「機関銃英語」増刷決定

お陰さまで、機関銃英語のほうが増刷になるとの連絡をいただきました。英語喉のときよりもペースが速いです。機関銃英語が全国にいきわたることで、英語が少なくとも、音として聴き取れるという状態に、国家全体がなると思いますが、このことの国益は非常に大きいと思います。

口ベースの英語学習に未練がある人もいるでしょう。そりゃ、口を大きく開けたら、母音の発音ができるようになったら、楽でしょう。唇をとがらせてRやWを言ったら、正しい発音ができるのなら、誰も今のように苦労しません。しかし、実際のネイティブの喋っているところを映画で見てください。(外から見た)口はそんなに、規則的に動かしてはいません(感情のせいで、大きく開くことがあるだけです)。口発音を推進されている先生たちでさえ、実践をしてみせてはくれません。だって、口を大きく開けたら音がこんなに変わる、、、なんてことは、物理的に不可能だから、実演ができないのです

とりあえずは、口の練習は置いておいて、機関銃英語で練習してみてください!

さて、

イランでの混乱のなか、イランの若い人達は、当たり前のように英語でメッセージを発信しています。実は、英語にしろ、その他の外国語にしろ、6年もやっていれば、喋れるようになる、使えるようになるのは、当たり前のことなのです。日本人でも、音が言えて、聞ければ、当たり前のように英語ができるようになるでしょう。音が言えて、聞けないから、単語を2万語覚えようとか、イントネーションが大切だとか、そういう発想が出てくるわけです。というのは、そういうことは、音が聞こえなくて発音できなくても、事実上、実践可能なことだからです。

いや、中東は、欧米に支配されてきたから、その影響で英語を喋れるのだ、、、というのは、やはり違うのです。逆に、日本は長い間、独立を守ってきたから英語ができないのだということを聞いたことがありますが、それもやや違うのだと思います。

特にESL関係の勉強をしているかたに、今、この新しいパラダイム運動に参加してほしいです。ESLでは、どうやったら英語がうまくなるだろうという研究をしますが、それは、日本人にとって英語があまりに難しすぎたから、必要だとされてきた研究だと思います。例えば、アメリカの語学学校へ行ってみると、1年中、英語の勉強をしているのは、日本人と韓国人だけです。他のヨーロッパ人などは、語学学校には1学期行くけれども、その後は、普通の大学で授業をとります。

つまり、音が聞こえて、言えて、実際に使っておれば、誰でも英語ができるようになるのです。喉と3ビートをベースにしたうえで、どんなやり方をしたら、英語がうまく教えられるか、、、などという点でいろんな研究が起こるならば、非常に有意義なものになるのではないかと思います。

いや、研究の前に、自分が英語が聞けて喋れるようになってほしい。すると新しい地平が見えてきます。自分ができないのに、それを教える分野を研究するのは、不可能だと思います。勇気がいりますが、ぜひ機関銃と英語喉で、まずはできるようになってください!

(ただし、文法構造が日本語・韓国語 VS ヨーロッパ言語でかなり違いますので、この点については、もう少しお待ちください。ダビンチコードではないですが、基本的な秘密はすでに解明しました。私は、すでに使っております。)

日本では英語ができなくても生きていける、、、という考えはもちろん分かりますが、やはり英語で、情報をしいれたり、議論をしたりすることが絶対に大切です。例えばですが、このあいだテレビで、世界でもものすごい珍しい病気をもった赤ちゃんのお母さんたちが、ネットで終結して、解決法を議論している、、、というようなのを見ました。全員が英語でやりとりします。医学の情報で、アメリカではWEBMDというのがあるんですが、これが非常に質量ともよいと言われています。そういうアメリカ人がお金をつかって作り上げたものを、横から拝借することもできますね。

また、色々、大切な歴史の議論とかを、海外の人も含めてするべきだと思います。

さて、このあいだ、スポーツバーで食事をしていたら、アメフトとか野球のテレビがついていたのだけど、それに加えて、日本人の番組が写っているんです。サスケという番組で、日本人が、綱渡りをしたり、障害物を乗り越えたりする番組です。それをアメリカ人が、ハンバーガーを食べながら、見ている。

最近では、「私は日本のゲームショーで生き残った」という番組が、アメリカでやっていますが、同じような内容です。ただ、アメリカ人がやると全然面白くないのです。

日本人がやるからこそ、面白いのです。

このようなユニークな文化は、世界のどこを探してもないように思います。

ただし、私の感じでは、日本人は、まだいかに我々の文化がユニークであるのかに気づいていないような気がします。上のサスケの番組ですが、なぜ、世界の人が、楽しんで日本の番組を見ているのか、その根本的なものに気がついていません。

来週、客人があり、スウェーデンとスペインの人が来ますが、まだ話していなくても、子供のころから日本の漫画、アニメをみて育ったと言うでしょう。文化的には、非常にユニークなものを日本は作り出してきました。

喉パラダイムは言語の根本を問うことが一つの戦略ですが、言語の根本を見つめることは、文化の根本を見つめることです。

喉パラダイムをやっていると、日本文化のユニークさが根本的な部分で見えてくる。それを知った上で、英語で世界と語るならば、世界のほうも、自分たちの文化を客観視することができるでしょう。

日本人が口発音だと気づき、初めて、世界の人々が喉発音だと気づいたわけです。似たことが、文化的な他の分野でも起こることでしょう。

特に、日本が貢献できる分野は環境問題だと思います。がんばりましょう!!!!

