Skip to toolbar

ONE OK ROCKのTAKAさんとRYOTAさんの英語の特徴

大阪あたりの方言から、日本語が上へ、上へとテンション高く上っているような感じの日本語になるように思います(近畿地方はこの傾向を持つ人と持たない人が混在)。ONE OK ROCKのRYOTAさん(大阪出身)の英語にはその影響が出ていて、たたた~ん、たたた~ん(「~ん」)のところで音程が上がるんです。

「テンションが高い」感じです。

ただし、他の動画でRYOTAさんが、テンション上げずに話しておられるときは、西日本人だからから、正統的な抑揚になっていました!テンションが高い感じにされているのは、たぶんキャラを演じられているのだと思います。

ESLキャラというか英語があまり上手じゃないヒョウキンな人というキャラ(NHKのテレビ英語講座にはかかせないキャラです)。でもRYOTAさん、結構英語出てくるし、聞こえているような印象です。ブルーJの川崎さんもESLキャラを演じているけど、ご自分で思われているかもしれないほど英語は下手じゃない。キャラを演じる感じでやるから、下手糞臭が漂うように思います。音程をそのように上げるのをやめて、テンションをあげるのをやめれば、普通に上手な雰囲気です。

一方で、東京出身であると思われるTAKAさんのほうは英語がネイティブっぽいですが(喉発音ですね!)、少し同じ傾向があるように思います。ただ、それが起こる間隔が長め。RYOTAさんが、たたた~ん(音程が最後で上がる)、ならTAKAさんは、たたたたたた~ん、たたたたたた~ん(音程が最後であがる)。

他の動画を見ても、TAKAさんの英語はこの傾向が常にあります。

一方で西日本の場合は(近畿の半分+兵庫県より西、南)は音程がどんどん落ちていく感じ。

もしかしたらRYOTAさん(大阪人)がTAKAさん(東京人)の真似をしているんじゃないかな。

音程を上げることの不利な点ですが、日本文化を知らない外国人はそれに対して相槌をうちません。だから、音程をあげても、相手が反応しないので、「この外人さん、私の話をきいていないな」と不安になってくるんです。

(ただしTAKAさんの場合は、音程が上がるまでのインターバルが長いので問題にならないと思います。その抑揚のとりかたが、「かわいい」という感じで西洋人にはうつると思います。)

音程を落としていくことの利点ですが、外人が聞いていて、音が下がりきったところが文の終わりなので、始まりと終わりが分かりやすいので聞きやすくて、話の途中でわりこんでこなくなります。

TAKAさんの英語は本当に喉発音ですね~。

RYOTAさんも英語喉をされたら、すぐにネイティブっぽくなると思います。

こちらが参考にした動画です。

Related Articles

単語ごとに意味がぎっしりとつまっている

日本人に英語が速いと感じられるのは、単語ごとに意味がぎっしりとつまっているからかなと思います。以下の曲でクリックして、3秒ぐらいしたところで、日本語の歌詞は「私は、私は」なのですが、英語では、えらい長い文章がつまっています。   文法を勉強するのが大切だというのが世間の常識ですが、おそらく文法を勉強しても、英語が聞けない、話せない人が多いのは、   英語では文法がそれほど意味に影響しない、、、   ということが理解できないからだと思います。   Iは文のどこに現れても「私」です。   それがたぶん感覚的に分からないのかな??   英語を何十年勉強してもまだ会話がうまくできないと嘆いておられるかたは、ぜひ、この最初のところを確認していただきたい。   英語の意味は単語の中にある、、、ということ。語と語の関係の中にではなくて。   語と語の関係に意味があると思いたい気持ちは分かります。一語一語が聞き取りで、聞き取れない場合は、次には語のグループにかけるしかありませんから。   https://www.youtube.com/watch?v=5QMpTNNcKRw&t=0m40s

