Skip to toolbar

小学校の英語教育

三羽四郎二郎 さんが以下を紹介されていた。たどっていくと、小学校の英語教育についての本だ。

http://oyukio.blogspot.com/2009/07/blog-post.html

大津さんの編集による英語教育に関する本だ。大津先生のBLOGをたどって慶応大学の方のサイトにいくと、小学校での英語教科に反対する要望書というのがあるから、大津先生は、批判的な見方をされているようだ。

喉パラダイムの感覚から行くと、メソッドのない教育は、無効であり、精神主義に傾く傾向がある。日本の英語教育に関しては、どうしても西洋文化との関係があるので、国家主義にも傾くかもしれない。英語なんてする必要がない、、、と。

喉パラダイムにより、英語教育のメソッドが出現したのであるから、そこから物事を見直してみたいものだ。そういう意味で、大津先生とか、他の協力者のかたがたに喉パラダイムを経験してもらいたいものだと思うが、今までの経験から、こちらから、どうですか?と頼むのは、効果無しと思うので静観するしかないだろう。

マーケットにまかせ、それなりの人気がでて (おかげさまで「機関銃英語が聴き取れる」だけでなく、英語喉のほうも増刷され、第4版となった。)、それから、社会で喉実践者の活躍があり、そこから逆行して、専門家の耳に入るということでよいだろう。専門家はノーマルサイエンスといって、その時点で存在するパラダイムから離れて考えたり、書いたりすることはなかなか難しいので、新しいパラダイムには、なかなか反応してくれないだろう。となると、専門家の存在理由は何なのか?という気もするがしょうがいない。

とはいえ、外国人の声が日本人の声と違うという点だけで、普通は飛びついてくれそうなものだとか思ったりするが、それは自分勝手なアイデアだということがこの2年でよくわかった。

喉パラダイムは、英語教育の専門家コミュニティーの外で進攻するものなのだろう。そういえば、これまで応援してくださっているかたがたは、教育の外にある方が多い。その様子は、科学歴史家、トーマスクーンが科学革命の歴史の本で描いたとおりである。

「小学校での英語教科に反対する要望書」http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/eigo/kosaka.pdf

を読んでいると、子供の早い時期から英語をやるなら効果が高い、、、というようなことに証拠がないというようなことが反対意見となっているが、まさにこれなどは実証可能なことのように思う。同じカリキュラムをほどこし、年齢別の吸収率を見れば、実験によってかなり分かるだろう。ぜひ、実験をされるとよいだろう。英語教育の範疇内である。

6番目に学力低下問題があげられているが、PISAやTIMMSの結果によると、確かに日本人生徒の学力ランキング(順位)は少し下がったかもしれないが、絶対的な点数は高かったという記憶があるのだが、、、。違ったかなあ。

ぜひこの本を書かれている皆さんに喉パラダイムを経験してもらいたいものだとは思う。

さてと、最近、えー、こうやって発音するんだったんだ?と発見した単語を少し。

POPULARのPU。これはPYUじゃないんですね。これはFEWと同じでIU、つまりPIUです。正確に書くと

POP/PIUW/LAR だそうです。実際、喉で言ってみると、うんそうだ!と感じる。そうやればネイティブと同じじゃないかと。(喉パラダイムを知らない人が聞くと、「ネイティブと同じである必要はないじゃないか」と怒られそうだ。

さて、次にTRIAL。トライアルとばかり思っていたのだが、トライルが正しい。

発音はTRAILとなる。1拍で読むらしい。これまで トライ アル みたいに2拍で発音していた。

あと、TUESDAY。これは私は完全に勘違いしていてCHUZDAYと発音していたが、実は TUSDAYだそうだ。TUZ-DEIである。

英語喉をやったうえでテレビなどを見ていると、どんどん、こういうケースにで出会う。音の全てが聞こえるからである。TRIALなどは、これまで2拍で発音していたものが、1拍で聞こえてくるので、気づくということもある。あと、DIAMONDの発音方法(正しくはダイモンド)とかと似ているところがあったりして、あ、こういう音をこれまで聞いていなかったのか!と思うこともある。

これらの単語を少しづつ直していく、覚えなおすのが喉の旅である。これは、今まで従来のもので一通り覚えてしまったから、喉の旅がいるわけだ。が、もし、喉パラダイムで始めたらどうだろう。小学校で始めるわけだから、喉を小学校からやるとよいのではないか?じゃないと、あとでまた覚えなおさないといけないから面倒だ。

