Skip to toolbar

無意識喉発音状態(私)

私自身の喉にもちょっと変化が起こっていることをここで書いてみます。先週、毎日、自動車で絶叫しながら、LOUDNESSを歌っておりました。120ドルかけて、師匠 ニイハラ氏のかかわるCDをかなり買いました(最新はまだ届いていない)。それにあわせて絶唱しているうちに、喉がきたえられたせいもあるのでしょうか、自分で喉発音をしているときに、喉発音をしているという感覚がなくなってしまった、、、。 

ええええ?

でも、すぐに日本語を口発音してみたら、ああ、やっぱり喉発音しているよなあと確信できます。

つまり、喉が英語を喋っているときは、完全なるネイティブ喉になってしまい、自分が喉発音をしているということも感じられないほど、喉発音になってしまったのです。

一瞬、びびりました。え、俺は、口発音に戻ってしまったのか?というほど、喉発音をしている最中は、自分がやっていることが自覚できないぐらいの無意識喉発音になってしまったのです。

そうなってみると、ネイティブの気持ちがわかる。日本語や韓国語を知らないネイティブに、(つまり口発音という経験があまりない人達)、、、英語は喉だよっと言ってももピンと来ない。え?うーん、そういわれればそうななあ、、、、みたいな。

きっと、帰国子女の人達とかもそうなのかもしれないですね。

喉が当たり前すぎて、喉発音であることさえ、ピンと来ない。

ネイティブが、これまで喉発音を発見しなかったはずだ!

無意識なのである。

 

Related Articles

フリーウェイでパンクして、経験したアメリカ人の親切

昨日、フリーウェイを走っていたら、急に目の前に人の頭ぐらいの穴が出現し、タイヤを飲まれたと思ったら、数秒で、パンクしたと感覚的に分かったので、路肩に停車したのだが、私の前には、すでに同じ穴でパンクした3台の車があった。 パトカーも止まってくれた。 パンクした経験がないので、どうしようかと戸惑っていたら、警察官が、やさしく、スペアタイアの使いかたを教えてくれたので、実行。ちょっと恥ずかしかったが、でも、実際、今までパンクしたことがなかったので、よくわからんかったのだ。 ちょっととまどっていたら、ポリスが、わしがやったると言って、世話を焼いてくれた。どうも、車体をあげる道具(名前忘れた)が、うまく作動しない。すると、前の自動車の世話をしていた、道路整備士みたいな人が、本格的なのを持ってきてくれて、今度は彼が黙々とスペアタイアをつけてくれた。 ちょうど、大雪でフリーウェイには、作業員がたくさんいたので、助かった。 さら、スペアタイアが空気が足りないということだったのだが、今度は、CVSというコンビニの善意活動員(サマタリアン)のバンのおっさんが(すでに、他の自動車を助けていたのだが)、助けてくれた。これまた、本格的な空気ポンプで。 善意でわざとこの大雪の時期、人助けにバンでうろうろしているのが、サマタリアンである。本当に、感謝したい。 その間、いや、ものすごい親切な人たちだなあ、、、アメリカって、こんなに前から親切だったのか、、、口発音時代には、全然、分からなかった、、、とちょっと感動した。 あ、今考えたら、警官は白人で、その他は黒人だったけど、自分のなかに、ただの人達という感覚があるのに気がついた。口発音時代は、黒人は黒人、白人は白人みたいな感覚があったのだが、今は、同じ共同体に住む人達という感覚で私はアメリカ人に接している。 道路の穴はポットホールと呼ぶみたいだ。POT HOLEと書く(1語かもしれない)。ジーナがTの発音が聞こえないといったのだが、それにしても、Tはスウィングだけだから、舌が付くまでだと思うのだが、そうするとTが聞こえにくくなるんだが、どうしたものか。 スペアタイアのことは、ドーナッツと呼ぶ(DONUT)とジーナが教えてくれたが、本当に、ドーナッツみたいに見える。 帰宅して、自動車保険会社に電話したら(GEICOだ)、怪我はしなかったか?とか、非常に親切な言葉をかけてくれて、さらに、敏速に、対応してくれて、翌日の9時に、修理工まで予約してくれた(今朝すでに行ってきた)。 これも喉発音だから、この人の誠意などを大きく感じることができたような気がする。口発音時代は、だまされてはいけない?みたいな感覚があるので、聞いたことをよく確認のため繰り返していたのだが、それが逆に相手に、「馬鹿にしている」みたいな、感覚を与えていた可能性がある。 GEICOのコマーシャルだと、とっても簡単な自動車保険ということで売っているのだが、うん、確かに、非常に簡単だった。でも英語が分かるからかもしれない。 喉で喋っていると、本当に、日本で日本人と話しているのと同じで、相手と波長がよく合う。 今朝は、朝早く、その修理工場に行ってきたのだけど、3人ぐらいの人に接したが、どの人もものすごく親切に思えた。私自身も、その人たちと波長を合わせて話すことができたような気がする。そこを去るときに、レンタカーの受付の人が、すでに名前を覚えていてくれて、BYE KAZと言った。うーん、アメリカよ、どうして、いつのまにかそんなに親切になったのか(というか、喉発音で私自身の世界が変わったのである、、)。 自動車保険がカバーしてくれるのだが、それでも、DUDUCTABLEとして(スペルがわからん)5万円は払わないといけないようだ。うーん、穴があって、そこにタイヤが落ちて5万円は痛い。 それにしても、昨日から、非常に人々が親切だし、今日のサービスもよい。 日本の食堂に入った瞬間、いらっしゃーい、って感じのサービスが日本のサービスだと思うが、それと同じようなノリのサービスを私は感じた。 でも、これは私が喉で対応しているからかもしれないなと思った。 本当に信じられない。 私は口発音時代、アメリカ人はみずくさい、日本人には興味がない、、、サービス、対応が悪いと思い込んでいたからだ。 大昔、アメリカ人のスチュワーデスは絶対あやまらない、、、みたいなことを日本人の誰かが言っていた(それは、日本人の口発音に対して、緊張してしまうからではないだろうか?)。日本人と同じで周りの人に、気を使っていると思う。ものすごく。…

