海外の大学?

ローティさんが、このタイトルでBLOGを書かれている。

http://littleinvestor.blog21.fc2.com/blog-entry-294.html 

ローティーさんは、以下のBLOGを引用されている。

http://d.hatena.ne.jp/elm200/20100109/1263042636

簡単に言うと、現在の15歳よ、海外の大学に行った方が得だということだ。これに関して、私の意見を述べたい。

理論的にはYESかもしれないが、実際には、難しい、、、というのが私の現状分析。代案としては、私、そしてローティーさん、そして、その他、喉パラダイムにかかわってくださっているオッチャンたちの手で(オバハンも)、海外に行っても行かなくても、人的資本をしっかりつくることのできる土台を作ってはどうかということだ。英語に関しては英語喉だが、他にも解決できる分野がある。私は、国語とあと量的分析に関しての土台、それから音楽の土台をあと10年ぐらいで完成させたいと思う。

理論的にはYES?

たしかに日本の大学の特に文系では、現在のグローバル経済で通用するスキルや知識を得ることができないのかもしれない。大学入学前に、学部を選ぶというやりかたではだめだろう。自由選択ができないからだ。ある程度勉強してみて、何が勉強したいか、何を身に着けたいかが分かるのだから。アメリカ以外の国はよく知らないが、アメリカでは学部教育では学生の基礎をつくってやるというのは当たり前の目標なので、面倒みが、日本に比べるとよい。

ちなみに、アメリカの大学では、「XX学部を卒業しました」というコンセプトがない。XX大学を卒業しましたけど、中心に勉強したのは(CONCENTRATION)XX(例 経済)でした、、、という言い方をする。シカゴ大学の場合、大学生(=学部生)の所属する学部?はCOLLEGEである。COLLEGEが学部みたいな感じだ。COLLEGEになかに、経済学部とか、文学部というのはない。そういうのは、教授たちの所属の問題である。経済を専門に勉強したシカゴ大学生は、経済学部卒業とはいわない。シカゴ大学のカレッジを卒業した、、、となる。これは他の大学でも同じだろう(カレッジしかない大学でも、何々学部を卒業したとは言わないだろう。何を専門としたかという言い方はするだろう。)

しかし、アメリカの大学に来てしまうと、そして、特に英語喉をやっており、英語に問題がなくなってしまうと、どうしても、アメリカに残って就職してしまう。すると日本に帰りにくいのだ。10年働いてしまうと、年金もアメリカのものがもらえるということになってしまい、ますます日本に帰りにくくなる。日本は確か30年ぐらい働かないと年金が支給されなかったんだったか?すると、アメリカから帰りにくくなるのである。

これは非常に困るのである。

大切なのは、日本か、海外か、、、というよりも、大学にいってもいかなくても、、、、という言い方がよいのではないか?

大学に行くにはあまりにお金がかかるので、お金がなかったらどうするのか。

だから、お金がなくても、基本的な知識を得て、スキルを得ることができるような状態をつくるのである。英語に関しては、英語喉と機関銃英語でその体制が整うと思う。

私自身のねたとしては、作文に関するプログラムを作りたいと思う。私はあるアルゴリズム(公式)のようなものを使って、文章を書いている。英語喉はそのアルゴリズムを完璧にIMPLEMENTしたために、どの文章をとっても、そのアルゴリズムが100%使用されている。だから、出版から2年以上が経過して、読んでも、あ、この部分は校正されたとこだな、、、と分かる(自分でオリジナルに書いたものと微妙にことなるからである、、、オリジナルを覚えているわけではない。文章の並べ方のアルゴリズムが自分のがするであろうとものと異なるのだ)。漢字でもそうだ。ここは漢字が使われていないけど、それは、編集者さんと相談した上で変えたところだと分かる。

そのアルゴリズムは、ものすごい努力であみだしたわけではない。シカゴ大学の、内部では有名な、LITTLE RED SCHOOL HOUSEというライティングクラスで教えてもらったものだ。このやりかたを学ぶのに、シカゴ大学に行く必要はないと思う。

英語喉は、それほどシンプルで厳格なある公式(慣れると誰でも使える)を徹底して使って書いたのである。

(ただし、書くことに関しては、あまり強調したくないという気持ちもある。書くから何かがベターだということがありえないと思うからだ。逆に、書かない人のほうが、観察力があったり、アイデアがよかったりするからだ。あくまでも好きなら書くことを練習したら、、、というスタンスで行きたい。)

