無意識喉発音状態(私)

私自身の喉にもちょっと変化が起こっていることをここで書いてみます。先週、毎日、自動車で絶叫しながら、LOUDNESSを歌っておりました。120ドルかけて、師匠 ニイハラ氏のかかわるCDをかなり買いました(最新はまだ届いていない)。それにあわせて絶唱しているうちに、喉がきたえられたせいもあるのでしょうか、自分で喉発音をしているときに、喉発音をしているという感覚がなくなってしまった、、、。 

ええええ?

でも、すぐに日本語を口発音してみたら、ああ、やっぱり喉発音しているよなあと確信できます。

つまり、喉が英語を喋っているときは、完全なるネイティブ喉になってしまい、自分が喉発音をしているということも感じられないほど、喉発音になってしまったのです。

一瞬、びびりました。え、俺は、口発音に戻ってしまったのか?というほど、喉発音をしている最中は、自分がやっていることが自覚できないぐらいの無意識喉発音になってしまったのです。

そうなってみると、ネイティブの気持ちがわかる。日本語や韓国語を知らないネイティブに、(つまり口発音という経験があまりない人達)、、、英語は喉だよっと言ってももピンと来ない。え?うーん、そういわれればそうななあ、、、、みたいな。

きっと、帰国子女の人達とかもそうなのかもしれないですね。

喉が当たり前すぎて、喉発音であることさえ、ピンと来ない。

ネイティブが、これまで喉発音を発見しなかったはずだ!

無意識なのである。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

大学で分からなかったこと

大学に入って、なぜ先生たちが本の内容を解説するのかが分からなかった。本を読めば書いてあることをなぜ1年かけて解説するのかがさっぱりわからない。そして年に2回の試験を受けるのだが、この解答が返ってこないことなども非常に不思議だったが、どうでもいいという気もした。

言葉への気づき

「言葉への気づき」ということをテーマに英語教育を考えてらっしゃるかたがたがいる。 どのように英語を教えたら、うまくいくか、日本語と英語をどのように比べたら生徒がよく理解するか、など説明を極めるというもので、これはすばらしいことだと思う。私も、英語喉の観点から貢献できると思った。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.