知の様相

「知」を身に着けるという観点から考えて、知には、二つのおおきなタイプがある。一つは、考えなくてもできるようなになるような知。自動車の運転など、なぜかぼーっとしていても、できるようになる。もう一つは意識して実践できるような知。試験問題を解くときなど、かなり考えないといけない。

実際は、この二つの中間のようなものもあるのだろう。

生演奏を聞いて思うことがある。楽器の種類によって、その知の体系が違うように思えることだ。ギターやベーシストは、たいてい、ものすごくマジメな顔で演奏している。ある程度は、勘で弾けるようになるのだが、手のポジションを変えたりするときなど特に、意識しないと間違うことがあるからだ。だから、殆どのギタリストが熱心にギターを見ながら弾く。

全然逆なのが、ドラム。楽しそうに体をくねくね?させたり、頭をふったり、しながら笑顔で演奏している。これは、リズムというのは、勘でできるようになるからだろう。思わず体が動くのである。

英語喉による英語発音、聞き取りはまさにこの後者のタイプの知を提供する。勘で、考えなくても発音でき、聞けるようになる。喉発音だが、喉でやれば、真似ることができるのである(動物の鳴きまねが、喉でやれば簡単なことが一つの証拠)。3ビートも、勘でできるようになるのだ。日本語で3ビートをやるなら(例 アメリカなまりの日本語の真似)、そんなに練習なしでも、すぐにできるようになるのが証拠である。

喉発音がなぜできるようになるか、、、という点について、どう説明したらいいか、言いたいことが分かっているのだが、表現が分からない。あえていうと、こんな感じだ。

あ、ちょっと言い換える。喉発音には2箇所ある。2箇所をいったりきたりって難しそう、、、と思ってしまうだろう。でも自然とできるようになる。なぜだろう。

喉発音を続けていると、最初は、メカニカルにWとRだとゲップエリア発音だ、、、という感じで思っているかもしれないが、そのうち、ゲップでいわないとWやRじゃない、、、という感覚になってくる。だから、自然とできるようになる。この感覚分かるだろうか。HUTのUはゲップだ。これをわざと間違って言うと、違う単語になるのだ。だから、間違わないようになる・英語喉を一貫してできるようになる。

意味的に間違ってしまうから、正しい発音が自然とできるようになる。

従来の指導法はどうだろう。唇を丸めてWを言いましょう、、、と指導があれば、視覚的な意味で、Wができているかどうかを考えることになる。唇が丸まってなかったら間違いとなる。

ところが、英語喉では意味的な関係で、出来るようになるのだ。

アマゾンレビューでJAPANESE CANADIANさんが、次のようにコメントしてくれているが、最後のほうが、私の言いたいことにとても近い。表現は違うが、、、。

「今(英語喉以降 著者注)では音自体を日本語のように認識していています。あとは単語やセンテンスにだけ注意を払えばよいだけです。」

表現は違うんだけど、私の言いたいことに非常に近い。「なぜ、喉の2箇所をコントロールできるようになりますか?」「位置を間違えると違う音が出て、言っている単語が、意味が違う単語になるからです。 」

やっぱりポイントはこれだ。英語喉をやると、言える、聞ける。言えるから聞けるし、聞こえるから言える。だから発音が間違ったら、それを自分で聞けるのだ。HUTのUを間違ってアクビエリアで言ってしまうと、自分でもそれを聞けるから、あれ、今俺の言ったこと間違ってるね、、、となる。音が違うから、間違うと思う、、、ということだけど、厳密には、音が違うから、意味が違う、、、だから今間違ったな、、、と無意識のうちに実感するのだ。

 

Related Articles

言いたいことは書きつくした感じがあるがYES WE CAN!