それから音楽だ。自分でギターを弾いたりしていて、どう考えても音楽の体系はシンプルだし、誰でも使えるような体系になっている。その性質を利用して、誰でもギターがひける、誰でもピアノが弾ける、誰でも作曲、作詞に挑戦できるというようなところまでもっていきたい。

皆さんは絶対音感という本を読んだことがあるだろうか(ここをクリック)?この本は読んでおいたほうがよい。その本の中に出てくる音楽の専門家のかたがたが、「音を出すと色がみえる」とか、言ってらっしゃるのだが、それは私は信じたくない。実は音楽の世界はシンプルなはずだ。物理的な世界だからだ。ところが、専門家がよってたかって、音楽の世界を複雑化してしまった。絶対音感という本を読むとき、専門家たちが言っていることを信じて読むのではなく、何がそう思い込ましているのか、、、という観点から読むと、さらに深い読みができると私は思う。絶対音感というのはあまり必要でないのに、そこまでやるかあ、、、という態度で読むのが私の読み方だ(著者は、ニュートラルな立場で筆を進めている。)

絶対音感というものを「言説」、歴史的構築物、、、としてとらえるとよい。

誰でもある程度ギターができる、ピアノーができる、音楽の理論体系を知っている、、、という状態が達成できれば、才能に気づきやすいだろう。お金がないとピアノのレッスンが受けられない。すると、音楽の才能があって生まれた日本人はどうなるのか?

私は、親が毎月五千円ぐらい払ってくれて小学校のとき、また高校のとき(あとで目覚めたので)、ピアノのレッスンを受けることができた。全部で8年ぐらいやっても、楽譜が読めなかった。ところが、ビートルズのLET IT BEの演奏をやってみてはじめて、音楽のコードの仕組みが分かった。そこからはじめてくれていれば、、、。つまり、楽譜というシステム(=歴史的構築物)が悪いのである。

それから、量的分析についてもそうだが、これは統計学だとかデータ分析に関してである。

知識やスキルというのは、有名な大学に行かないと学べないということはないと思う。たとえば科学は、どこでやっても同じだと思う。

英語喉パラダイムで応援してくださっているかたがたにも、協力を得たいものだ。

金があろうとなかろうと、能力を自然に伸ばすことのできる体制を整えたいものだ。

本来はこれは学校教育であるべきかもしれないが、受験体制がある限りは難しい。

大学に行く必要がないといっているわけではない。あえて、大学に行かなくても、、、という感じに目標を設定してプログラムをつくれば、大学にもちろん行く人にも活用できるだろう。

このプログラムは、若者の教育だけでなく生涯教育にも役立つだろう。そもそも、役立つものは、学習者の年齢には関係なく役立つはずだ。

さて、喉パラダイムを応援してくださっているオッチャン、オバハンという言い方をしたが、人数的にオッチャンのほうが多い。オッチャンというか男の考え方というのと、女の考え方、思考法、というのがかなり違うと思うのだが、どうしても両方いる。

