髪を切りましたねと言われまくった

昨日、散髪をした。すると今日、職場でいろんな人から、髪切りましたね、似合っていますよ、みたいなことを言われた。5人ぐらい。

口発音時代は、そんなことを言われたことがない。喉で発音しはじめて、周りのアメリカ人が、日本人と同じになった。人情を重んじ、挨拶を重んじる、、、。

さて、喉発音になり、アメリカの音楽、歌詞が良く分かるようになったのはよいが、男性向きの音楽が割りとないのが気がついた。女性シンガーの曲は、女性向けの内容だし、男性シンガーの曲は、女性の情感に訴えるような曲が多いことに気がつきだした。

たとえば、今、注目しているNICKELBACKだが、女性向けの曲が多い。コンサートにいって、決して男だったら、もりあがってはいけないような曲が多い(あくまでも、妻や彼女につれられて来ましたというような顔をしながら聞かないといけない)。男らしくないからである。

(中学や、高校のときに、聞き込んだジャーニーが女性向けのバンドであるということをジーナから聞いて、初めて知った(そういえばバラッドが多い、、、歌詞を聴いて理解できて納得)。歌詞を無視して聞いていると、そういうことに気づかない。BON JOVIも確実にそうだ。コンサートに行ったら、やっぱり女性が主流で、男性は、「つきそいで来ました」という感じだった。)

さて、彼らの曲を紹介したい。喉の音を楽しんでほしい。

http://www.youtube.com/user/nickelbacktv?blend=2&ob=4

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

5 thoughts on “髪を切りましたねと言われまくった”

  1. いきなり、faster than I が聴き取れず、歌詞を探しました。(恥;)
    ご参考まで!

    [Verse 1]
    Time, is going by, so much faster than I,
    And I’m starting to regret not spending all of here with you.
    Now I’m, wondering why, I’ve kept this bottled inside,
    So I’m starting to regret not selling all of it to you.
    So if I haven’t yet, I’ve gotta let you know…

    [Chorus]
    Never gonna be alone!
    From this moment on, if you ever feel like letting go,
    I won’t let you fall…
    Never gonna be alone!
    I’ll hold you ’til the hurt is gone.

    [Verse 2]
    And now, as long as I can, I’m holding on with both hands,
    ‘Coz forever I believe that there’s nothing I could need but you,
    So if I haven’t yet, I’ve gotta let you know…

    [Chorus]
    Never gonna be alone!
    From this moment on, if you ever feel like letting go,
    I won’t let you fall.
    When all hope is gone, I know that you can carry on.
    We’re gonna see the world out,
    I’ll hold you ’til the hurt is gone.

    [Verse 3]
    Ooooh!
    You’ve gotta live every single day,
    Like it’s the only one, what if tomorrow never comes?
    Don’t let it slip away,
    Could be our only one, you know it’s only just begun.
    Every single day,
    Maybe our only one, what if tomorrow never comes?
    Tomorrow never comes…

    [Verse 4]
    Time, is going by, so much faster than I,
    And I’m starting to regret not telling all of this to you.
    So if I haven’t yet, I’ve gotta let you know…

    [Chorus]
    Never gonna be alone!
    From this moment on, if you ever feel like letting go,
    I won’t let you fall.
    When all hope is gone, I know that you can carry on.
    We’re gonna see the world out,
    I’ll hold you ’til the hurt is gone.

    I’m gonna be there always,
    I won’t be missing a word all day,
    I’m gonna be there always,
    I won’t be missing a word all day.

  2. 2行目のAnd I’mのところが聞き取れませんでした。でも、ジーナに横で歌ってもらうと、分かります。

    歌いかたみたいなのがあるようです。

    どこからどこまでが、聞こえにくくても気にしなくていいか、、、という点など、以前、長崎の雨さんがおっしゃっていたことなど思い出しました。

    しかし、最高のボーカルですね。

    日本にもそういうのが登場してほしい。ニイハラさんのTHUNDER IN THE EASTでのパフォーマンスは、その第1例だったと思います。

  3. Time, is going by, so much faster than I,

    という部分がものすごくかっこいいと思いました。もうそこだけで負けたと思いましたよ。中年以降になるとそういう感覚を強く持つものではないでしょうか。

    あ、先に言われてしまった、、、みたいな。

  4. そうですね。Journey, Van Helen 世代には、

    こうした、上質のドライブ感のあるつやのあるボーカルには

    目がないですね。

    Seperate ways,,,

    Jump ,,,

    共通ですね。

  5. MSGのアルバムを探していますが、アメリカでは見つかりません、、、AMAZONで探してみよう。

    しかし、最近、ギターソロが消えてしまったのは残念ですが、根本的に考えるとやはりボーカルが中心というのが自然な気がします。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.