機関銃英語から最近始められたかたは、このBLOGは、新しいものかもしれないが、右のメニューの下のほうで分かるとおり(2年間ほど書き続けている)、英語喉の出版は2年前なので、言いたいことは言い尽くしているような感じがする。 2年間、言い続けて残念なことは、教科書音声学の人の音声UPと動画UPが一つもないこと。唇を丸めてWを言うことを教えているなら、口を開いて特定の母音を発音をすることを教えているなら、それを5秒でよいから、文章単位で見てみたい。実際は、無理な話だ。音ごとに口の顎をこーしたり、唇をあーしたりなんて、気が散ってできるもんじゃない(私も難しすぎてできない)。ただ、それがUPされたとしても、こーら、それ日本語の口の動かし方やないかいと、野次をとばすかもしれないが。何億の動画をホストするYOUTUBEに規則的に、教科書どおりやっている動画が1枚もないのだから。 何億と存在するYOUTUBEの動画にでさえ、規則的に、教科書音声学が言っていることを実践している動画がひとつとしてないのだが、この点は、完全に無視されたままなことが残念だ。逆に、喉発音のほうは、どのYOUTUBEの動画を見ても、平たい音声でしゃべっている外国人は一人もいないことがわかる(日本語をしゃべっている外国人が極端なほど、口発音になっていることがあるが)。 教科書音声学は、日本語のあ、い、う、え、おと舌の動かし方を決定しているとしているが、実際、舌をそのように動かさなくても、ア、イ、ウ、エ、オの発音はできるわけだから、舌の動かし方自体が、音を決定しているのではないことは容易に分かる。 さて、平たい音の口発音だと、音の区別ができないのである。例えばLとRの違いなんて絶対に出せない(ちなみに、これまで教えてきてLとRが日本人にとって、喉発音さえすれば、一番簡単な音だということが分かる、、、地元で教えていて、できない人が存在しない)。三羽チャンネルにて、私がLとRの違いを示しているところを見てほしい。 最初は、西洋人の声が違うこと、私の英語がだいたいネイティブと同じであること(もちろん、ネイティブではないので、いい間違えることはあるだろうが、ここ違ったよとネイティブに指摘されれば、すぐに直すことができる)、などから、すんなりと分かってもらえるものだとばかり思っていたが、英語喉の効果というのは、自分でやってみてはじめて実感できるところがある。 実体験があるとすんなり入りやすいだろう。例えば、SEPTEMBERという単語があり、SE-PU-TEN-BERだと通じないが、SEP-TEM-BERなら、どんなにたどたどしくても通じる、、、などという実体験がある人には、3ビートははいりやすいだろう(どっかでそんなことを書いている人がいた)。 これで思い出したのだが、私は高校3年生のときに、その高校に見学に来たノースダコタの高校生と、運動場で話をする機会があった。級友とともに、しゃべりに行こうということで、私は率先して、会話をした。