Skip to toolbar

Related Articles

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い! *************************** 片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋 http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8 舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。   **************************** 英語発音指導の専門家「スギーズ」先生 http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1 I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。 **************************** コウイチさん(ネイティブ?) http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。   ***************************…

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. (日本人英語学習者のねたみ、ひがみが全開の文章です。それでも読みたい人はどうぞ)
    まず、帰国子女でネイティブ並の人に、「発音なんて完璧じゃなくてもいい」って言われても、説得力がない。「そりゃあなたは自然にネイティブの発音ができるからいいけど」って思ってしまう。そういう事は、努力したり、恥をかいて身に着けた人が言わないと、何の励みにもならないと思います。
    そして、「文法や語彙が出来ていれば、発音はそこまで出来なくてもいい」という考え方。確かにそうなんですが、そこまで言えるほど、多くの日本人は文法『も』出来ていないと思います。試験で点は取れても、話す時にアクティブに使える文法が出来ている日本人は少ないと思います。
    テレビを英語で放送している国と日本を同列で語られても困ります。日本は、ほぼ英語を使う機会が無いんですから。だから日本で英語をやっている人の多くは、様々な努力や工夫で英語を使う状態をキープしているのです。ちょっと気を抜いたら、たちまち日本語漬けの生活に戻ってしまうので、そうならない様に必死なんですよ。環境が違う国と日本を比べないで欲しいです。
    なんだか、ますます日本人の英語コンプレックスを逆なでする様な内容にうんざりしてしまいました。この動画を見て、救われた人もいる様なので、結局は受け取り方次第なのでしょうが。

    私はチカさんを尊敬していますが、今回はあまりにもツッコミどころ満載の動画だったので毒を吐いてしまいました。

    賛成できる所もあります。
    『外国語を学ぶ最強の方法は、ネイティブの恋人を作る事』これは多くの体験者が言っているので間違いないらしいです。それが出来る能力や環境のある人はどうぞ。
    「通じて、意思の疎通が出来れば、ネイティブレベルの発音じゃなくてもいい」という意味では、確かにその通りだと思います。ただそれは、『最低限通じる発音』がちゃんと出来ていればの話です。日本人のカタカナ口発音がどれだけ通じないのか、日本人は自覚した方が良いと思います。
    チカさんも補足していましたが、「pronunciation(発音)は大事、ただ、accent(訛り)は気にしなくて良い」という事ですね。

    1. 日本人以外のアクセントは音が増えない、、これにつきます。だからシラブル数が変わらず、通じるのですよね。

      1. ほんとこれにつきますね。日本人のアクセントがアイデンティだから胸を張っていいと言い切れないのは、シラブル数に大いに影響を与えるからです。シラブル数をきちんと守るのが通じる英語の基本のひとつになってくるので、そこが悩ましい。それに較べればLとRのちがいで誤解が生まれたなんてエピソードは可愛いもんだなと思います。

        以前Lexicon Valleyという番組でシラブルのことが話題になった回がありました(http://kokusan-native.at.webry.info/201210/article_2.html) そこでハワイの言葉は非常に珍しい2シラブルで成り立っている言語で日本語と同じだという話が出たんです。

        A-LO-HA

        ひとつの音の単位が基本 CV で成り立つ言語は少数派なのかなと。そしてその2シラブル言語を母語にする話者が英語のような3シラブル言語を話すとき、余計な音をつい加えてしまう癖は中々取り除くのが難しいなとつくづく感じます。もうひとつローマ字を英語を習う以前に叩き込まれてしまうのも、この現象に拍車をかけていると個人的に思っています。シラブル数が合っていないと通じない、聴いている相手に非常に負担を与えるという哀しい経験を何度もしてきました。

        1. QUICKLYとかCLEARLYとかが、日本語なまりだとどうしても3シラブルになってしまいますね。本当は2シラブルなのに。