Skip to toolbar

ブルブル凧

英語喉・ネイティブメソッドに現れる概念(実践)は色々あるが、全てが大切なものだ。ひとつも無駄なものはない。とはいえ、ああ、これ、もれてなくてよかったなあ、、、と実感するものの一つがブルブル凧だ。

音声ファイルを送っていただくなかで、有声音(振動音)のTHが出来ていない人がいない。これは、ブルブル凧のおかげだ。

最初の最初の実験者さん(苅谷先生以前)のTHがDみたいになっていた。なぜ舌を歯と歯の間にはさんでも、Dみたいになるのか、、、、謎解きである。ブルブル凧のコンセプトがなければ克服できなかったことだろう。 

THは舌の動きが日本語にない。したがって、舌を動かそうとすると、どうしても力が入ってしまう。これが、日本人にとっての最大の問題なのだ。ブルブル凧のコンセプトをしっておれば、THのときでも、どんなときでも、舌に力が入ってはならないことがわかる。難しそうだが、いつもそうしていなければいけないという一貫性のあることなので、実は、気がついてみると簡単だ。

「舌を動かす」と書いたが、私自身が英語を喋るとき、舌を動かす必要もないような気がする。だって、すでに舌は歯の付近にどてーんとふてぶてしく横たわっているのだから、動かすといっても、そんなに動かす余地もない。

(そういう意味でも、従来の「舌の筋肉を鍛える」という考え方には同意できない。筋肉を鍛えるって、どこの筋肉だろう。)

Vもブルブル凧だ。これまでかなり誤解されてきた。Bに激しい摩擦(上歯と下唇のあいだ)を加えるとVになるという信仰のようなものがあるが、実際は、Vに大切なのはブルブル凧である。微妙に違う。できるようになると、VとBの違いって、結構、微妙だなあ、、、と実感する。喉革命以前の日本人が、ふつう思っているような違いではないように思う。

やっかいなのは、日本人学習者がネイティブの先生にVをやってみてくれと頼むと、そうすれば、分かりやすいだろうという親切心から、おおげさに、摩擦を起こす。この親切心こそが、英語喉がこれまで発見されなかった理由だ。

摩擦しているように聞こえるVの音は、空気と皮膚がすれる音というよりも、ブルブル凧の音だ。

Related Articles

周波数の話はやはり変ではないだろうか?

先日、周波数の話になったが、周波数の分布の様子が、言語によってことなる可能性はあるが、周波数の高さが英語のほうが高いというのは、どう考えても 変(へん) であろう。いや、低いというのはおそらくあっている。だって、どう聞いても日本人の声は高いし、ネイティブの声は低めだ。もっと正しい言い方をするなら、口発音でしゃべるとどんな言語でも高めで平たく、またCHOPPYだ。逆に、喉発音でしゃべると低めになるように思う。だからと言って喉発音だと高い音が出ないということではないが、会話のときの普通の声は口発音に比べると低めだ。 英語と日本語で周波数が違うという話は、どこをたどっていっても、いんちきくさい引用にとどまっていて、いつまでたってもデータを使っていて、PEER REVIEWのついた学術論文にたどりつかない。 ごちゃごちゃいうまえに結論を言うと、周波数がどうのこうのというのは、そういっておけば、信憑性が高まるかも?科学っぽいということだけでしょう。脳がどうのこうのというのと同じレベルの話だと思います。 さて、英語の日本語で周波数の分布の様子が違うということ自体はありえるのであるが、 だからどしたん? ということになる。 OH MAH MAH氏が教えてくれたところをさぐるとLとRの違いの周波数の分布の違いという話になる。が、ここでよく考えてみよう。論理が破綻しているのが分かるだろうか、、、。 http://atrcall.jp/atrcall/study/index.html 1、LとRは日本人には聞き取りが難しい(英語喉をやっていない場合) 2、だからその違いは周波数の分布の違いにあるにちがいない(ネイティブのLとRを比べると分布に違いがあった!)。 3.で、それで、ほらねと納得。 さて、なにが論理破綻かというと、LとかRの選択に問題がある。LとRは日本人が近いと思っているだけで、西洋人にとっては、全然違う音であるし、発音が難しいということではない。 では、日本人に聴き取れる音はどうだろう?たとえばBとS。これは完全に聴き取れる。日本人でも。 それでは、BとSの周波数の分布が同じなのだろうか?そりゃ違うと思う。でも日本人にはBとSの違いは聴き取れるでしょ。 LとRは日本人は聞き取れない。分布を見た。微妙に違う。その違いを聞いてないのだから、日本人は聞き取れないに違いない。  BとSは日本人は聞き取れれる。分布を見た。微妙に違う。あれ、違うのに聴き取れるのはなんでや? 周波数の分布が同じだったら聞き取れて、違ったら聞き取れないという仮説を立証するには、この二つのグループの音を見ていかないといけないだろう。日本人の聴き取れる音のペアとそうじゃないペア、、と。 なんか、それらしき説明もあるが、意味がよく分からない。 以下は、三羽四郎二郎氏が整理してくれている動画集の一部であるが、私自身がLとRの解説をしている。英語喉をやっていようといまいと、この動画をみれば、瞬間的にLとRの違いが分かるようにあるのではないだろうか????  http://www.youtube.com/watch?v=YRLKpNvPo94…

