Skip to toolbar

一人一人、少しづつ

この1年ぐらいフェースブックやTWITTERで英語喉の存在を知っている人が増えていると思うが、それは存在を知っているということであって、実際に革命を経験してくれたということとは程遠い。その難点は、

1.ゲップエリアに到達できない場合に、意味が分からない

2.聞き取りが向上しない人がいる。

1に関しては、もともとの方言、喋り方の関係上、声帯を力ませずに喋るということが想像を絶するほど難しいということ。これについては、私は実は理解できる。歌となると、私自身声帯が力んでいた時期が長くあり、どんなにがんばっても無理だった。しかし、深呼吸を利用すること、特に、空ぶかしで練習することをやりだして、ついに、歌いながらでもリラックスできるようになったように思う。

この経験から分かるのは、どんなに練習しても、本当に脱力していないと練習の意味がうすいということ。練習するから、脱力ができるようになるというより、本当に自分の体を理解し、脱力できて始めて、できるようになるということだと思う。

剣道で分かるが、大人になって始めた人は、何年たっても脱力が難しく、いつまでも肩に力が入ったようなフォームを続けている。

これは人が言うことではないが、本当の意味でまじめにやっていない。どんなに力を抜けと言われても抜かない。それはたぶん、大人だから、人の話を聞いても、言われても本気にしていないからではないだろうか?

脱力のためには、発想の転換がいる。犬や猫を飼っておられるかたは、観察してほしい。動物はリラックスが得意だ。

うちの犬に、長いあいだ噛むためのえさ?トリート(豚の皮みたいなやつ)をやると長時間かんでいるが、よく見ると、その皮が喉の奥まで入り込んだままでかんでいる。ほとんど胃袋に入っているんじゃないか、、とも思えるが、たまにまた出してきて、噛んでいる。

日本人だと、喉にちょっと異物がはいると、げろっとなるところだ。

これは犬の喉はリラックスしきっているので、皮(食用)を自由自在に出し入れしては噛んでいるようにみえる。

さて、もうひとつの難点の2だが、英語喉をやっていても、革命的な聞き取りの瞬間が訪れない場合、また、これも発想を転換してほしい。本当にゲップエリアで発音しているだろうか?ゲップエリアの音を体感できているだろうか?従来のやりかたも少しぐらいは正しいと思って口先でやっていないだろうか?

音程を無視して音を聞いているだろうか?

ネイティブ同士の会話は分からなくて普通と思い込んでいないだろうか(それはオカルト的発想ですw)?

ネイティブ同士の会話が分からないということは、それは英語力がゼロだというぐらいの厳しい態度で臨んでほしい。せっかく英語を勉強しているのだ。ネイティブが日本人用にゆっくり話している英語だけで、このまま進みたいですか?それとも、普通に英語が海外の人と喋れるようになりたいですか?

まず、一度、赤子の気持ちになって、取り組んでいただきたい。

喉PROJECTのおかげで、一人一人大切に喉的成長を見守りたいという気持ちが強くなってきました。

Related Articles

英語教育に関する日本人の幻想

日本人が英語教育と称してやってきたことの多くは幻想であった。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 例えば、今でさえ、中学高校生は単語のアクセントの位置を覚えている。センターテストでは、強く読む語を問われる。ネイティブにその質問をしても、とまどうのだが、実は、こういう強く読む、弱く読むというのは、 1.誰でもできる 2.暗記できる 3.試験形式にできる 4.人数が多くも教えられる から、大切だと勘違いされてきたのである。 もうひとつの勘違いは、熟語が存在するという勘違いである。日本では熟語集と称して、多くの熟語を覚える。日本語には4字熟語というのがある。日本語にもあるから、英語にもあるという発想である。 しかし、英語には熟語が存在しない。さっそく、それでは、VOICE OF AMERICAの記事を見てみよう。 BANGKOK – Burma’s democracy leader, Aung San Suu Kyi, is leaving the country…