その時の会話で、マイケルジャクソンという名前は日本人はマ、イ、ケ、ル、ジャ、ク、ソンと発音しますと説明した。そのとき、英語では、マイ、ケル、ジャク、ソンって感じで発音するにもかかわらずと言ったことを覚えている。 そのとき、後ろを向くと、百人ぐらいの生徒達が取り巻きとなって、私とそのアメリカ人との会話を聞いていたのでちょっとびっくりした。 つまり高校3年のときに、なぜか、シラブルを直感的に知っていたということになる。中学のときから、基礎英語を睡眠学習していたので(朝、寝ぼけて、テキストをみず、耳で聞いていた?)、シラブルの感覚を知ってたのかもしれない。洋楽も熱心に聴いていたというのもあるだろう(1音符=1シラブル)。 字から入るとダメなのかもしれない。そういういえば、赤ちゃんが字から入って言葉をしゃべりだしたという話は聞いたことがないな。 さて、ノースダコタの高校生が来ていた日の放課後に、校内放送があって、歓談に来いというので、ある教室にまた同じ級友と出向いたら、社会の先生が、ぺらぺらとその人と英語を喋っていてびっくりした。なんでも、NHKラジオ講座を利用して、何ヶ国語もやっているとか。すごい人がいるものだと思った。感心した。その先生と話をしてみたいものだが名前を忘れた。 社会の先生は、面白い人が数人いた。テストで、欄をはずれて字を書いても、減点にしない先生が、いて、そのときはむちゃかっこいいと思った。夏休みの宿題は、かもめのジョナサンを読んで感想文だったが、それもかっこよく思えた。授業に来ない世界史の先生もいた。わけわからん。 英語の先生も、これでもか、これでもか、と英語のテープ(教科書)をかけていたのを思い出す。音声の大切さを知っていたのかな。中学で、定期テストでリスニングのテストがあったぐらいだ。中1のときだが。古臭いスピーカーから英語を聞いたのを覚えている。 さて、英語教授法の人に気づいてほしいことがある。一つは、英語喉をやると、ものすごく面白い授業ができるだろうということだ。結果がでるからだ。聞けるようになるからである。 もう一つだが、聞けて家さえすれば、教え方というのがそれほど大切ではないということだ。だって、聞けていえるなら、適当に文法をやって、その言語がしゃべられている環境に入れば、結構、うまくなる。 これまでは、聞けて言えないのが日本人だった。だからESLの教え方でこうしたらどーか、あーしたらどーかと悩んだのだ。(外国でESLに通った人がいれば、気づくと思うが、ESLのクラスをずっととっているのは、この世界で日本人と韓国人だけなのだ。聞けて言えないから英語がえらく難しいのである。) じゃあ、ESL(英語教授法)がイランかという話ではない。聞けて言えるというのをばねに、内容を濃くすることができる。例えば、海外の高校生とオンラインで話をさせたりとか、プロジェクトをさせたりとかだ。 まずは、教える側が、聞き取り100%を経験してほしい。一度経験すると、やめられない。 聞けて言えれば、言語習得はそれほど難しくないのだ。 YES WE CAN!

