英語の覚え方 やっぱり使うこと

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、メールくださいね(詳細はメニューのほうにもあります)。

昨日、ぼけ~~とテレビで旅行番組を見ていたら、次の熟語が使われていた。

NEVER FAILS TO +動詞の現系

かならず~~するということだ。ビーチの紹介だったから、YOU NEVER FAIL TO ENJOYとか、そういう文だったのかもしれない。

大学受験で暗記した熟語だ。英語喉をやっていない人達、あるいは英語が不得意な人なら、あ、やっぱり受験で覚える表現は大切だと来るだろう。

実際は、この単語を覚えたのが1985年のことだ。実際に使われているのを初めて聞いたのが2011年ということになる。26年たって初めて出てきたのである。

実際に、会話に出てきた基本表現を、自分でも使ってみながら覚えるのがよいと思う。しかし不思議なもので、本当に英語を使っている人は、基本的な表現だけ覚えようと思っていても、おもわず難しい表現さえ覚えてしまうものだ。

楽しいときには、覚えやすいということらしい。テレビで言っていたけど、昔のことでよく覚えていることって、楽しかったことが多いらしい。なんでもアナドレリンとかいう物質が脳から放出されているときって記憶に残りやすいそうだ。

さて、本日は、くっちゃんと喉やんが、非常に基本的な表現を使って会話をします。今日の表現は英語喉の222ページの6つの表現です。

I see.

… you know?

You’re right

Guess what?

Are you serious?

You know what I mean?

[audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_08_2011.mp3|titles=kaz_08_08_2011]

直リンはこちらをクリック

 

さて、MASAさんがMASA RADIOでも喉太郎と口太郎を紹介していますよ~。

http://audioboo.fm/boos/433660-nodotaro-radio-1-talking-to-kuchitaro-o

Related Articles

練習方法としてのクッちゃんと喉やん

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、メールくださいね(question AT estat.us)。詳細はメニューのほうにもあります。 MASAさんとリトアニアのヨビタさんの会話がいい感じだ。からみつき度が高い。お互いがお互いを確実に一語一語理解していて、会話のキャッチボールが成立している。 http://audioboo.fm/boos/433393-masa-radio-73-talking-to-jovita-from-lithuania?force_mobile=false さて、さらにMASAさんのうちでは、口太郎と喉太郎が風呂掃除をしているらしい(爆笑)。 http://audioboo.fm/boos/433660-nodotaro-radio-1-talking-to-kuchitaro-o MASAさんが喉発音で喉太郎、口発音で口太郎を演じている。 しかし、これは単なるエンターテイメントではない。口発音と喉発音を演じるということは、両極端を演じなければならないということだ。喉やんをやっているときに、口発音はゆるされない。その逆もそうだ。 日本人は、普通に喉発音していても、やや甲高くなりがちだ。だから、喉やん、喉太郎を演じるぐらいの音程、響き具合がちょうどよい。 MASAさんも、喉太郎を演じているぐらいの音程と響き具合、落ち着き(?)がよいのではないだろうか? 日本人なので、喉発音をしていても、甲高くなりがちなのは、メカニズムがある。特に日本人同士で話していると、テンションがあがってくるのだ。テンションをあげることで、お互いに尊敬を払っている、お互いを認識しているということではないだろうか? 英語では、テンションを上げるとしても、それは喉音の深さを保ったままで、やらないといけない。 上に上がりそうになっても、がまんして、そのまま響きを保つのだ。 しかし、クッちゃんと喉やんを演じて学ぶものが多い。クッちゃんがテンションが高いので喉やんもつられてしまう、、、というか、リラックス度を保とうとすると、声が小さくなる。今日は、もっとがんばって、両方、ちゃんとできるようにしてみたい。ただし、全てがアドリブ、録音ボタンを押してからの思いつきなので、一回しか取らない。どこまで成功するかな? 皆さんも、この一人二役で練習してみてください! 今日の英語講座の表現は、YEAH, RIGHTです。英語喉223ページにある表現です。皮肉です。はいはい、そうですよ、、、という意味です。発音は Y_-Ia_u_-#/r_-AI-T あれ、今気づいたけどYEAHって非常にイレギュラーな発音ですね。でも、そういえば、それは本の執筆中にジーナが指摘していました。単語、表現というより、喉の音みたいな感じかもしれませんね。うなづくときに言うア~ハ~とかと同じで。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_09_2011.mp3|titles=kaz_08_09_2011] 直リンはこちらをクリック。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. どうしても難しい表現を覚えよう覚えようとしてしまいます。
    そうじゃないと中上級者じゃない!と言う脅迫観念がいつもつきまといます。
    I tend to focus on difficult expression as an advanced learners.
    Otherwise, I have been learning it for nothing.

  2. な~るほど。でも使いながらやると、自然になると思いますよ。無駄になることはないのじゃないかな?実際に使ってみて、使い具合を確認してみたらどうですかね。

  3. くっちゃんと喉やんシリーズすごく好きです(笑)  くっちゃん、少し前の自分のようです… NHKの英語シリーズに出てくるワンちゃんもこの感じ。くっちゃん率って高いです。
    本当に似ている。日本人の話す英語、言い回しまでそっくりでパロディのようです。「えーっと〇〇はこういう意味だから」とか日本語の独り言が入ったりとか、あー、あるある、という。あと、照れからか「ね」を最後につけるパターンもよくありますよね。”I went to Kyoto ね”と、いちいち「ね」を挟んじゃうっていうのもよく耳にします。

  4. ヨッシーさん、もうちょっと本格的に似せてもいいですね。でも、思うに、本当に英語がまだ初心者の人の英語は、本当に日本語みたいなニュアンスがあると思うのでたまにやってみます。

  5. これは、よくできていますね!すばらしいと思いました。

    私の場合、なぜかクッチャンのペースに巻き込まれてしまうので、喉やんをもっといきいきさせたいと思っています。