チャブロックマック琉球学園 ナオキ屋氏 またしても快挙

KATSUさんが、BLOG、英語喉物語にて、紹介されておりますが、<http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/archive/20120118>、FM読谷(よみたん)で放送中の、チャブロックマック琉球学園にて、 パーソナリティーのナオキ屋氏が、アメリカ人のマイクさんをゲストに英語で放送をされているのでした! KATSUさんの紹介を引用しますと、 日本のラジオ番組で唯一「英語のど」のコーナーを持っているFMヨミタン「チャブロックマックの沖縄琉球学園」 昨日の番組では、パーソナーのナオキ屋、そして助っ人の鶴亀堂ぜんざいのヒデキさんと一緒に、アメリカ人のマイクさんをゲストに招いてかなり盛り上がっています。(ナオキ屋とは中学校からの友達^^) 引用終わり しかし、おもしろいですね~~~。ナオキ屋さんとマイクさんの会話がむちゃおもしろい。まじで大爆笑しました。25分あたりで、ナオキ屋さんが、「日本人のガールフレンドをつくるなら、、、」なんて、マイクさんにふったら、「うちの嫁はんが、ゆるしてくれるのならですが、、」みたいな、オオボケをかまし、ボケまくりの発言を連発し、それを受けるナオキ屋氏の受け答えが、また、面白かったです。 http://www.ustream.tv/recorded/19820668 というわけで、ついに、日本で、帰国子女じゃない日本人が、ネイティブを普通に相手にする番組が登場しました。 なんか、マイクさんが、むちゃくちゃ突っ込んでますね~。 日米の歴史においても、珍しいことですね。ついに、帰国子女じゃない日本人が、アメリカ人と、ボケとツッコミの応酬している。日米史上、初めてに違いない。 ナオキ屋さん、We ARE SO PROUD OF YOU! Mike, you are so funny. Please keep asking tough questions to Naoki-ya!

月に2回のベトナム出張 アメリカにいながらにして

英語喉SKYPEセミナーに興味のあるかた、ぜひご連絡ください。詳細は、上のメニューのところから見てください。以下は、土曜日の夜のボランティア(無料)15分SKYPE講座です。 http://www.doodle.com/cmyr2xc7vnyd5dci ついに、フラットトップにするのは、これで4回めになった。 この切れ味がやめられない。髪の伸びるのが速いために、2週間たつと、ただ単なるボウズ頭の髪が伸びた感じになってくる。すると、どうしても、床屋に行ってしまうのである。理髪料は13ドルと安めな点も魅力だ。 この髪にする前は、韓国人と間違えられることが多かった(ちょっとオバサン的な髪の雰囲気)。この頭、フラットトップにすると、フィリピン系の兵隊っぽくなる。ちょっと髪が伸びだすと、(私の勝手な印象だが)微妙に中国人っぽくなる。実際、アメリカに住んでいる中国人男性の若手の技術者系は、そういう感じの髪が多いような印象だ(長めのボウズ頭っぽい)。 自分がどちらかというと技術者系であるために、軍人系のほうが、かっこよく感じるので、フィリピン系軍人っぽい度合いが減ってくると床屋に行きたくなるのである。 さて、昨日も、いきつけとなったアンディーズバーバー(なんとかっこいい名前だろう)に、アポなしで突撃。ベトナム系の若い衆が2回しか行っていないのに、お、日本人の人がまた来たぞ~という感じで、その場が騒然とするのである。 日本はどうだったか?その髪型への反応はどうだったか~?と聞いてくるのは、第1回のときに、日本では、恐い髪型であると私が言ったことを覚えていた理髪師さんである。 さて、バリカンでがんがん髪を落としていくのが気持ちいい。会話はもちろん、ベトナムの料理と文化である。今回は、2回目にやってくれた人にまたしてもフラットトップにしてもらう。 注文は二言だけだ。 フラットトップで横は1で頼む。 1とは、バリカンのさきっぽにつけるプラスティックのガードの単位であり、もっとも薄くなるのである(写真を参考に)。 いや1以外のフラットトップは考えられない。1以外だと、すぐに髪が伸びて、長めの坊主頭っぽくなってくる。フィリピンの精鋭部隊のメンバーと間違えられるぐらいの、シャープさを保つためには、1しか考えられないことを皆さんも覚えておいてほしい。 実は私は、これまで3回フラットトップにしているが、そのたびにおどおどしていた。本当にしてくれるのかな、勘違いしてボウズ頭にならないかな、、、などと。しかし、4回目になると、要領は分かっている。 俺は、第1回のときに、ベトナムラーメンの食べ方として、でてきた調味料などを全て入れるとうまいんだというアドバイスをもらったのだが、それを実践したことを報告。 とても喜んでくれている。 日本では何を食べるんだ、、、ベトナムではどうだ~?なんて会話だ。 今回、ベトナム文化について新しい知識を得た。 まずベトナム人は肉を調理するときに、よ~く料理するらしい。だからレアなんてなさそうだ。日本では、生魚を食べるんだという会話から派生したものだ。 さて、ベトナムラーメンだが、あれを朝食べるらしいのだ。え~~~、そんなことありえるのか?でも、確かに、俺も、昔、大阪の京橋の高校で教師をしているときに、立ち食いうどんを朝食ったことがあるが、結構、いけたな、、、ってことを思い出す。 さらに、ベトナム風サンドイッチというのがあるらしい。これは、試してみないといけないと言うと、近所の店の名前を場所を書いたメモを渡してくれたのである。 これは、おそらく私が本当に、興味を持って、ベトナムの食べ物や風習について聞いているから、具体的にアドバイスや情報をくれるのだと思う。 ベトナムでは朝、モチをくうというのだ。ライスケーキと呼んでいた。ベトナムなまりで、ライケーみたいに聞こえるのだが(ベトナムなまりはシラブルの最後の子音を弱く発音しているように私には思える)、英語喉で3ビート・シラブルを確実に聞いている今の私には、ベトナムなまりでさえ理解できる。 それが、日本風のモチナのか、饅頭みたいなモチなのか、パン風のモチなのか、、、気になってしょうがないので、真剣に彼のモチの描写を聞いてしまう。 そんな好奇心が、彼の心に通じたのだろう。そんな話をしているときに、ちょうど横で暇にしている理容師さんも、ちょくちょく話に入ってくる。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. いつも英語学習者への応援メッセージをありがとうございます。私自身、言うまでもなく英語喉のメソッドは信じてやまない一人なのですが、劇的な変化と言うものを体験していないのでそれが何とも歯がゆい感じです。 英語喉はマスターしたつもりでいますが、時々口発音になります。
    あとは練習のみと考えています。