sとth(無声音)、zとth(有声音)の聞き分け

>ただ「機関銃」でsとth(無声音)、zとth(有声音)の聞き分けが難しいです。 確かに自分でも発音の言い分けが出来ません。(あきひろさんのこめんと) 色々コメントありがとうございます。とりあえず、これをコメントさせてください。 SとTHですが、I WAS THINKINGとネイティブが言うときに、あれ、あのTHって、自分の口発音時代の感覚だと、THがものすごくSに近く聞こえるなあと思うことがあります。おそらく、THの直前の音であるZや、その直後のNのハザマで、そういう風に聞こえるのでしょう。ところが喉発音をしている自分にとっては、やはりSと全然違う。絶対にI WAS SINKINGと間違えることはない。 口発音時代は、SとTHの違いは、口のなかの違い、それも口先のほうの違いと思い込んでいたのだけど、その感覚で聞くとTHもSも同じように聞こえることがあるということだと思います。 おそらく、あきひろさんは、まだその感覚が抜けないのかもしれない。 このあいだの録音のとき、Vの発音のお手本を私自身がやりました。機関銃の74ページ、CDのトラック34です。日本人がやりがちなVとネイティブのVを連続して録音したものです。 ところが、ネイティブのVをやったら、監督していたジーナからのOKが出ないんです。Vじゃなくて、Fに近くなっている、、、と。ブルブル凧音をもっと意識してやってOKがでました。 そもそも、アルファベットの個々の音(アルファベットの名称じゃなくて、、、例えばRをアールって感じじゃなくて、うーーーと読む事を指す)を言うことってあんまりないですよね。特にその音だけを録音するとなると、自分の感覚で、これがVの核だと思う音を出すわけです。で、たまたま、口発音時代の感覚で、Fの有声音みたいに認知していたから、なぜか、(1)空気をおもいっきり出すこと+有声音で対応していたみたいです。ところが、(1)の部分が強調されて、意図しなかったんだけど、F的な音になっていた。 ネイティブは、Vの音の書くとして、ブルブル凧音を期待するようです。風の摩擦ではなくて。 ちょっと、録音してみました。 最初のほうは、口発音時代の感覚のせいか、吹き抜ける風がVの核に違いない、それが有声音ぽかったらいいんだ、、、という(無意識ではあるけれども)感覚で、発音したV そのあとは、本物のV。ネイティブがこれこそVだ!と思うVです。 www.estat.us/blog/v_kaku.wav 違いわかりますか? そういえば、口発音の感覚でVを聞いていると、確かにVとBの違いが微妙なことがあります。私自身が、動画をとって、HELLO EVERYBODYとよく言いますが、そのEVERYのVのときに、あとで見てみて「あ、これ口発音の感覚で聞いていたらBに聞こえるなあ、、、勘違いして、Vが発音できていない!とか思われないかなあ、、、、でもこれは確実にVの発音なのだが、、、、と心配することがあります。 それぞれの音の核になる音色がわかって、はじめて、その音が聴き取れるんでしょう。だから、私はI WAS THINKINGと聞いても、THの核とは何かが聞き取れているからSと間違えない。その核の音色が何かのか、、、という視点で、もう一度、英語喉のSとTHのセクションを復習してみてください! おもうに、従来の教材は、日本人が思うところの違いというのを強調して練習させます。するどさとか、そういうところを練習させるわけですが、そういう練習をすること自体は、英語に触れる時間が長くなるという意味で、副産物的に、英語力が向上するとは思いますが、ますます、聞き取りが違う方向に向かってしまい、逆効果となる部分も大きいと思います。 音の本当の音色の違いは何なのか?…

わが国の教育にはメソッドがないのか?研究はある?