英語喉はオッチャン(=わし)的な考え方だけでは実現しなかった。

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

トーストマスタークラブ2回目参加

会社のトーストマスタークラブ2回目参加しました。今回は、この秋に挑戦するもの、、、というタイトルを与えられアドリブスピーチ2分をしたのですが、私は剣道をすると言いました。近所の大学にクラブがあるので参加する予定です。DCで防具を譲ってくださったかたがおられるのです。あと道着をゲットしないといけません。 まだまだ喋ることに対する恐怖心が克服できません。あと2,3回やったら克服でしょう。なぜまだ克服できてないと思うかというと、喋っているうちに気分がハイになり、今日使わないといけない語を使うことを忘れてしまうからです。昨日は1個、使わないといけない単語があったのです。 面白いことがありました。発表の後、インドの人がアドバイスをしてくれるたのですが、その人が、私にパースが多すぎるから気をつけてといいました。そのときに、「え?パース???」と意味を問おうとしたら、周りのアメリカ人3人ぐらいが、PAUSE(パアズ)よ、、、と言ってくれました。 つまり、インド人は確かに独特のナマリがあるかもしれないけど、英語ネイティブ達は理解しているということです。ZとSの違いは対した違いではないのです。喉発音でシラブル数(というか分割の仕方が正しい限りは世界的に英語が通じるということです。 私は英語喉暦5,6年ですから、普段聞いていないインドなまりの強い英語にちょっとてこづったということですね(強くない人もたくさんいて、その場合は問題ない)。 日本人は、日本人の英語が通じにくいのはアクセントの位置を間違えるからだと思いこんでおり、国民総動員で、単語のアクセントの位置を暗記しますが、これはまったく的外れなわけです。 インドの人は、独特のイントネーションで喋りますが、完全に世界的に通じるわけです。そういう英語を聞いて、日本人がよく「なまりがあっても自信を持ってしゃべるんだ」と言うわけですが、それは完全に的外れなわけです。 立教の鳥飼先生が、もし外国人に、そういう風に英語では言わないといわれたら、逆に、「日本ではこういうんですよ」と教えるぐらいの態度を持つべきだとおっしゃっていますが、それは、的外れでしょう。こちらに先生のインタビュー記事が転用されておりました。 http://d.hatena.ne.jp/what_a_dude/20101021/p1 日本人の英語が通じないのは、一語間違ったからとか、ある単語のアクセントの位置がちがったとか、表現が古かったとか、そういうレベルの問題ではないのです。もっと根本的な問題なのです。 また、そのような発言(もう何十年も言われていることのように思えるのですが)は日本人学習者を全く助けません。助けるとすると、英語が流暢である先生がそのような寛容な発言をされるなんて、なんとすばらしい先生だろう、、、と先生自体のカリスマ性の度合いが上がるということだと思います。 日本人には日本人の発音があっていい、、、と発言される先生が、実際に英語を聞いてみると、結構流暢だったりします。声の響きがよく、まさに英語喉だったりします。 そのあたりがかわいらしいオチでしょう。 ちょっと引用してみます。 引用はじめ (鳥飼)「お互いに英語が外国語で、下手な英語を話す人同士が『本当はあなたの母語が話せたらいいんだけど、ごめんなさいね』『いやいや私こそ、日本語を話せないのでごめんなさい。しょうがないから英語で話しましょう』というわけですから。日本人は日本人らしい英語を話し、中国人は中国人らしい英語を話し、でも基本を守っているから英語として通じる、コミュニケーションが出来る。これがあるべき国際共通語としての英語です」 引用終わり 私の感覚では日本人の抱える英語の問題は、もっと基本的に、そもそも、相手が何を言っているのか、音のレベルで捉えられない点であり、例えば、喉実践者のNITROさんが、英語喉革命以前、アメリカに来て、相手の言っていることが(単語が簡単でも)、全く聞こえない、、、というレベルの話なので、上のような流暢なことを言っておられないということじゃないでしょうか?普通、中国人は、発音になまりがあるだけで、聞き取りはできているし、通じています。 喉発音と3ビートで聞けていえるようになりますよ。 ある意味でもう何世紀も英語は国際共通語なのです(あまりに当たり前ですが)。何世紀も前からネイティブとノンネイティブはお互いに通じ合う英語を共通語として喋っています。共通語として大切なのは、シラブルの数を変えないということ、喉から発音すること(でもこれは当たり前すぎて、努力なしにそうなっているのです)。 たまたま、日本人だけが(韓国人も少しだけそうだが日本人ほどではない)、どうがんばっても通じない、聞こえない、、、で大変な状態にある。だから、国際英語がどうの、グロービッシュがどうのという話になっているのでしょう。 さて、英語喉チャレンジャーライブですが、MASAさんが、お忙しい合間をぬって、解説を加えてくださるそうです。詳しくはMASAさんのサイトをご覧ください。 http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-09-16 皆さん、英語ができる日本人になりましょう!絶対なれる! それでは本日の英語喉チャレンジャーライブです。…

ローティーさんアドバイスです

ローティーさんが、英語喉練習を再開されました。 http://littleinvestor.blog21.fc2.com/blog-entry-156.html ローティーさんの株や投資の話、本当に面白い。書き方がとてもうまい。するすると読めてしまいます。 さて、女性の声が喉発音と分かりにくいという点。発想の転換が必要です。厳密には、声が低いから喉発音ではないわけですが、音がきれずにつながっていて、まるでトランペットか何かの音を聞いているような感じでイメージしてください(これはMIXIで長崎の雨さんもおっしゃっていましたね)。 もっと具体的には、喉が開いているんだ、、、というイメージがよいかもしれません。 たしかに、音の音色も深いし、3D的です。 もうされていますが、練習メニューはこんなのがよいです。 とりあえずは、機関銃英語を中心として、音として聞けるようになること。  細かい発音でなく、喉を響かせる練習をまずやってみてください(もしかしたら、リナさんに相談するのもよいかも、、、右のメニューからチェックしてください。)。風呂場でとか。要は、細かいことではありませんから。それができてから英語喉の50レッスンを復習と。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.