英語喉仮説 西日本人が英語が得意説のまとめ

英語喉仮説であるところの、「西日本人は英語が得意」説をまとめてみます。 ただ、英語喉をご存知ないかたで、「英語が下手糞なのに理屈ばかり並べおって、、」と思われたら困るので、まずは、自分の英語を晒します。 <失礼、この音声ファイル行方不明です> http://www.nippondream.com/file/kiso_eigo_04_27_2016.MP3 直接リンクならこちら。 <失礼、この音声ファイル行方不明です> それでは始めますね。 TWITTERで寺沢さんという社会言語学者のかたが、「(本当に)日本人は英語が苦手か?」などを、データ検証されているということを知り(本はここ)、それがきっかけで、以下をまとめました。 仮説1 西日本人は英語が上手になりやすい。 仮説2 東日本の人もまずは西日本方言の発声法を真似れば、英語が上達しやすくなる(あるいは東日本で英語が上手な人は、声が西日本人的)。 理由 a)西日本人は元々の方言が、英語(や諸外国語)に似て、発声位置が深い場所であるために、英語の音を聞きやすい。西日本方言は、まるで動物がほえているような感じで発声するが(例 NHK朝ドラ マッサンの広島弁)、これは英語に似ている。一方で、標準語・および東日本語は口先で硬い音を出している感じ(まさに日本語英語のような感じ)。さらに西日本人は動物がほえるように発声していることで、声が線的につながっている(これは英語話者と同じ)。注:東北弁も声がつながっているように思えますが、、。 b)シラブル構造も似ている。東日本語話者のシラブルはシラブル内での音程が平ら(ただし、シラブルごとの音程は違う、、例 「わさび」だと、「わ」の内部は音程は平坦だけど、平仮名ごとに音程が違う、、、ちなみに、広島人は国語の時間とか校内放送には、そのような読み方で朗読をする、、、そういうのが標準語だと信じているため)。 一方で、西日本方言のシラブルにおいては、英語や中国語と同じで、シラブル内に音程の変化がある。広島人が「じゃけん」と言った時の「じゃ」には、独特の音程の変化がある。さらに、西日本方言のシラブルは、中国語に似ていて、英語にもそう遠くない(広島弁の例 じゃ けん のお~)。 聞き取りをキャッチボールにたとえると、西日本人は、シラブルの内部が変化球っぽい英語ボールでも、普段つかっている方言と同じなので、シラブルのリズムつかみやすい。東日本人は、シラブルの内部で音程が変化するなどと、思ってみたこともないし、逆に、シラブルの真上にアクセントがあり、強く読んだり弱く読んだりすれば、英語が聞こえるに違いないという思い込みがあるので、そのシラブルごとの強弱、シラブルごとの音程の上下にとらわれて、英語ボールをキャッチしにくい。 これら二つの理由で、西日本人にっては、英語が聞きやすく、また発音もしやすいため、英語を比較的楽にマスターすることができる。東日本語話者も、発声法を西日本人的にすれば(とりあえず、マッサン)、英語が聞こえやすく発音しやすい。 西日本人なら全員英語ができる、、ということはありませんが、英語でコミュニケーションができる人を思い浮かべるとだいたい西日本人、、か、あるいは地方出身者。 その他、西日本の方言が英語に似ている点 c)息使い。英語は、肺から息が減るにつれて、だんだんと(株価がおちるように)、音程が落ちてくる。西日本の言語も同じ。一方で、東日本弁、特に標準語では、肺に残った息の量とは関係なく音程が激しく上下する(注 東日本全体でこれが言えるかは未確認)。勝間さんの日本語など良い例かも(音程がかなり上下します)。 西日本人にとって、英語ネイティブが喋っているときに、その息の使い方、音程の落ち方が方言と同じなので、どこで話が終わるかが分かりやすく、話しだしやすい(会話に加わりやすい)。 <電話番号を西日本人が言うと、音程がだんだんと落ちてくる。標準語の感覚では、「やる気がない」ようなオーラを発する。> d)喉の深い位置から発声していること、息も比較的多く使うことから、西日本人は声が大きい、、、という点でも英語ネイティブに似ている。声が大きいので、外人にシャイだと決め付けられにくく、国際コミュニケーションがとりやすい。 さて、微妙な問題としては、東北弁は、結構、英語的に、音がつながっているように感じること。近畿地方は、少しだけ、標準語に似ていて、音程が小刻みに上下するように思われる。また、発声法も硬い人もいる、、、が基本的には、西日本の方言に属すと考える(喉が開いている感じの人が多いため)。北海道も声に英語に似た透明感がある印象(笑う時の声で話しているイメージ)。 さて、では西日本人が全員英語が得意なのかというと、そうではないでしょうが、それは、英語教育の方法が都会で発達したために、どちらかというと東京型の認識が公教育にとりいれられており、例えば、英語の音の強弱が大切だという「言説」に基づいて、西日本人も、アクセントの位置を覚えている。実際は、方言の要領で聞いたとおり言えば済むことなのに。実際、西日本人でも英語の先生となると、甲高く、日本語っぽい英語を話してしまう人も多い。…