言葉への気づき

「言葉への気づき」ということをテーマに英語教育を考えてらっしゃるかたがたがいる。 どのように英語を教えたら、うまくいくか、日本語と英語をどのように比べたら生徒がよく理解するか、など説明を極めるというもので、これはすばらしいことだと思う。私も、英語喉の観点から貢献できると思った。 私自身は、英語教師時代に言葉の気づきに似たようなことを考えていたのかもしれない。が、失敗だという感覚を持っていた。 受験英語を教えていたのだが、うーん、もっと面白い、生きた英語を教えたいなあ、、、という希望があり、それがあまりできないという現実がある。その現実と理想のハザマで、なんか教師としてアイデンティティがほしいなあ、と思っていたときに、日本語と英語の文法の違いなどを説明した。すると生徒が、先生なんの授業やねんとクレームを言っていた。 私の場合は、つまり、自分の理想が果たせない状態のなかで、ちょっとええかっこしたいという欲求を満たせてくれるのが言葉の気づきであり、それ以上でもなかったように思う。ちょっと、自分は賢いだろうみたいな。受験指導してんのは仮の姿だ、、、みたいな。 そもそも、私が言っていたようなことは、ちょっと英語を勉強していれば、誰でも分かることだったので、知識量が当時の私よりも低いという立場があって、初めて私が実践した言葉の気づきは存在したのである。 「実はやっていれば誰でも分かること」ってのは、私の根本的な分析ツールの一つみたいな気がするのだ。音声学者の人が書いた本で、TAKE IT EASYはていきりーじーに聞こえます、みたいなのりの本がたくさんあるけど、それって誰でも分かるじゃんとか思うのだ。最近では、「ダーリンは外国人」という漫画を読んだのだが、それに書いてあることは、状況が同じだったら誰でも気づくことだなあ、、などと思っている。 (例えばであるが、トニー(登場人物)が映画などを見るときに、すごく反応するという話がある。もちろん、結論は、西洋人は反応が強い、、、となる。しかし英語喉パラダイムだとどうだろう。私は、最近、喉がゆるくなったせいか(英語喉で喋っているので)、人が笑わそうとして何かをいうと、他のネイティブと同じレスポンス速度でワラってしまう。なんかゆるくて、感情が笑いとしてすーっとでてくるのだ。そういうことじゃないのかなあ) 私自身の言葉の気づき活動は、教師と生徒という権力関係があってはじめて成り立っていたように思う。 じゃあ、英語教師として何をしたかというと、、、 私が求めていたのは結果だったのだ。生徒に力をつけさせたいという結果がほしかった。 だから、訳読をするのに意味が見出せなかった。あるとき電車の中で私の生徒が日本語訳を覚えているのをみて、なーんだと思った。 だから訳を配りたかったのだが、それはできなかった。 だからかわりに、小テストをつくった。授業に2回小テストをやってその時にカバーした内容を、少なくとも、短期的に覚えているかということを試した。そうすれば、結果がでるかもしれない、、、と。私がつくった全ての小テストをあつめたやつがおった。全部、半ページだったのだが、あるとき、1ページつかってつくったら、そいつがクレームをつけた。自分は集めておるが、半ページじゃないと一緒にとじられない、、、から困るとクレームをつけてきた。 私が考えていたような言葉の気づきは、日本語をよりよく理解するとか、英語をよりよく理解するとかいうものだったと思うのだが、それをしたから、じゃあ、生徒が英語ができるようになるのか、なんらかのかたちで賢くなるのか?そういうことを実験して証明するとよいだろうと思う(当時の私の言葉の気づきは単なるファッション、いやアイデンティティの強調にしかすぎなかったのだろう)。俺は違うんだ、、、と。 私が思うに、英語の授業のポイントは生徒が英語ができるようになることであり、それ以上でもそれ以下でもないと思う。それに役立つような言葉の気づき戦略であればすばらしいものがあるだろう。そういうのに磨きをかけて実験で証明するとよいのだと思う。 英語喉や機関銃英語には、西洋人の立場からみた西洋言語の気づきがふんだんに含まれている。日本人が思いこんでいることではない。西洋人からみた立場での西洋言語である。 たとえばだが、なぜ英語ネイティブは、ああいうぐあいに日本語をしゃべるのか?これは、喉発音と3ビートを実践すれば、自然と起こることである。 自然と起こるということは、どういうことかというと、経済原理である。それが一番楽だということだ。喉をリラックスしていれば、自然と3ビートになるのだが、その状態だと、自然に出てくる喋りかた、発音がある。 これは言語経済学というやつである。 言語活動はおいおいにして合理的選択の結果なのである。 例えば、アメリカ英語においてEVANという発音をするとき、ゲップエリアを定位置にすると、EVANと読むよりEVIN(i_)と読むほうが楽なのである。 これは言葉の気づきというか原理である。…