さて、アメリカは独立記念日の週末(やや長め)になります。次のぶろぐエントリーは来週になります。

Related Articles

文法が大切だという言説について

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、 http://nippondream.com/eigonodo/semina さて、大津由紀夫先生のサイトに、慶應義塾大学英語教育/言語教育シンポジウム http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/ という企画の告知があって、実際にプレゼンテーションされるかたが紹介されている、だけでなく、PDF形式で簡単に内容も読める。 江利川先生は、歴史的に英文法がどのように教えられてきたかということのレビューをされている。 http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Erikawa.pdf ただ4ページで、日本がコミュニケーション重視になったから、文法を軽んじているという主張は、いきすぎではないかと思う。実際に、データに基づいていないように思われる。それを主張するのであれば、インタビューであるとか実際の授業観察をし、データをコーディングしてからにするべきであろう。ただ、以下の引用がある。 斉田智里(2010)によれば、高校入学時での英語学力は 1995 年から 14 年連続で低下し続け、下落幅は偏差値換算で 7.4 にも達する。 私は教育研究の専門家であり、仕事で、教育の研究を評価している。またこのかたが使われているラッシュモデルというのもやっている(GOOGLEでRasch modelと打てば私の説明がWIKIに続いてランク2位として発見できる、、、これ。)。 このようなCLAIMができるデータが日本に存在するとは思えない。昔と今の全国のランダムサンプルなんてありえないと思うが。また、項目反応理論的にも、EQUATINGなど無理じゃない?そんなデータあるの? 実際にこの論文を読むのにはどうしたらよいのだろうか? <後日談 英語喉実践者のかたのご協力でこの博士論文がゲットできました。読んでみると、日本全体のデータではなく、茨城県のデータでした。また、リサーチの目的も、心理統計モデルを使って、こんなことできるかな、過去のデータを使えるかな?という実験的、メソッド的な試みに私には読めました。さらに、方法論の描写を読んだのですが、過去のデータの個人レベル+テストアイテムレベルでのデータ(つまり心理統計学をするのに必要なデータ)を使ったのかどうか分かりませんでした。 この論文を使って、日本人全体の英語力が下がっていると主張している先生への感謝の言葉などがありましたので、お知り合いのようです。> 斎藤兆史氏は、以下のPDFファイルで http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Saito.pdf ジャズの即興演奏は、ジャズの理論を頭で覚えるところからはじまるのであり、理論も知らずに「シャワーのように」ジャズを聴き、ジャズっぽく楽器をかき鳴らしたところで、即 興演奏などできるようになるものではない…

わが国の教育にはメソッドがないのか?研究はある?

仕事で、「読み」を教える教育の評価研究論文(アメリカのもの)を、かなり読んでいる。80年代ぐらいからの論文をたくさん読むのだが、その研究の多様さ、量の多さに驚かされる。例えばだが、文の箇所を括弧にしておいて、その中に何が入るかを想像させるという教え方があれば(CLOZEと呼ぶ)、それが実際に生徒の読む力につながるのか?という研究論文がある。実験をつかって実証し、効果がなければなし、あればありと結論づけるのだ。私は統計とか実験を専門としているので、メソッドに問題がないかとかをチェックして、その研究に信憑性があるかを評価している[具体的にはこれをやっている http://ies.ed.gov/ncee/wwc/)。 日本にも、そういうのはあるのかな?いや、ないような気がする。国語の時間に何かメソッドを使ったというような記憶がない。そもそも、国語の時間に何をしたか?という記憶がない。 なぜにないのか?教科書があって、国全体で統一してやっていると、どうやって教えるかというメソッドが育ちにくいのだろうか? 論文(アメリカのもの)をたくさん読んでいると発達心理学の理論を応用したような教え方を実際に試し、その効果を統計的に数値化している。そんな論文が山のようにある。あ、そういえば、そういう実験を実際にやったこともあった。これは、教師が受ける研修が、生徒の学力に影響を与えるかという実験だ。 http://www.mdrc.org/publications/499/overview.html さて、こういうことを思い出したのは、先日、英語教育学の先生達が小学校での英語教育導入を批判して、「早めに教えれば効果があるという証拠がない」と書いていたからだ。実際、そういう研究の蓄積があるのだろうか? 「小学校での英語教科に反対する要望書」http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/eigo/kosaka.pdf 文科省としては、そういう発言にびっくりしているのではないか?だって、言語を学ぶ上で臨界期、つまりこの年齢以上となると習得が難しいと言っていたのは、応用言語学者であるからだ。急に、証拠がないと言われて、えーー?とびっくりしているのではないだろうか? そういう意味でも、英語教育学者は、年齢と言語習得に関する研究の知見(国内のもの)を大いに、我々に伝えるべきであろう。例えば、小学校の学年別に同じ英語の授業をする。そして結果を見る。そうすれば、年齢、学年と語学の習得の関係が分かるはずである。リスニングの能力などの結果があれば面白い。あるいは、1年生レベルであれば、本人が喉で日本語をしゃべっているか(甘えたような声)、口でしゃべっているかも考察すると面白いだろう。 すでにそういう研究はあるはずなので、ぜひ紹介を願いたい。 証拠がないのか?研究がないのか?研究はあるはずだと思う。どう考えても。だって、小学校英語導入がさわがれて時間がたっているのだから、テーマとして大切なものはデータが集められ、経験研究がされているはずである。 ありゃ、もう一回読んでみたらこう書いてあった。(「小学校での英語教科に反対する要望書」より) 「日本における英語学習のような外国語環境における学習に関する括弧たる理論やデータは存在しません。」 はあ?研究してないの????  文部科学省も委託研究とかで学者に頼んでないといけないよね。国立教育研究所とかもあるし。  