  2. Kaz先生 いつもありがとうございます。あたたかいコメントに後押しされて、やはりアドバイスをお願いしようと思い、投稿させていただきました。自分では一生懸命ゲップエリアに到達しようとしておりますが、そこに至っていないと思われます。何か努力の方向性が間違っているでしょうか?お忙しところ恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。https://audioboo.fm/boos/1575357-2013_08_31_02

  3. Kaz先生 アドバイスありがとうございます。もう一度、ひとつひとつの音から練習したいと思います。また音声upした際は、コメントいただければ幸いです。引き続きよろしくお願いします。

  4. Kaz先生、お世話になります。ここで、先生が書かれている「本当に自分の体を理解し、脱力できて始めて、できるようになるということだと思う。」という内容に共感し、思わずコメントをすることにしました。私は2017年4月1日より、英語喉を学んでいます。只今、英語喉の付属CDとyou-tubeを一通り終え、機関銃英語を拝読中です。英検やTOEICなどとは無関係な人生。7回の海外旅行類の経験はあるものの、今まで英会話のレッスンなどは一度も受けたことがありません。今、「キャッスル」という海外ドラマを見ているのですが、音が聞こえてくるのです。今まで聞こえてこなかった音が。私は、首に痛みがあるため、アレクサンダーテクニークやフェルデンクライスメソッドなどを学んでいます。心身からうまく力を抜き、自分の意志で体を使っていくことが、とても大切なことを痛感しております。今までにも、発音教材を試したことはありますが、従来の英語発音方法は、余計に力が入ってしまい、私には合いませんでした。英語喉の使い方は、英語の上達という視点以外にも、さまざまな副産物があるのではないかと、ワクワクしています。ご報告まで。

    1. これまで聞こえていなかった音が聞こえてきたという件、本当にうれしい知らせです。今、家でPCにて作業中ですが、PCのカチカチというタイプ音、テレビから流れるニュース、エアコンの音の三つの音があるのですが、脳というのは、雑音と思ったら、消したまま聞いているようです。エアコンの音など意識しないと忘れてしまいます。同じことだと思うんです。これまで英語の音の中核である喉の音は、油断すると日本人脳が雑音として処理してしまいます。実は、あの太く豊な音に英語の大切な要素が詰まっているのです。一度聞こえ始めると、ずっと聞こえますね!