大学で分からなかったこと

大学に入って、なぜ先生たちが本の内容を解説するのかが分からなかった。本を読めば書いてあることをなぜ1年かけて解説するのかがさっぱりわからない。そして年に2回の試験を受けるのだが、この解答が返ってこないことなども非常に不思議だったが、どうでもいいという気もした。 あと、京大のだちが数人いたが、彼らの授業がなんか始まらない?4月になっても始まっていないような気がしたのと、あと前期の試験が夏休みの後までない?とか、、、そういうこともなんとなく不思議だったことを覚えている。 分からない、、、という疑問もあったが、色んなことが*ない*のである。当時の日本の大学には(私が分かる限りでは)。 同志社のトイレにはトイレットペーパーもなかった。 なんでや、、、と私は愕然としたが、遅かった。 その足で、学生課に行って(今出川校舎だったと思う)、たのむから紙を置いてくれといったら、考慮するということだった。 だから、今、同志社大学のトイレに紙があるならば、それは私の業績である。1980年代の終わりころの業績だ。 あと激しく分からなかったことがある。 英文科では購読という授業があって、英語の本をちょっとづつ訳して読むのだ。これはフランス語の授業もそうだった。ちょっとづつ当てられて読んで訳すんだけど、このことの意味(意義?)がわからない。 訳がありゃ、それと照らし合わせて読めばすむことだ、、、と激しく思ったのだが、ひたすら訳す授業が次から次へとあるのである。 3回生(関西ではそう呼ぶ)のとき、先生が、「がんばらんと力がつかんぞ」とおっしゃった、、、。 なるほど、力をつけるために、訳しているのか?と感じた。 最終年度の最後のクラスで、英語指導法の先生が、言った。 皆さん、考えることが大切ですよ、、、と。 ええええ、、、、最後の最後でそんなこと言われても困るなあ、、、とまじで思った。 思い切って、英文科の友人に聞いてみた。英文学を勉強するってどういうことか分かる?と。誰も分からんと言ったので、なんとなくほっとした。 言語学の、これまた日本語の教科書を先生が解説する授業があったのだが、これもやっぱり意義が分からん。先生なんで、自分で読んだらだめなん?と。この授業の場合は、授業が始まると私は眠り始め、終わると目がぱっと覚めたのだが、これだけは本当によく覚えている。 日本語の訳を先生がしてくれても、その日本語が分からんという事件もあったが、先生も分かってないんでしょ?と今では分かる。 あ、あと分からんことがもう一つあった。ある先生が、自分がこの分野を勉強している理由は、私の恩師の何々先生が、XXX君、これ君、やってみないかね、、、と言ったからだ、、、と、ものすごくうれしそうにおっしゃった。その後、何回か同じようなことを違う人から聞いたり読んだりした。 え、どういうこと?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.