信じるということは?105人募集

先日のLINAさんのコメントにもあったが、喉の威力を信じるということは大切だ。私の感覚では、最初のころは、信じられない人がいることが信じられなかった。 声がネイティブが違うということだけで、普通はぴんとくるだろうと思ったし、また、英語喉の最初にある説明や練習で、納得してもらえるはずだからである。特に、日本語は、短く音をきっており、それが音として、喉の閉じる音がすることまで指摘している。最近では、機関銃英語において、喉の奥を鏡でみて、あ、い、う、え、おと日本語ではっきり言うと、奥がぴくぴくと動くことを指摘している。一方は音による確認であり、一方は視覚的確認だ(後者は、外人声ギブスとして動画が存在する)。 一つ、もう一つ信じてほしいことがある。日本には1億人以上の人がいるが、そのなかで英語が無理なくしゃべれて、100%音としてきけて、書けて読める人は、あまりいないということだ。 想像するに、小林克也氏、私、そしておそらく天満氏とron氏を含めて、105人ぐらいではないか。 確かに発音がうまい人にはあったことがあるが、そんな人でも、仕事のことなら聴き取れるが(コンテクストでなんとか)、ネイティブ同志が話しだすとわからないとおっしゃる。 もちろん、帰国子女のような人ははぶいての話である(あ、昨日のBLOG ENTRYを読んでくれた同志社時代の級友が帰国子女なのだが、英語を喋るときは声が低くなるよ、とメールをくれた)。小さいころから英語圏で育った人はこの105人にははいらない。 1億人以上、人口いるなかでの話だ。 一方で、日本人以外、韓国人以外であれば、上のことは、ある程度英語を勉強していれば当たり前のことなのだ。 私などは仕事で、私より10歳以上も若い、大学院を卒業したばかりの中国人などが、当たり前のように英語を使い、100%聞き取り、文法にもあんまり苦労せずに、仕事をしている様子を見て、最初はびっくりした。 ギリシャ人だってフィンランド人だって、南米の人だって、英語の聞き取りが難しいといいながら、プロの仕事をしている人は、ワシントンDC界隈では存在しない。廊下の掃除をしている南米からのおじさんだって、英語を聞き返してくることはない。英語を勉強する時間がなければ別だが。 そんな極端な?1億以上もいる日本に、105人ぐらいしか英語が普通に話せて、書けて、聞ける人がいないなんて?と思われかもしれないが、私はアメリカに長く住んでいる友人や知人がたくさんいるが、皆さん、大変な思いをされているのである。 それほど喉発音や3ビートを知らない場合英語は大変なのだ。 だって、英語の神様と日本で呼ばれている人でさえ、リスニングに苦労されているという。この話を聞いたとき、私が本当に愕然とした、、、。え、リスニングの教材とかを作っているあの人が、リスニングには今でも苦労しているのですか?と。 そこで、アピールしたい。105人ぐらいいると私が想定している人よ。ぜひ連絡ください。 なぜ105人かというと、最初15人ぐらいかと思ったのだが、まあ0をつけて105人とした。 英語喉は2年前に出版されたので、もしかしたらそれに近いレベルの人が育っているかもしれないので、その場合も連絡をお願いしたい。 具体的には、私が機関銃英語の動画でやっているようにラジオを耳にあてて、それで言われていることを、そのまま繰りかえすことのでき、本を読むときに、日本語と同じ速さで読め、書いたり話したりも全然問題ない人。ぜひご連絡を! そんなことを考え始めたのは理由がある。 発音の本などに、周波数が大切だとか、腹式呼吸が大切だとか、色々書いてあるが、それはそれを書いている人が英語が未発達だからそういう方向に向かうのではないだろうか? だって、本当に英語ができるならば、 1.腹式呼吸をしながら英語を喋る 2.せずにしゃべる をやってみて、違いがないことが分かるはずだからだ。それが分からないとすれば、まだ英語が未発達なことが原因ではないだろうか。 あるいは英語を喋るときに、論理が大切だとか内容が大切だとかおっしゃっているのは、そもそもそういうものに頼らないと英語が聞けないということではないか?…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. > POPULARのPU。これはPYUじゃないんですね。
    > これはFEWと同じでIU、つまりPIUです。正確に書くと
    > POP/PIUW/LAR だそうです。

    喉記号だと、

    P-A-P/P-I-U-w/l-E-r

    ですか?

  2. カズ先生、いつもお世話になります。
    日本人児童に対する小学生過程からの英語の授業は、全く持って英語教育の現状を知らない一部の無責任な財界人達の放言に過ぎないようですが、間違って実現しないことを祈ります。私の知人の英語教師達はみんな、小学校における英語教育には大反対です。無責任な連中は、日本人の実用レベルの英語能力が、世界的に最も低いので、小学生段階から教えればなんとかなるだろうと軽薄は発想をしているだけのようです。現状の中学校や高校の英語教師がまともに英語発音ができない、実用的な会話や読み書きができない人が多い現状を無視して、誰が小学生に英語を教えることができるのでしょうか? 英語発音が喉発音に改められること、もっと実用的な文法が提唱されること、およびもっと現代的な文章を読むようにすることなどがなされない限り、中学生の3割が英語の授業について行けない落ちこぼれだというのに、おそらく小学生に対して消化不良な英語を教えて、ますます日本人の英語嫌いを増やすだけの結果になってしまうでしょうね。

    ところで今回、以下の2点、喉発音について質問させて頂きたく存じます。
    なお、私は喉発音式の発音記号は、昔のIPA式の[]と区別するために{}で囲っております。

    (1)今回のブログのお話中に登場する、popular の pu の部分が{PIU}だということですが、英語喉の本にもご説明されている、few, cube, view, beauty などの母音部分は全て同じ{IU}だと考えて良いわけですね。ところが、これが納得できないという私の知人が数名います。英語ネイティブの発音を聞くと、「ユー」と言っているようにしか聞こえないというのです。従来の英和辞典でIPA発音記号を見ると、確かに[ju:]となっているものが多いようです。また英和辞典では、yes, you, year などの y の部分も[j]となっており、これがゲップエリア発音の{Y_}と同じ意味だとすれば正しいと思いますが、popular, few などの母音部分にゲップエリアの音である{Y_}が登場するのは少し変ではないでしょうか?

     私は、この問題ついては、次のように考えています。
     従来の英和辞典における popular, few, cube, view, beauty などの母音部分がIPA発音記号で[ju:]と記述されているのは古臭い間違いであって、正確にはアクビエリア発音の{IU}であり、前の子音との繋がりによって自然に「ユー」のように聞こえる。
     私のこの考えは、正しいでしょうか?

    (2)how, house, south, mouth などの母音部分は、{a_U}であると英語喉では説明されていますが、昨今のネイティブ(特にロンドン辺りのイギリス人や米国東海岸の人)には、{AU}または{Au}のようにアクビエリアだけで言う人が多いという話を、あるイギリス人から聞きました。私も、その方が言いやすいように感じます。特にhow は{Au}で、「ハォ」みたいに言う人が多いようですね。
     カズ先生の周囲の人には、house, south, mouth などの母音を、{AU}のように発音する人はいますか? また、そのように言って、特に問題ないものでしょうか?

    以上2点、最近気になっておりますので、よろしければぜひご回答頂きたく、よろしくお願い申します。

  3. zenさん、その通りです。オリジナルのほうを直しておきます。ちなみに、POPULARITYだと、LARのところが、LAIR(レイア)となりますが、喉以前以前は私は気づいていませんでしたか、なんか違うなあとは思っていました。

     

    アキさん
    メソッドがあり、そしてそれを教えることができる人がいるというのが大切だと思います。現在のところ、教えられる人がいないのではなかろうかというのは心配ですね。

    >正確にはアクビエリア発音の{IU}であり、前の子音との繋がりによって自然に「ユー」のように聞こえる。私のこの考えは、正しいでしょうか?

    前の子音とのつながり、、、というよりもIUがユーのように聞こえるのでしょう。

    >カズ先生の周囲の人には、house, south, mouth などの母音を、{AU}のように発音する人はいますか?また、そのように言って、特に問題ないものでしょうか?

    これはおそらく正しいですが、ただ、喉の発音位置は、イギリス英語は、アメリカ英語よりも深いことが多いので、もしかしたらゲップエリアでもって、そのように発音するのかもしれません。

    私の周りには、あまりいませんが、南部なまりの人は、このアウをアーと発音しているように感じます。HIがハーみたいに聞こえます。微妙にイが入っているので、ハを伸ばしているわけではないと思います。

    IUに関しては、アキさんの解釈があっているでしょう。IUという発音は日本人の耳にはYに聞こえるのではないでしょうか?実際に喉で言ってみて、自分で納得すると、アキさんの知り合いの方々も納得できるのではないかと思います。