海外の教育システムが良いという言い方の特徴

海外、特に米国の大学教育を見て、日本と違う、日本より良い、これが経済力に関係してくる、、と言い方をするときに、無意識のフォーカスは、勉強ができる層の話が多い。アイビーリーグなどの大学の教育を見て、それ素晴らしい、日本もこれを真似しないとという論調になる。

アメリカで大統領選挙などで、経済の活力について語るとき、特に共和党の場合、スモールビジネスに注目して、これが米国の活力だと強調する。アイビーリーグがどうのこうのという言い方は票につながらないし、あまりしない。

日本人がアメリカの教育を見るときにエリートの部分を見すぎると思う。

アメリカのアイビーリーグなどは、日本でいうと、コスプレとかアニメオタクの文化に似ていて、サブカルじゃないかと思う。

別にアイビーリーグに行かなくてもいいのに(米国は大学の評判と将来の給料の間に統計的関連がないと研究では出ている。高卒VS大卒はあるけどね。

行かなくてもいいのに、わざわざ行く子供たち、そして親達はサブカルなのだと思う。

そういえばアジア系、親が移民の子供たちで、そういうアイビーリーグに行きたがる傾向があるのではないか。

アメリカの経済的活力をみるときに注目したいのは、地元の高校で夜間にやっているアダルトスクールとか、コミュニティーカレッジでオファーされている職業訓練とかのコースじゃなかろうか。エアコンをとりつけるための免許を取るためのコースとか、電気技師になるための短期コースとか色々ある。

あまりお金をかけずに、勉強してビジネスを始めるというのが経済の大きな部分になっているように思うのでした。

一つには移民の人が多いので、そういうのがないと困るということがあります。

カタログが送られてくるんですが、どんなクラスがあるのかなと見るのが楽しみです。

 

 

Related Articles

グループワークの重要性 剣道審判セミナー通訳で学んだこと

先週末、二日間、剣道審判セミナーで通訳をしました。 プラス、空港に真夜中メキシコからの先生を迎えに行ったりもしたんです。 さて、通訳のほうですが、全体へ対するスピーチの場合、体育館の音響の関係上、場所によっては聞こえにくかったようですが、がんばりました。具体的な審判の指導は、われらの道場メンバーが試合をしつつ、それに対して、60人ぐらいの先生がたが審判の練習をされまして、それに対して、日本からいらした先生3人が審判の指導をされたのです。               一日めは一人でやっておりましたが、二日目から、もう一人、二人のかたとペアでやったんです。このことがよかったです。というのは、様々な面で、私が学べたからです。まず、最初に通訳を交代してくれた先生は、経験も長く、また上段者の先生で、訳の仕方など非常に参考になりました。例えば私は審判をジャッジと訳していたのですが、先生はレフリーをおっしゃっていて、やっぱりそっちのがよい。二人めの先生も、剣道経験豊かで、講習がすすむにつれ、内容、質問がこみいってきますが、そのあたりもよく対処されていました。私が訳し損ねた部分も、フォローしてくださりました。 もっと基本的に、声が聞こえにくい場合など指摘もできました。               なんでも人とのコラボのなかで、人から学ぶというのがいいなあと思えました。 英語喉も私とジーナのコラボだし、皆さんが、英会話をするときも、他の実践者やネイティブの人たちとのコラボですよね。 通訳のさい、訳す部分が長くなってしまった場合、忘れてしまうので、緊張します。短い場合は、自信をもって大きな声で発声することができました。 先生がたのほうも、そのタイミングを合わせてくださり、助かりました。 剣道の審判指導の先生がおっしゃったことで心に残ったのは、人の審判をすることがいかに難しいかということ、、そして、審判するためには、例えば、いろんなむずかしめの技も自分で練習しておらないと、なかなか人のことは判断できないとういこと。 それから、もうひとつ。この審判セミナーでは、セミナー後に稽古があったんです。…

英語喉無料講義1時間半の録音UP,メンバーオンリーで

それでは、先日の講義の全体をお聞かせしますので、参考にしてください! あと、ぜ~ひ、人気投票のほうにぽちっと押していただきたい! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932   女性の方一人のBEFORE音声(男性は到着していない時点) [audio:http://nippondream.com/file/main_1_02_16_2011.MP3|titles=main_1_02_16_2011] http://nippondream.com/file/main_1_02_16_2011.MP3     授業開始 第1部 喉発音の基本 17ページ、21ページ 第2部 母音 前項目 第2部 子音 LとR 109ページ Y 102ページ [audio:http://nippondream.com/file/main_2_02_16_2011.MP3|titles=main_2_02_16_2011]  http://nippondream.com/file/main_2_02_16_2011.MP3   男性が到着した時点(英語喉125ページより) TH 125ページ V 97ページ KとG 85ページ N,T、D 81ページ グループ子音 134ページ ER 136ページ…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar