音のライフサイクルとは

英語喉・ネイティブメソッドが発見したひとつの大切な事項に音のライフサイクルというのがある。音は、一発屋ではなくて、ある程度の発展をともなった展開をみせる。

例えば、Mだとまだ唇がくっついていないところから始まる(この時点ですでに喉はなっているのだ!)。そして、唇がくっついていく。そして、唇が離れたところでもまだ音が続いている。

これまで(喉革命前)、私たちは、唇を離す瞬間のみを練習してきたのである。そのせいか、その瞬間の、つばが飛び散るような勢いがないから、日本人のMは英語のMと違う、、、と思っていたのではないだろうか。

Rの場合は、最初から最後まで同じような音質を伴っているが、それでもライフサイクルをもっている。

これまでは、個々の音が一発屋的な存在だった。パンと一瞬の間に発せられるようなイメージでとらえられていた。だから、音にライフサイクルがあるとはイメージされていなかった。

このライフサイクルの存在によって、これまで理解がされていなかったことが理解されるようになる。例えば、Lは従来の考えでは、常に、舌を口の屋根につけるとされてきた。というのは、その瞬間こそが、Lの本髄であると考えられてきたからである(その発想の結果、Lの発音のためには、舌の筋肉を鍛えるという実践が生まれてしまった)。ところが、ライフサイクルの存在が発見された今、実は、Lは、現れ方によっては、舌が口の屋根につかないで終わってしまうこともあることが発見された。

例えばだが、Lはいつもいつも、口の屋根に舌をつけなければいけないということではないのだ。Lの後にどんな音が続くかによっては、口の屋根に舌が着くまでに終わってしまうことがある。

英語喉においては、MAILMANという例で説明している。Lは、フォロースルーの子音なので、ライフサイクルの途中までしか発音されない(このあたりは、英語喉を読んでいないと分からないかもしれません)。また、その後に続くMとの関係上、舌が口の屋根につかないところで終わってしまう。

従来の説明では、Lが消えると説明されていた。消えるわけではないのだ。Lの前半は発音されているのだから(喉はL特有のルート音をともなって「なっている」のだ!)。

一番ものすごいのは、口や喉をリラックスさせて3ビートをしておれば、この現象は、努力なしに起こる点である。つまり喉発音+3ビートだけで、これまで複雑と思われていた音声現象が全て実践できてしまうのである。 

 

Related Articles

日本語論

主観的だといわれればそれまでだが、皆さんはどう思うだろうか? 日本語は圧倒的に表現が多様だ。英語は非常にシンプルでありえる。 もちろん、わざと多様に使うことができるだろう。言語学者と呼ばれる人には、わざと日常的には使わない表現を、机の上でつくってみて、ね?言語って多様で豊富でしょ、、、とみせるひとがたくさんいるが、そういうことではない。 例えば、THIS IS TASTYは、アメリカでもイギリスでもオーストラリアでも同じ表現だ。ISが他の言葉にならない。ところが、日本では地域によってちがうし、また時と場合によっても多様だと感じる。 私の仮説はこれである。日本語は、感情を移入するのが難しい言語である。口発音だから、平たい音しか出しにくいので、悲しみ、楽しさ、うれしさ、色んな気分、、、を音色に託すことが出来ない。例えば、笑いながら日本語を喋るのはやや難しいので、水戸黄門のように、セリフを言い終わってから、わははということになる。 ところが、日本語以外の多くの言語は、喉発音なわけだが、感情がすーっと音色に出る。悲しそうな声、楽しそうな声、、、。 だから、感情のニュアンスを語彙で表す必要性が低い。 よくREALLYという言い方にも5種類あるとか言って、学者と思われる人達が、音程によって意味をとろうとするが、実は、音程以上に、喉発音の音色で人類は色々な感情を表している。 だから、実はREALLYの発音の音程パターン、イントネーションがこうだったら、こういう意味ということではないのだ。 あるいは、MUSTとSHOULDの違いは、こうだ、ああだ、と日本人が定義する。しかし、実は、紙の上で、辞書長で定義できる違うよりも、より大きい度合いで、その単語が発せられたときの、声の音色というのが意味に関係してくるのである。 私はつい最近まで、その声の音色というか、こめられた感情を無視したまま英語を聞いていたように思う。 その結果、例えばだが、アメリカ人が命令形で何かを言うと、意味なく、腹がたつことがあった。しかし、同じ、例えばOPEN THE PAGEでも、音色を聞いていると、それが、かならずしも命令ではないということに気づいた。 一方で、日本人は、やれ、動詞の現形の前にYOUをつけたら、丁寧になるだとか、PLEASEをつけたら、こうなるだとか、そういうことを考えてきたのだが、それは、口発音だからこそ、感情が声に入れにくい言語を持つ話者の発想ではなかろうか? 実際、スペイン人、スウェーデン人などはそのような細かい文法論議をしていない。 日本人とアメリカ人の表情を見ていても、日本人のほうが、圧倒的に、表情が豊かである。例えばだが、私の会社のカフェテリアは、韓国人が経営している。なにかが切れていると、その女性が、苦しそうな表情で(あちゃーって感じ)あやまってくるが、これは日本でも同じだと思う。一方で、アメリカ人の人達は、ぼーとした顔で働いている。 日本人は、お互いがいきいきとした顔をしていないと、納得しないところがある。だから例えば私が行った小学校では、挨拶運動というのがあり、毎日、毎夕、いきいきとして、笑顔で挨拶をしなれけばならなかった。 それは、口発音なので、感情を言葉の音色自体に入れにくい、、、だから、顔の表情でフォローするという習慣なのではないだろうか? 私は自動車で音楽を聴いているときに、長調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは明るい音楽だなと勘違いする。単調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは暗い悲しい音楽だなと勘違いすることがある。 ところが、ジョニーキャッシュなどの音楽を聴いていると、長調なのに、実はとても悲しい歌詞であることがある。あるいは、ボブディランでもそうだ。 長調なので、日本人的な感覚では、明るい歌と勘違いしてしまうが、歌詞は悲しいし、よく聞くと声も悲しいのだ。 代表曲はこれだろうか。ボブディランの歌だ。 http://www.youtube.com/watch?v=RZgBhyU4IvQ これまで、世界で日本人が理解されにくかったのは、声に感情を込めることができないからではないか? ネイティブは日本人の英語に抑揚がないと言うとき、それは実は音程のことをいっているのではなくて、感情がないと言っているのではないだろうか???? それを勘違いして、日本人は音程を極端にしたり、強く読んだり弱く読んだりしているのではないか?