仕事で、「読み」を教える教育の評価研究論文(アメリカのもの)を、かなり読んでいる。80年代ぐらいからの論文をたくさん読むのだが、その研究の多様さ、量の多さに驚かされる。例えばだが、文の箇所を括弧にしておいて、その中に何が入るかを想像させるという教え方があれば(CLOZEと呼ぶ)、それが実際に生徒の読む力につながるのか?という研究論文がある。実験をつかって実証し、効果がなければなし、あればありと結論づけるのだ。私は統計とか実験を専門としているので、メソッドに問題がないかとかをチェックして、その研究に信憑性があるかを評価している[具体的にはこれをやっている http://ies.ed.gov/ncee/wwc/)。 日本にも、そういうのはあるのかな?いや、ないような気がする。国語の時間に何かメソッドを使ったというような記憶がない。そもそも、国語の時間に何をしたか?という記憶がない。 なぜにないのか?教科書があって、国全体で統一してやっていると、どうやって教えるかというメソッドが育ちにくいのだろうか? 論文(アメリカのもの)をたくさん読んでいると発達心理学の理論を応用したような教え方を実際に試し、その効果を統計的に数値化している。そんな論文が山のようにある。あ、そういえば、そういう実験を実際にやったこともあった。これは、教師が受ける研修が、生徒の学力に影響を与えるかという実験だ。 http://www.mdrc.org/publications/499/overview.html さて、こういうことを思い出したのは、先日、英語教育学の先生達が小学校での英語教育導入を批判して、「早めに教えれば効果があるという証拠がない」と書いていたからだ。実際、そういう研究の蓄積があるのだろうか? 「小学校での英語教科に反対する要望書」http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/eigo/kosaka.pdf 文科省としては、そういう発言にびっくりしているのではないか?だって、言語を学ぶ上で臨界期、つまりこの年齢以上となると習得が難しいと言っていたのは、応用言語学者であるからだ。急に、証拠がないと言われて、えーー?とびっくりしているのではないだろうか? そういう意味でも、英語教育学者は、年齢と言語習得に関する研究の知見(国内のもの)を大いに、我々に伝えるべきであろう。例えば、小学校の学年別に同じ英語の授業をする。そして結果を見る。そうすれば、年齢、学年と語学の習得の関係が分かるはずである。リスニングの能力などの結果があれば面白い。あるいは、1年生レベルであれば、本人が喉で日本語をしゃべっているか(甘えたような声)、口でしゃべっているかも考察すると面白いだろう。 すでにそういう研究はあるはずなので、ぜひ紹介を願いたい。 証拠がないのか?研究がないのか?研究はあるはずだと思う。どう考えても。だって、小学校英語導入がさわがれて時間がたっているのだから、テーマとして大切なものはデータが集められ、経験研究がされているはずである。 ありゃ、もう一回読んでみたらこう書いてあった。(「小学校での英語教科に反対する要望書」より) 「日本における英語学習のような外国語環境における学習に関する括弧たる理論やデータは存在しません。」 はあ?研究してないの????  文部科学省も委託研究とかで学者に頼んでないといけないよね。国立教育研究所とかもあるし。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. >(そういう意味でも、従来の「舌の筋肉を鍛える」という考え方には同意できない。筋肉を鍛えるって、どこの筋肉だろう。)

    同意する・しないはご自由ですが、舌はほぼ全部が筋肉ですよ。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%8C

  2. 喉を執筆中から感じていたんですが、舌をA地点からB地点まで動かすという発想がありますよね。これは、ある程度、指導に大切だと思うんです(あ、そうでもないかなあ)。ところがです、、、。例えばLの時に舌をつける、、、と聞くと、舌が寝ているところから、屋根につくまでの動きを練習する、、、という発想になってしまうわけだけど、、、、実はそんなおおげさな動きは必要ではないんです。

    例えば、今こうして文章を書いている私の口の中にある舌はすでに、口の屋根についてしまっています。だって、口の中ってむちゃくちゃせまいし、舌は結構、でかい。だから自然と屋根についてしまっている。

    だから、舌を口の屋根につけるって、そんな大仕事じゃないんです。

    でも、従来は、そのことを大仕事ととらえて、練習がいる、、、としてきたわけです。筋肉を鍛えろと。

    THだって、同じ。すでに舌は歯に非常に近い位置にある。ほとんど動かさず、その場でTHの音は出せるんです。

    THは舌をこうする、、、ということを今までは言ってきたわけです。舌を動かすといっても、実際は、口の屋根あたりをなめる程度です。その行為自体は簡単なのに、なぜか、言われていることをやってもTHの音がでなかった。それは喉を忘れていたからです。見えないものだったのです。西洋人の言語学者にとっては、あまりにも当たり前すぎて、喉は観察の対象にならなかった。

    自分自身の口のサイズ、舌のサイズ、自然にしているときの状態などを、冷静になって、観察、考察してみる必要があるのではないでしょうか?

    以上のことが解明されるためには、誰か一人が(日本語話者で英語ネイティブじゃない人)が、THやLの発音ができてみる必要があったわけですが、これまで誰も到達できなかった。

    ここで、哲学でいうところの言語ゲームのような状態が生まれていたわけです(ビトゲンシュタインだったかな?)。昔読んだ本で、社会学者、橋爪さんがいっていたけど、禅の世界だったか、誰も、悟りに到達してはいけない、、、という暗黙の決まりがあった。悟りに到達することが目的でありながらも(禅だったと思う)。だって、誰かが悟りに到達してしまったら言語ゲームは終わりだからです。

    英語喉で、口から喉への移行さえ成功すれば、誰もが、ネイティブレベルの発音と聞き取りを達成できるようになります。ですから、これまでの言語ゲーム(=言説形成)を見直すいい機会だと考えます。

    私自身は、ネイティブと殆ど同じ発音ができると言っているわけですから、これは、従来のおきてをかなり逸脱しており、どうしても批判を受けてしまいますが、ぜひ、多くの試していただくことで、実感していただきたいです。喉発音をはじめてないかたには、なんて傲慢な、、、と思われるかもしれません。「ネイティブ発音とはなんだ」、定義は?と思われるかもしれませんが、自分で喉ができて、音が聞こえ始めると、それどころではなくなります。

    英語が単なる道具になるのです。これは、日本人以外の殆どの外国人にとってはふつうのことなのです。英語が真の意味で単なる道具になります。