからにするべきであろう。ただ、以下の引用がある。 斉田智里(2010)によれば、高校入学時での英語学力は 1995 年から 14 年連続で低下し続け、下落幅は偏差値換算で 7.4 にも達する。 私は教育研究の専門家であり、仕事で、教育の研究を評価している。またこのかたが使われているラッシュモデルというのもやっている(GOOGLEでRasch modelと打てば私の説明がWIKIに続いてランク2位として発見できる、、、これ。)。 このようなCLAIMができるデータが日本に存在するとは思えない。昔と今の全国のランダムサンプルなんてありえないと思うが。また、項目反応理論的にも、EQUATINGなど無理じゃない?そんなデータあるの? 実際にこの論文を読むのにはどうしたらよいのだろうか? <後日談 英語喉実践者のかたのご協力でこの博士論文がゲットできました。読んでみると、日本全体のデータではなく、茨城県のデータでした。また、リサーチの目的も、心理統計モデルを使って、こんなことできるかな、過去のデータを使えるかな?という実験的、メソッド的な試みに私には読めました。さらに、方法論の描写を読んだのですが、過去のデータの個人レベル+テストアイテムレベルでのデータ(つまり心理統計学をするのに必要なデータ)を使ったのかどうか分かりませんでした。 この論文を使って、日本人全体の英語力が下がっていると主張している先生への感謝の言葉などがありましたので、お知り合いのようです。> 斎藤兆史氏は、以下のPDFファイルで http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Saito.pdf ジャズの即興演奏は、ジャズの理論を頭で覚えるところからはじまるのであり、理論も知らずに「シャワーのように」ジャズを聴き、ジャズっぽく楽器をかき鳴らしたところで、即 興演奏などできるようになるものではない…

なぜ日本人は英語が喋れないのか 再考

TOEIC900点を超えているかたのスピーチを先週聞いて以来、止むに止まれぬ気持ちである。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 石渡誠先生の生徒さんである。 私はこのスピーチを聞いて、愕然としたのは、中学3年、高校3年、大学?そしてTOEIC900点で、自分の病気の症状の英語による説明に苦労するということがありえるのか? と感じるからだ。 そして、冗談も入っているけど、 こういうときは、こういう、、、、 とまとめられている、、、がこれが日本人の英語の急所だと思う。 日本人以外のノンネイティブの外人は、こんなときはこういう式で英語を習得していない。 日本人は、永久に、この日本語のときは、この表現というかたちで、日本語にあわせて表現を覚えていく。しかし、覚えるものは、実際には、場面がめぐってこないので忘れる。 日本人は、英語に「使いやすい表現」があると信じ込んでいる。 しかし、そういう表現は、ただ日本語で考えた時に日本人が言いたくなる表現である。 まずは日本語を忘れてしまい、英語だけで考えるというか、文を構築している練習、、、、これが、日本人以外のノンネイティブがしていることである。 私自身、スペイン語はそれでやってきた。 1987年に1月から3月ぐらいまで、メキシコシティーにて、ホームステイをしたが、スペイン語を勉強したことがなかった。当然、食中毒の洗礼をすぐに受けたが、ホームステイのパードレは医者だった。 自分の症状を伝えるのにそれほど苦労とは思えない。スペイン語を勉強し始めて、1ヶ月とかの時だと思う。 私の言語学習法は、これっって何ていうの~?じゃ、これは~?と聞きながら、その言語のパターンを抽出して、実際に、言ってみる。「じゃ、こう言える~?」と言う感じで、自分自身のなかで、その言語を、日本語の介入なしに覚えてしまうことである。 必ずしも、聞かなくてもわかることもある。例えばIFってスペイン語ってなんていうの~?と聞いて、SIとわかれば、そのSIは、英語の場合と全く同じように使える、、、という勘がある。BECAUSEなどでもそうだし、WHENでもそうだ。 思うのだが、直君なら、すっと英語を喋ってしまうだろう。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 以前に拝見した動画でしたがとても良い復習になりました。ありがとうございます。(T_T)

      1. 英語喉になれてきましたので すんなり「あー、なるほど」と思えますけれど よく考えたら凄く斬新なトピックですよね。 英会話でも「シュワサウンド」は沢山練習させられました。とりとめもない説明で「???」とおもいつつ練習しました。