あけましておめでとうございます

今年も皆さんにとって実りのある年になりますように。 速く喋るという実践についてですが、スピードについては気にする必要がないような気がします。ゆっくり喋ったほうが、かえってよいときがあるような気がします。ただし、、、ですよ、、、ただし、、、 なぜゆっくりのほうが分かりやすいかというと3ビート(シラブル)が聞き取りやすいからです。だから、3ビートがちゃんとしていれば、速く読んでも問題ありません。 例えばTHERE IS A、、と、、、という文があるならば、3ビートでちゃんと読むならば、スピードにかかわらずよく通じるということになります。 初心者の場合、スピードにこだわると3ビートが刻み切れなくなる可能性がありますから、その点を気をつけるといいでしょう。 THER-RIZ-ZA、、、、という感じですね。THERE IS A CARなら THER-RIZ-ZAK-KAR  シラブル数は4ですが、速く読んだから、シラブル数が3になった、2になったとなると困ります。 そのあたりを指導の焦点にするとよいかもしれません? *** 喉+3ビート+感情(適当)で私自身の英語が改善したと思う点は、「考える」ということに専念できるようになったという点です。 口を動かすというのは、これは科学的ではないんですが、ものすごく集中力がいるんじゃないかと思うんです。で、考えるというプロセスと衝突してしまって、緊張してしまい、喋れる英語が喋れなくなる、、、という感じがします。 人間には、無意識のうちにできることが限られていると思うんです。これは推測にすぎませんが、いちおう書いてみます。例えば、心臓の動きは完全に無意識ですね。息も半分ぐらい無意識ですね。とはいえ、ある程度はコントロールできます。息を止めようと思えば、ある程度は止められるし、スピードも変えることができる。 口の動かし方って、ある程度、意識しないとできない部分があると感じます。例えば、RとかLの時。舌をこうする、ああする、、、という部分ですが、これを練習の結果、無意識にできるようにするというのはかなり難しい。できないということではないけど、エネルギー、集中力がいる。だから、実践で、英語を喋るとなると、ものすごく緊張したりする。 次に、、、喉発音って、無意識にできるようになるんです。で、それも、慣れるからと言ってしまうと簡単ですが、意味的な意味でできるようになる。説明が難しいんだけど、例えば、慣れるとHUTやKISSの時の母音の部分で、無意識のうちにゲップエリアを使ってしまいますが、これは、そうしないと意味的に違うものになってしまうから、、、という気がします。 例えばHUTをアクビエリアでいうと、意味的にHUTじゃなくなってしまう。どちらかというとHOTみたいな音か、HOTそのものになっていしまう。自分の言っていることを聞いている脳がいて、それが拒否反応を示してしまう(HUTのUをゲップでいってくれないと意味が合わないですよ。言い直してください、、、って感じ)。 ITでも同じ。ITのIをアクビエリアで言うと、EATみたいな発音になってしまう。すると脳が「それは違う意味の言葉ですよ」と言ってくれる、、、感じです。 このことをどう読んだらいいか分からないんで、とりあえずは、呼ばずに、「上で書いたこと」として扱います。 口にこだわるアプローチだと、この上で書いたことが起こらないんです。例えばですが、HUTを口の真ん中あたりで弱く言ったとしても(従来の説明はそういうかんじです)、結局は、日本語のアと変わりません。だから、脳がストップサインを出さない(それ違う音でしょ、、、と言ってくれない)。 脳が教えてくれないから、口が動きを覚えていなければならない。これって、人間ができる能力を超えているんだと思います。つまり、口の動かし方にこだわるアプローチは実践が非常に難しいのだと思います。脳がうまく発音を制御できない、、、。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.