言説の束縛からの解放

私が昔行っていた床屋さんは、アルゼンチン出身だが、4ヶ国語も、5ヶ国語も喋れる。どうやって、マスターしたかと聞くと、単に喋りながらマスターした、、、と答えた。彼には、受験も、ないし、ビジネス英語入門もないし、文法1と2もない。単に聞いて真似て、繰り返して、それで色んな言葉をマスターしている。

もちろん、彼の母語がスペイン語であるということは英語や他のヨーロッパ言語を学ぶ上で、非常に有利である。が、この点をさしひいても(ちょっと主観がはいる、すみません)、日本人のネックは発音と聞き取りだった。聞けて言えれば、どんな言語でも、その環境にはいって、適当に喋っているうちにマスターできる。

もちろん、そのプロセスのなかで精神を躍動する必要はある。あ、HEのときは動詞にSがつくんだなあ、、、と教科書ではなく、会話から学び取るのだ。そうして身に着けた文法は、ものすごく使い勝手がきく。

受験、ビジネス英語、文法、リーディングなどと細分化した英語の言説群。子供の英語とか、ホームステイの英語とかもある。目が回るほどである。ここまで細分化した理由はどんなにがんばっても、英語があまりに難しすぎたからではないだろうか。

喉で喋り3ビートを聞き、刻めば、音が聞こえる。音を聞きながら、自分自身の「頭」で文法を構築するのである。(もちろん、その構築の過程で、すぐれた言説であれば、英語のマスターを早めてくれることであろう。)

ネイティブメソッドを学ぶことは自分の身体(口、喉、姿勢、脳)をマスターすることだと思う。

Related Articles

NHK WORLDの日本語講座

NHKWORDに日本語講座がある。金田一先生がでてきて解説する。 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/nihongo/index.html で、いつも思うのだが、金田一先生の説明がちょっとおかしいように思う。毎回、毎回。 例えばだが、「すみません」という表現を説明するときに、「すみません」には複数の使いかがあります、、、と先生は説明する。で二つぐらいその用例を説明するのだが、、、 (1)相手を呼ぶ場合 (2)あやまる場合 という具合に、説明し、この表現がいかに複雑で、気をつけて使わないといけないか、、、という印象を与える。 これは一つの例だが、いつも同じ感じのコメンタリーを先生はされる。 でいつも思うのだが、(1)も(2)も同じじゃないか?と。どっちとも、あやまっている、、、ということではないか?だって、人を呼ぶ場合、すみませーん、、、というのは、まあ、あやまっているようなもんだ。邪魔しますが、こっちに注目してくださいってことだから。 英語でも同じだ。EXCUSE MEは(1)と(2)の状況で使われる。スペイン語でもフランス語でも同じだ。もしかしたら、どの言語でも同じじゃないか? (1)も(2)も違う状況に見えるように番組はスキットを準備してあるのだ。ポールさんという髪の長い俳優さんがでてきて、大家さんとか、同僚との会話を見せてくれる。 思うに、どんな状況で使おうと「すみません」は「すみません」だし、おそらく世界のどの言語だって、同じだろう。勉強しなくても、違う状況で使われているようにみえる表現の意味は分かる。 つまり、勉強しなくてもいいものを、あえて複雑化して説明しているように思えてならない。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532    