 

Related Articles

シラブルのボンボンボンのリズムが聞けない理由の考察

土曜日セミナーで2時間でネイティブ発音になった人が、まだシラブルが聞こえないということで、真剣になぜ、ボンボンボンというかんじのリズムが聞けないのかを昨日から考えている。 ボンボンボンでも、がんがんでも、ヶヶヶヶでも何でもいいんですけど、、、ということではないのだと思う。 また昨日書いたように、英語は、二重母音や連続する子音があるから、分かりにくいというのもあると思うけど、もしかしたら以下のことも関わっているのではないだろうか???と思い出した。 英語に、小さなツや、伸ばす音があると思って聞いていませんか? 例えばですが、HOTは日本語でホットだし、まあ、本格発音は「はっ」みたいな感じですよね。だから、聞いていると、小さなツがある感じに思ってします。 「はっ」に聞こえていたら、ボンとは聞こえませんよね。 あと、日本人は伸ばす音だと思い込んでいる音はRだろう。CARはカーという感じに聞こえる。 カーと聞こえるものを、ボンだといわれても、そう聞こえませんよね。 でも、英語には伸ばす音や、小さなツはないんです<機関銃英語の24ページに書いてあります>。 それを知った上で、どんな英語でも、ボンボンボンという感じで処理しないといけません。ボンがいやなら、手拍子でもいいです。 だから、とりあえずは、喋るときにも、その拍子を感じながら喋ることが大切。 例えば、HIという挨拶。日本人にはハーイと伸ばしているように聞こえるものですが、これをボンという感じで発音するのです。 ただし、シラブルとシラブルの間が開いたらだめです。CHOPPYになるので。これが難しいかもね。矛盾したことを言われているようで。 PERSONという単語も、最初のところパーじゃないですよ。PERのRはうなる音です。伸ばしているわけじゃない。 とりあえずは、喋るときに、シラブルを意識すること。小さいツとか、伸ばす音がないのだということも意識すること。別に、たまたまシラブルにたくさんの音がはいっていて、自然の伸びるのはかまいませんが。 またRの音などは、伸ばす音じゃなくて、首の根元を犬がうなっているように鳴らします。 だから、そういう発音に自分でもなれてくると、相手の言っている英語にリズムを感じ出すかもしれませんよ。 これは音で説明しないと分かりにくいかも、、、。音声の指導です。 www.estat.us/blog/shiraburu.mp3 さて、この指導させていただき、ネイティブ発音になったかたですが、ご自身のネイティブ発音になれてくるとよいということがいえるかもしれませんね。ネイティブ度が高すぎて、ジーナが笑っていたぐらいですから。例えば、アメリカ人が急に、完璧な広島弁を喋り始めたら、ちょっと笑ってしまいますが、それと同じ、いい意味での笑いでした。    

英語ができないから国際競争力に問題が生じているのでは?

やっと、スマートフォンを買いに行きました。今週中にゲットできそうです。在庫がなかった。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html チョイスは、事実上、I-PHONEか、SAMSONGかでした。だって、日本製品が店(VERISON)に置いていないから。 ソニーとか、パナソニックとか、シャープとか、どうなってしまったんでしょうか? 70年代、80年代は、日本の経済力に力があった。と、同時に、当時から日本人は英語が不得意だったのだと思うのですが、誰も、日本人の英語力と経済の関係を問う人はいなかった。 その反動で、今日でさえ、日本人の英語力のせいで経済が振るわないと考える人はいません。 ところが、もしかして、サムソンが強いのは、韓国人の英語力、コミュニケーション能力じゃないか?などとふと思ってしまいました。 海外のCONSUMERの好みを知るには、現地の人の文化を知る必要がありますが、日本人は、自分達の都合のいいように、外国の文化を理解しがちのように思う。それは、日本人同士だけで、日本語で、喋っているからだと思うのだが、例えば、アメリカの食事は大味でまずい、、、とか、、。 しかし、気づいてみると、アメリカの食事もうまいものがたくさんある。 アメリカ人と行動していれば、アメリカの料理をアメリカ人風に食べることになるが、すると、うまい。 レストランなどで、ウェイターさんに、色々と質問をして、おいしいものにありつく、、、のだが、そういうのをするには、英語ができないと無理。 最近、思うのだが、もしかして、例えばマスメディアの人たちが海外で、本当に英語を通じて報道しているのだろうか?もしかしてCNNとかニューヨークタイムス読んで、まとめているとかじゃない?だって、聞き取りができなかったら、どうやって、海外で取材できるの? 強く発音されたどこだけに聞き耳を立てるとか、そういう方法では、事実上、仕事ができないと思う。 海外にたくさん、日本人がいるけど、仕事になっているのかな~??? シカゴ大学時代に、政府関係で留学してきていた人だって、英語が聞き取れないといっていたし、それで、政策関係のクラスを2年とっても、縦走回帰分析の結果が読める程度になったとおっしゃっていたけど、それは日本でもできる。 もしかして、中国人は、英語力、コミュニケーション能力を生かして、世界の機会をゲットしているのではないだろうか? 国内のビジネスだとコミュニケーション能力を問うのは、当たり前だが、世界のビジネスとなると、なぜか、まさか、英語能力、聞ける能力については、表面的には問題視されないように思う。 しかし、英語力が問題視されないのは、その日本人が、外国人に金を渡す立場にあるからじゃないかな。金をもらう立場になる場合は、コミュニケーション能力が大切になるのじゃないかな。 日常生活で全然英語がパーフェクトじゃないから困らないというのは、それは、外人に金をばらまく立場にある場合だと思うのだ。 太平洋戦争前の交渉など、英語が聞けずにどうやって交渉したのだろうか?と考えると泣けてくる。

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.