言語は深いのか、簡単なのか?

言語学者の先生たちは、言語が限りなく深い存在であるとする。 しかし、英語喉をやっていて思うのは、発音とか聞き取りに関して言えば、一番、首の底で楽にして発音していれば、もっとも正しい英語になるということだ。しかし、言語学の先生達は、言語は深い、色々ある、多様だ、、、などという方向に持っていきがちだ。 しかし、例えば、子供であれば、海外に来て、1年もたたなくても、ぺらぺらになる。 その現象をみて、英語喉パラダイムだと、ね、外国語習得って簡単でしょ、、、となるが、言語学者が同じ現象を見ると、言語習得の臨界期以前に外国に行くと、習得が早い、、、となる。臨海期などという概念を持ち出すから、また脳というものを神秘化してしまう。 <実際は、例えば、日本人の小学生が亜米利加の学校に行きだして、英語を聞くときに、シラブルを正しく聞いているから、英語を覚えるのが楽なのだ。4歳だった私の姪にSPRING ROLLって言ってみてとみたら、SUPURINGU RORUと絶対に言わない。そのまま、シラブルを正しくSPRING-ROLL(2拍)で繰り返す。逆に、5歳でSUPURINGU RORUと言ったら気持ち悪いだろう。子供は聞いたとおり言い、覚える。しかし大人だって、シラブルや喉発音を覚えれば、英語を英語のまま覚えるだろう。> 私は、この言語学者のパラダイムは、その言語学者さんたちが、英語をはじめとする、外国語ができないからそういう発想にいたるのだろうと考える。 実際できてしまうと、非常に発音にしろ、聞き取りにしろ簡単であることに気づく。 これはギター演奏でも同じだ。指を一定の規則のもと+センス・フィーリングで動かすのだが、非常に単純な音楽の仕組み(相対音感による)がある。 ギターが弾けない人にとっては、これは分かりにくいだろうし、できないから、ギタリストが生み出した結果としての演奏の細かいところを見て、色々なルールをつくるかもしれない。 しかし、メロディーを生み出す側、ギタリストの側から見ると、実は、結構、シンプルなものにもとづいて生み出しているのである。 運転と同じだろう。どんなに自動車の動きが複雑に見えようと、結局のところ、ハンドル+アクセル+ブレーキだけで全てが説明できてしまう。運転している立場から見ると。しかし、運転の出来ない人には、そう見えないかもしれない。 天動説の時代、宇宙の星の動きが過激なほど複雑に見えたのだろう。しかし、地動説となり、一挙に、星の動きはシンプルに理解されるようになった。 英語の発音や聞き取りも同じものだ。一旦、出来始めると非常にシンプルで、口や喉が一番楽なように使うと、例えばだが、BETーTERのTTのところが自然とBETーDERのようになる。これは英語喉で解説している。だらんと口や喉をしておくと、二番目のTのところだろが、舌を口の屋根からはずすだけになるので、日本人が普通期待する威勢のよいTの音にならず、アメリカの発音と同じで、だらけたようなDのような発音になる。 英語には、というか、言語にはシラブルがある。そのリズムにのって聞けば、つかみ所のある音声が聞こえ出す。何が最小の音の塊かを教えてくれるのがシラブルだ。英語をテレビなどで聞くとき、音量をあげて、テレビ機に手をあてれば、シラブルの響きを、びりっ、びりっ、びりっ、と感じることができる。 NHKの英語番組などでは、あまりにナレーターが、おおげさなので、音程のほうに、集中力がいきがちだ。それでも、シラブルのリズムを消すことはできない。こちらで20ドル払ってテレビジャパンというのを見ているが、英語番組のCHAROと、日本人の子供向けのショーのノリが同じだ(ものすごいはしゃいだような人がでてきて、音程を上下させて喋る)。 上で書いたように、テレビをつけておいて、テレビ機に指を触れると、感じれるほどシンプルなもの、それがシラブルであり、日本人が200年無視し続けたものである(いや、明治時代の日本人が英語ができなかったと私は決め付けているが、そのあたりはどうだったのだろう?)。 当然、シラブルを知らなければ、英語の音が変化したり脱落したりしているように聞こえるだろう。しかし、シラブルを知り、その読み方である3ビートをマスターすれば、え?リエゾンって何?となる。全て聞こえるので、変化だとか、脱落だと言われてもわからんのだ。 脱落とか、音の変化とは、英語が分からない、聞こえない日本人が、英語が分からないことの理由として編み出した概念であろう。実際、英語が本当に聞こえていたら、そういう感覚を持つとは思えない。 ところが、英語ができてみると、日本人以外の外国人は、韓国人も含め、結構、普通に英語を喋っていることに気づく。いつまで、言語習得には臨界期があるというような説を、データ検証なしに、サポートするのだろうか??? と一般人は思うかもしれないが、よーく検証してみると、言語学者は、別に臨界期というコンセプトをまじめにサポートしているわけではない。そもそも、そういう研究をされていないと思う。 ただ意見を求められるから、そういうコンセプトを紹介しているだけではないだろうか。思うに、英語教育において発言している言語学者さんたちは、英語教育が専門などと思っていないと思う。ただ、人から意見を求められるから、参考にという感じで発言しておられるだけではないだろうか??? 皆さんに、言いたいことは、発音ができて、聞ければ、言語はそれほど難しくないということだ。だから、きっとできるようになる。それを信じて、楽しみながら英語を勉強してほしい。 意味が分からなかったとしても、音として聞こえていれば、勉強していても楽しいと思う。そのうち、分かるようになります。…

