なぜ自分は英語が話せたか

なぜ自分は英語が話せたのかということを考えるとき、英文法を使える形で消化していたのだなと思う。

その消化の仕方を今まとめているところだけど、、、

それでは、英文法を使えない形で覚えているということはどういうことかについて、これだ!という比喩というか例が分かった。

剣道の練習で1から10までを数えることを覚えている人がいるとしよう。

この人に、今、何時?と聞くとする。

5時だとすると、その人は、指をおって、1,2,3,4,5と数えて初めて、5が分かる。

つまり、確かに1から10までを覚えているけど、それは掛け声として、つながりとして覚えているわけであり、個々の音を取り出すことは難しい状況。

まさに、それが、知識はあるのに、使えない収納の仕方ということ。

日本人が英語を勉強しても、会話に直結しない人が多いというが、それは、知識を使える形で収納していないからなのだろう。

自分は高校生時代に、2回程度しか外国人と英語で話したことがないけど、それでもペラペラ話すことができた。

それは文法を使える形で勉強したのだろうと思う。

Related Articles

できるだけシンプルに喋る

人気ランキングが9位まで来ました!ありがとうございます。またしても、クリックをお願いします。 英語喉パラダイム的には本質的ではないトピックだと思うのだが、うちで今日本語を5分でも喋ろうと思い、ジーナに、「電気つけてくれ」とたまたま言ったら 便器? と言われてしまったのだけど、どうも、喉発音による日本語は、聞こえにくいようだ。日本語のときは、はっきり、くっきり喋らないといけないと思う(そういえば、アメリカでの剣道の練習中、喉発音の日本語で指示が出るのだが、何を言っているのか良くわからないことがある)。 「5分でも日本語を喋ろうか」と言ったら、 「喋りません。疲れた。」 と来たので、それは、「疲れたので」とか「疲れたから」じゃないかと言ったのだが、そういえば、英語だったら、別に、わざわざBECAUSEをつける必要もなく、単に、I AM TIREDだけで自然だ。 なんと英語とは簡単な言語だろうか? IFだって絶対に必要ではない。 If YOU LIKE IT, GO BUY ITを例としてみよう。 YOU LIKE IT?  GO BUY ITでよい。 I…

英語の勘1について

英語の勘1は名詞ということですが、名詞そのものというよりも、THEとかA、あるいは単数形、複数形をどうするかと言うことです。普通の感覚ですと、冠詞と単・複の問題は別のように見えますが、どちらも名詞をめぐる現象ですね。 タイトルがつけにくかったです。 名詞、、というと受けがわるいような気がして。退屈なイメージがあります。 さて、この本を読むとそういう点で間違いにくくなると思います。間違ったとしても、間違った瞬間に、気分が悪くなり、言い直すことでしょう。 絶対間違わないとは言えませんが、かなりの正確度で正しくなります。また、英語を話すのが楽しくなるはずです。 従来の解説ですと、例えばですが、I play the pianoと習いますよね。楽器の時にはTHEを付ける、、、と習うと思います。ところが、私のように大学生のころからアメリカ英語であれば、聞きとれて理解できるというレベルに達している場合、I play pianoという表現は普通に聞くんです。 それを従来の文法では、「例外もある」と言い放って責任を果たした感じになるわけですけど、 おいおい って感じですよね。 さて、この本の中では、THEにも2種類あるとしました。 同じ種類の物のなかで(ピアノが10台あって)、これだ(この特定のピアノだ!」と言う場合、、、と 違う種類のものがあるなかで(ピアノ、ギター、バイオリン、、、)、これだ!(他の種類の楽器ではなくて、ギターだ!)と言う時。 つまり、 I play the piano だと、(他の楽器じゃなくて)ピアノを弾きますと言っているわけです。 同じTHEでもそう理解できますね。 I…