新しい文化論を 廊下を走らない

なぜ私は走るのか、、、について考察を昨日行った。断定調で書いてあっても、ぜひ、出発点(=仮説)として読んでいただきたい。 ちょっと頭の奥にある昔読んだことを紹介したい。それはフーコーだったか、ウェーバーだったか忘れたのだが(いずれにせよニーチェの影響を受けた人だったことは確か)、西洋の軍隊がある歴史の一時点から、遠くから見ても兵隊に見えるような一挙一動をはじめたという点だった。 つまり我々の一挙一動には歴史性があるということだ。歴史性があるといういいかたは、簡単に言うと、当たり前ではなく、大昔からあるわけではなく(国家の近代化とともに生まれた、、、という視点が多い)、将来もあるわけではないということだ。歴史性があるならば、一体、それがいつどのように始まったのかを問いたいものだ。 私はなぜ走るのか、、、から「私たちはなぜ走るのか」に飛躍するさいには、本当に、それが私だけのことでないのかを確認する必要があるのだが、このあたりは、間違うことがあるかもしれない。 私は、例えば、何人(なにじん、、、国籍のこと)とラーメン(というか、ベトナム系の麺のFO)を食いに言っても、いつも一番先に食い終わってしまう。これは私だけのことなのか。そもそも、出発点が違う。他の西洋人(アメリカ人以外も含む)は、まずは、麺とスープが冷めるのをしばらく待っているのだが、私はかまわず、熱い麺・スープを口の中にほおりこむことができる。そして、なんと口のなかにおいて、麺、スープの温度を冷ますようなものすごいテクニック、スーパーポンプ口(以前紹介ずみ、、「ぽんぷろ」じゃなくて「ぽんぷぐち」ですよ)で、食っているように思う。 このことを指して、なぜ「私たち日本人はラーメンを早く食えるのか」と言ってもいいものだろうか。もしかしたら、私だけかもしれない。このあたりは、できるだけ確認する必要があるだろうが、なんとなく、あっているような気がするので見切り発車で書いてしまうかもしれない。 ま、とにかく「なぜ私たちは走るのか」という問題にかえりたい。この大問題を考え出して思い出したことがある。それは小学校のときに、「廊下を走らない」という鉄則があった。鉄則だが、つねに意識的のなかでこの鉄則が再生産されるようなメカニズムがあった。 班というシステムがあり、クラスが5つぐらいのグループに分けられていた。そして、今週の目標、、、というのを決めるのだが、そのときにネタがないので、「廊下を走らない」とかいう目標を決めるわけだ。 「釣りにいかない」とか、「ペンを落とさない」とか、わけのわからん目標を決めたこともある。あ、それはどうでもいいことだ。ポイントは、廊下を走らないということがいつも我々の意識にあったということだ。 廊下には、「廊下を走らない」という張り紙があった。 海外でも存在するのだろうか。このあたり、ちょっと調べてみたい。もしかしたら、我々日本人の屋内と屋外に関する「けじめ」という感覚を深く理解できるようになるかもしれない。 このトピックは全然、英語発音と関係ない、、、ということはない。私は、今でも、廊下で喋っているときに、声が小さくなってしまい、ネイティブにWHAT?と聞かれてしまう。これは、何か屋内、屋外、廊下、、、というものになんらかの文化的ルールがあり、なぜか私の声を小さくしてしまうように作用するからである。そのあたりを根本的なレベルで理解する必要があるのだ。 ちょっと気になったのでGOOGLEで「廊下を走らない」を検索してみた。すると、非常に関連性の高いトピックがHITした。ところが、英語でやってみると、全然、ひっかからない。表現がまずいのだろうか。Don’t run in the corridorでやってみた。というか、表現として、これだ、、、というのが存在しないのか。 日本のGOOGLEではこんな感じだった。 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BB%8A%E4%B8%8B%E3%82%92%E8%B5%B0%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84&lr= ちなみに、ランクの高いものから少し紹介すると、、、   「子ども達が廊下を走らないようにする指導」は学校の永遠のテーマの一つです。 なぜならば、「子どもは廊下を走る存在」だからです。 だからといって、そのままにしておいて良いわけがありません。 廊下を走れば危ないのも事実なのです。…

常識とは何なのか?

常識とは何なのかと激しく思う。 というのは、普通の英語の発音の本は、必死こいて口の形を練習するのだが、これは非常に常識的だ。しかし、口を動かしたら、舌の筋肉がもりもりついて、こんなに英語の発音が上達しましたという実践者からの報告(音声付)が、こんなにネットが発達した現在、1ページもないような気がする。まるで屋久島の幻の動物のようだ。 さて、英語喉においては、英語喉出版3年たって、私は変質者のように、「非常識」と思われることを書いている。例えば、英語の習得において、アクセントの位置は、些細な問題ですと説明しているが、これは、あまりに過激なことだろう。だって、日本列島全土の善良なる中学生、高校生諸君が、アクセントの位置を暗記しているからである。そんなことが本当だったら大変なことだ(本当なわけだけど)。 しかし、3年もたてば、確実に理解してくれる人が現れてきている。これまでは、そこからがつながらなかった。DCでいくら教えて、成果を上げても、成果を上げた人達が今度は疑われる立場になる、、、のかな?でも、やっとここにきて、「XXさんから紹介されました」という人が結構、出てきた。 毎週土曜日に、4人づつ国産ネイティブ化させてもらう。 となると、1ヶ月で16人。1年で192人。米国の首都にいる人達は、科学者、弁護士、お医者さん、(日本の)政府関係の人、、、が多いのだが、そのうち、日本にも伝わるだろう。それぞれ、英語がまず聞こえないと話にならないという人達だ。だから、「XXXさえできれば、十分」などと言っておれない。まず聞こえないと話にならなし、通じないと話にならない。 国際結婚をされているかたも多いが、子供さんがアメリカ人として育つうえで、英語喉のことを知っておいておらうと、バイカルチュラルな教育ができるのでは?などと考えたりする。昔、私の知り合いで、アメリカに住んでおられたのだが、「子供をアメリカ人にしたくない」ということで日本に帰国されたかたがいたのだが、「アメリカ人のように」という感覚は、あのリラックスした態度、姿勢のことだったのではないだろうか? 英語喉をやれば、日本人にも、またアメリカ人(というか無国籍人?)にも、なれる、というか、使いわけることができる。 この使い分けができるというところが良いのではないかな。 同志社のときに、一人、帰国子女で、日本語を喋っていても、英語の地名などを言うとき、ネイティブ発音になる人がいたのだが、その人は、表情が完全にネイティブ化していた。名前など忘れてしまったのだが、元気かな???たぶん、海外生活が長かったんだろうなあ。 私は1968年生まれなのですが、大学のときに、帰国子女がとても多かった。時代的に、70年代ごろに、企業がアメリカに進出していたんでしょうね。 常識とは? あ、天満さんが、発音セミナーをされるとのことです。 はやいもんがちですな。 http://processeigo.seesaa.net/article/160542551.html さて、笑えた動画があるので、紹介したい。 http://www.theonion.com/video/in-the-know-are-tests-biased-against-students-who,17966/

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.