菅原里奈先生のハローボイスレビュー<総まとめ> 特に感動した点は2つ

菅原里奈先生「ハローボイス」をつかったメソッド ミラクルボイスメイキング」のDVDのレビューをします。先生のハローボイスのサイトは(エッセイの最後でも紹介しますが)以下の通りです。 http://www.animatojp.com/hellovoice/index.htm 私は、自分の持っているiPODに入れて見ました。実は、私はステレオ機械にそれほど詳しくないので、DVDとやらをどうやって見るのかよく把握していませんでした。iPODに入れてみたら、一つの大きなファイルで、1時間8分38秒です。だから、一挙に見ることができます。仕事で忙しいので、細切れに見れるかどうか不安でしたが、通勤で一挙に見て、それを覚えておいて、自分でレッスンをやってみるというのが私にはあっています。 iPODで動画を見るのは初めてでした。どうやって見るのかな?と思ったら、菅原里奈先生が、ちっちゃな画面に登場して、びっくりしました。ありゃ、本当に映画みたい、、、とびっくり。 第1回からレビューをしていこうと思ったんですが、感動の度合いによってレビューすることにしました。私が、最も感動したのは、このDVDの最後の「英語歌詞について」のところです。 きらきら星の英語版を、生徒さんが挑戦されるのですが、最初は、こてこての日本語発音です。ところが、ハローボイスを着用して練習して、それをはずしたとき、英語らしいパワフルな発声でそのかたが歌い始められたのです(1時間6分めぐらいです)。 生徒さんも、びっくりされていました。 私もすごくびっくりしたことがあります。そのびっくり度は、こないだ、耳の不自由な女の子が、聞こえていないと思うのに、正しい発音で発声しはじめたときの、びっくり度に似ています。 ハローボイス前の発音で、TWINKLE TWINKEL LITTLE STARのLITTLEの発音は、日本語のシラブル発音で、 り、と、る だったのです。 それからハローボイスを使って、朗読スタイルでやったら、発声がよくなり、まLITTLEもいい感じで発音できましたけど、それでもシラブル分割自体は、ややOFFでした。 リットル みたいな感じ。ところが、歌でやったとき、全くネイティブと同じ発声プラス、正しいシラブル分割になっていたんです。 歌だと、おそらく、リズムの関係上、LITTLEがLIT-TLEと正しくしか歌えない状況になるのでしょう。そして、喉がハローボイスで開いて緩んでいるのだから、とてもいい感じのネイティブ発声になっていました。 つまり、これは、英語喉で私とジーナが主張していることです。 シラブル・3ビートの法則は、暗記の問題ではないのです。喉をだらーんとしていると、自然とシラブルも正しくなりがちなのです。 これは、本当に驚きました。歌の他の部分もいい感じの発音になっていました。 もちろん、英語には、母音のアにしても、色々あるので、それはまだ区別されていないかもしれないです(それはぜひ英語喉でやってみてください!)。しかし、それは英語だからですね。母音の数が日本語と同じイタリア語だったり、スペイン語だったりしたら、ネイティブそのものみたいになったのかもしれません。 この部分、かなり鳥肌が立ちました。 さて、その他の部分ですが、私が、感銘を受けた部分を書きます。 #1 モデルさんを相手に、菅原先生が、指導をしますが、レッスンごとには、カットなしなんです。つまり、用意ドンで、録音を始められてカメラがそのまま回ります。もちろんレッスンが変わるところでは、カットがあってから、次のが始まりますが、、。これは、私はすごいことだと思います。それは、菅原先生が、これまできっと猛烈に教えられているので、途中でカメラを止めたりする必要がないのだと思います。 #2 モデルさんの声が最初は、CHOPPYなのに、ハローボイスで艶が増して行くのが分かります。そして、どんどん、うまくなっていきます。ただし、レッスンごとに、やっぱり、ちょっと戻り気味になるんです。でも、レッスンが進むにつれ、艶がましていき、うまくなっていきます。これは感動的です。 私がこの#2で気づいたことがあります。これはたぶん、2番目に感動したことです。それは日本語とは何かということなんですが、思うに、 日本語発声を楽器に例えると、打楽器だと思いました。しかし、ネイティブ発音や、西洋人の歌い方は管楽器だと思います。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.