才能の科学を

ただの高校生のブログというのを発見しました。英語喉について書いてくださるとのこと。追いたいと思います。聞き取りはだいたいできるようになったそうです。GOOD JOB! http://watashityping.blog108.fc2.com/ さて、本日は才能の科学について書きたい。朝日新聞のHPで読んだのだけど、大阪の知事さん、橋下さん、が韓国の英才教育について視察をされたそうです。 私は英才教育に関しては、あまりいいものとは思いません。まず、よく、昔の一高?はよかったとか、戦争前はエリート教育があっただとか色々書いている人がいますけど、自分の言いように解釈しすぎというのもあるけど、結局、自分が偉い、賢いと言いたいのではないかと思われる節あり。 それから、グローバル時代の才能って、人じゃないと思う。エリートの人がいて、馬鹿がいるって感じじゃない。じゃなくて、人はそれぞれ個性、才能を持っていて、それが、グローバルのニーズに合うかどうか?って感じに思う。そもそも、そのエリートも本とか、試験で選ぶとすると、ますますグローバルニーズから遠ざかる。 さらに、そもそも、今、グローバルで活躍している人達は、学校で学んだことがよかったとか思っていないのではないだろうか?まあ、極端な例が、ビルゲーツさん。 学校、試験制度、資格制度というのはかなり限界がある。 学校のどこを変えるかということに関して、エリート高をつくる、、、というのじゃなくて、もっと、現実にそったカリキュラムをつくるとか、何か学習者が自分でつくりだすとか、つまりプロジェクト的なことをしたらよいのではないだろうか?何かに取り組むなかで、自分の才能を自覚するというような。 英語喉をやる前はよく分からなかった。アメリカ人がすごいとか思ったことがない。しかし英語喉をやり、英語が本当にわかるようになり、そしてアメリカ人との距離が近づいて、しみじみ感じること。 それは、人によって、強みの点が違うということ。 私はどちらかというとデータをもってきて、そこから色々といじくって、分析可能にして、分析するというのが、楽なのです。特に量的な情報がよい。プログラミングでこうかな、ああかなといじくりまわすのが、楽。特にマクロ的なプログラミングで。こんなときは、こういう統計テストを使おうとか、あれ?この場合はどうだろう?と思って、調べて、あ、これでいこうとか。その場合のASSUMPTIONはこうだなとか確認したりとか。 で、先日、テキストを読みながら、そこから大まかな設問項目をつくるといういつもの仕事と違うのをやったのだけど、苦しみながらやった。で、そこで、アメリカ人の助っ人に助けてもらったら、その人は、「私はこういうのが得意」と言いながら、すんなりとスピーディーに仕事をこなしてしまった。テキストをちゃんと理解して、大まかなグループ分けをして、その範疇名を考えてくれた。仕事もむちゃ速い。 私が好きというか、楽なのは、アルゴリズム的な仕事。この人が好きなのは、乱雑に思えるデータから意味を考えたりして、理解すること。 あと、一緒に働いている人で、どっちかというと私に似ているけど、データ分析の結果、結局、政策的にはどうなのか?という結論を導く名人がいる。だから、結果が出て、う~ん、どうやって理解したらいいのだろう、政策提言的にはどういうことか?と疑問が出ると、彼のところに行く。するとすんなり答えがでる。 あ、私のシカゴの指導教授は、名人芸と言えるほど、統計分析の結果などを解釈するのが得意だった。Xの係数がPOSITIVEだっても、NEGATIVEだっても、どっちでも、解釈ができる。 しかし、こういうのは、性格とかだと思う。学校で鍛えるものというより。才能というのは、性格みたいなもの。 普遍に存在する性格みたいなもの。 私にとって、英語発音の指導と、私の好きなヘビメタと、あと仕事でやっているデータ分析って全部同じだ。 すべて、アルゴリズム的なものだと思う。何か、少ないルールに基づいて、複雑?なパターンを作り出すみたいな。 ヘビメタだが、これは中学のときに、当然、ラウドネスの洗礼を受けた。AC/DCとかVAN HALENとか、色々だ。 どれもこれも、ギター演奏などがアルゴリズム的なのです。が、が、が、が、が、がって感じで弾いていって、ソロのところで、炸裂するみたいな。それも、まあ、やってみようって感じのソロ。まちがったら録音しなおそうみたいな。しかし、偶発的なメロディーがよかったりする。意図しなかったとこに発生した雑音とか。 これが私が仕事で使うSASプログラミングとか統計モデルによく似ている。 あと、統計モデルも、まずアルゴリズム的に、何か現象が起こるメカニズムを式に置き換えて、変数を非常にFORMALISTICに考えて、で、が、が、が、が、がって感じで結果を出す。 英語喉も同じに思える。この2ヶ月間教えているけど、セミナーのたびに、非常にシンプルなルールを紹介し、が、が、が、が、がって感じで教えて、結果をだすと。 そういうのは、才能とかじゃなくて、性格というか、何が好きか?ということ。いや、好き嫌いの問題じゃないと思う。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar