客人の英語に思う 喉の旅

ヨーロッパの人(北欧と南欧)が客人として来ておるのだが、英語を聞いていて、思うところがある。

あ、その前に、ヨーロッパの人と話していると、ヨーロッパの様々な文化は結構違うなあという印象になる。ところが、日本をその比較に入れるならば、やはりヨーロッパ同士はとても似ているなあということになる。この視点をぱっぱ、ぱっぱと変えるというのも技術だろうか?

英語に関してだが、やはりヨーロッパの人も、英語には長い音と短い音があるという感覚がある、、、というより、そういう呼び名を使っていた。あるノンネイティブの知り合いがSHEETの長母音とSHITの短母音を使いわけていないという話をしてくれたのだ。ところがである。その人は長母音と短母音という言葉を使っていながらも、実際には、音の違い、音色の違いをちゃんと発音しながら、その話をしているのだ。

日本人の感覚では、長く読めばSHEETで、短く読めばSH*Tである。ヨーロッパ人にとっては、やはり音の音色自体が違うのだなと思った。ただ、呼び名として、便利なので、長い、短いというのを使っているだけだ。 

ヨーロッパ人が英語を喋るとき、やはりシラブルがしっかりしているから、分からないことはないし、本人たちも、英語を聞き返すなどということはほとんどありえない。テレビを見ていても、全てを聞き取っている。

というか、まあこういうことは当たり前のことなのだが、まだ、英語ができないのは日本人だけではない、、、という言い方を聞くので、書いておくことにした。

勉強をあまりしなければ、英語ができないのは、世界の誰でも同じことである。しかし、英語を勉強しても、英語ができないのは、日本人と韓国人だけなのである。

あと、知人で、お姉さんがヨーロッパのほうにいるのだが、このたび、日本人の同僚が来たとのこと。で、お姉さん、なんか言ってた?と聞いたら、「その日本人の人がおとなしい」ということだった。

日本人は口発音だとどこに行っても、おとなしくなってしまうのである。だって、喉の音を聞かないのだから、周りが言っていることが分からない。分からないのだから、やはりおとなしめになってしまう。

日本人はおとなしい、、、、これは外国に行ったときだけですよねえ。

何回か書いたけど、日本語通訳の人に、日本語ーー>英語の訳は大変かと聞いたら、日本人がほとんど会議で発言しないので、そうでもないと答えた人がいた。

私もおとなしいと思われていたが、発言したくても、なかなかできなかったというのが真相である。

これから喉で英語を喋る日本人の活躍が楽しみだ!

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

日本人が森を見て木を見るのが困難な理由 シラブルの認識が難しい

英語で大切なのは、音自体を正確にまねることでは実はない。 だから、いろんな外国人がノンネイティブとして英語を喋っているけど通じるのだ。だって、ネイティブだって色んななまりがあるぐらいだ。 大切なのは、シラブルである。ちなみにシラブルとは日本語で音節である。英語喉以後、音節を語る人が増えているが、ただ英語喉をミロと書くだけで良いと思うのだが、、、。それが書いてないと、ちょっと悲しいなあ。無視状態??

喉の旅

これまで長く英語を勉強してきている人、使って来ている人は、喉革命後は、ゆったりとした「喉の旅」に出発することになる。 喉の旅というのは適切な表現ではないかもしれないが、とりあえずそう呼ぶ。「あー、あれはそういうことだったんだ」とか、「だからあのとき通じなかったんだな」とか、、、色々と思い出す。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.