シラブルが絶対的に重要

昨日、中国語話者の英語について書いたが、そのきっかけについて少し話したい。ある日本人の人に本のことを話していたら、その横にたまたまいた見知らぬ人が、「いや、でもインド人や中国人でもなまりがありますよ」とおっしゃったことが一つのきっかけだ。「日本人だけが苦労しているんではありませんよ」というメッセージがこもっていたように思う。 喉に関する話に触れた人は、きっとそう思うことだろう。日本人だけが苦労しているんではない。フランス人だってHが言えないし、皆アクセントがある、、、と。 ところが、、、日本人が英語で苦労するレベルと他の外国語話者が苦労するレベルは結構違っている。そして、このことは日本人の学習者にはわかりにくい部分だ。見えない部分といったらいいだろうか。 他の外国語話者は、例えば、アメリカに移民してきたとすると、ふつうの状況にある人であれば、英語を結構うまくマスターする。ふつうの状況と書いたのは、ケースによっては、毎日働きづめで、英語を勉強する時間のない移民もたくさんいるからだ。 ずばりいえば、日本人以外の殆どの外国語話者は、最初っから英語の音が聞けているのである(殆どと書いたのは、東アジア系の言語話者、例えば朝鮮語話者や中国語話者もも、西洋言語話者に比べると、日本語話者の比ではないが、苦労している可能性がある)。 例えば、TAKE IT EASYという発話を聞いたとき、日本人以外のほとんどの外国人はTAKE IT EASYをTAKE IT EASYと認知しているのである。そして発音するときも、それなりにTAKE IT EASYと発音する。 ところが日本語話者がTAKE IT EASYと聞いたときに、テイキリージーと聞いてしまうのである。これはシラブルの構造が日本語と西洋言語では根本的に異なることが原因である。この点は英語喉で力説している。 外国人は発音するときに、それなりに発音している、、、と書いたが、もちろんなまりはある。しかし、そのなまりは、ちょっと聞いていればすぐになれるようななまりなのだ。一度、ローマニアの人と喋ったが、彼らはTHをFで置き換えて発音していた。I THINKがI FINKとなる。ところが、ちょっとなれると容易に理解できるのだ。THのときにFがいつも出てくるので。 ところが日本語のカタカナを通じた英語は、ネイティブにとってそのシステム性が見えにくい。例えばだが、STICKだとスティックだったり、ステッキだったりするが、Kがクだったりキだったりするわけで、そのあたりがネイティブの想像力を超えてしまう。 日本人だけが苦労する、、、と極端に言ったが、誤解のないよう願いたい。もちろん、英語をマスターするのは、簡単なことではないが、日本人の苦労は本当に大きい。 これはシラブルの構造の違いが原因である。 英語を3ビートで聞くことになれると、あたかも日本語を聞いているかのように英語が頭にはいってくる。実はそんなに難しいことではない。シラブルの中心にはいつも母音がある。だから、シラブルには規則性がある。本能的につかみやすい規則性だから、誰でもできるようになるのだ。 いったりきたりするが、アメリカ人が日本語を聞いたとき、最初っから聞けているのだ。日本人の観点からすると、例えば、「わさび」という単語をアメリカ人に教えるとすると、何回も繰り返して、言ってあげないと、聞き取れていないと思ってしまう。だって、自分だったらそうしてほしいから。英語の単語を何回か聞きなおしたいものだ。ところが、アメリカ人が「わさび」という単語を聞いたとき、WASABIとしてすでに聞こえているのである。 昔、ツルコウのオールナイト日本という深夜のラジオ番組があり、この歌(洋楽)のこの部分はこう聞こえる、、、というコーナーがあった。品性下劣な例ばかりだったので、紹介はできないので、かってに作って説明すると、例えばレッドツエッペリンのWHOLE LOT OF LOVEはホラララララアに聞こえる。 このような冗談、、、というか番組は、西洋言語話者を対象としてはできない。というのは、例えば、日本語で、「ゆーきやこんこん」と歌うと、その個々の音は正確に聞き取られているからである。外国人にとって個々の音を聞き取るというのは、息をすうとかと同じぐらい基本的なことなのだ。 もちろん、歌詞がはやすぎたら、覚えきれない、ちょっと聞き逃した(音がちいさくて)、、、ということはあるかもしれないが、基本的に音は聞き取れているのだ。 3ビートの話者は2ビートの言語を聞いたとき、あ、これは2ビートだな、、、と分かるのである。分かるから聞き取れるのだ。 日本語話者も3ビートになれれば、どんな言語でも、意味はわからなくても、書けといわれれば書けるようになるのだ。  

角刈りでインターナショナルスーパースターになった!

今週末の英語喉SKYPEセミナー、あと2名様分募集です。こちらから申し込んで下さい。有料だけど、直接教えさせてもらったら早いです。実際の授業、ぎりぎりまで募集しますので、よろしく。本当の英語の音を今日、明日にでも出せるようになりませんか??? http://www.doodle.com/qm59fn7qbziwezuu 土曜日の分だけが、まだ空いています。 1.日本時間6月11日(土)夜7時ー8時 2.日本時間6月11日(土)夜8時半ー9時半 *** さて角刈りの波紋は続く。 昨日は会社があるビルのサービスで昼にBBQが振舞われた。BBQでテーブルを囲み、一緒に働いている人+若手で大学を卒業したばかりの二人と一緒になった。 私達の業界では、大学卒の若手は、数年で会社をやめて、大学院に行くのが普通だ。話は、修士号でとめるか、あるいは博士号まで行くか、、、これが、若手二人の関心であった。 私がシカゴ大学社会学の博士号を持っているということを知って、むちゃすごいやん、、、ということになった。 社会学が最初の創立されたのがシカゴ大学だし、世界で一番ノーベル賞受賞者を創出しているのが、シカゴ大学だから、すごいのはすごいのである(笑)。 さらに、いちおう、考えてみると、私は他のアメリカ人の3,4人の同級生とともに、同級生内では最短の5年半でとったぞ(修士号を含む)。 しかし、なぜ全然自慢していないかというと、43歳になると、さすがに、分かってくるのは、どんなポジションにあろうと、経済システムのなかで、使われるだけじゃないかというカラクリに気づいてくるように思うからだ。多くの人が、経済構造のなかで同じような立場にあると思うのだけど、自慢したところで意味がない。なんとなく、すでに最初っからお金のある人をさらに裕福にするために、働いているというのがさすがに分かってくる。さらに、そんなもんだと思ってくる。ある意味でがんばるしかない、、、(精神論か!) キッコーマン・デービッド(仮名)が、まじに若手の相談に答えていたので、裏をついて、キッコーマン、俺達は博士なんだから、博士に行くべきだというべきだと、そうすれば、俺達の株があがり、人気がでるじゃないか、、、とあほなことを言っておいた。 キッコーマンはアホなことばかり言っているが、彼のジョークは参考になる。基本的にアホなことを言っておればよいのだ。アホなことを言っていれば、あ、この人は、リラックスして一緒に会話が出来る人だなと相手が理解するからである。いや、彼だけじゃない。なんか、皆、普段の会話はアホなことばかり言っている。高度なことではない。これは本当だ。休憩にと自動販売機のとこに行って、20ドル札しか持っていないのでもじもじしていたら(たまたまその自動販売機は1ドル札だけ用だった)、見たことのない会社の同僚が、「1ドル札と変えてあげようか?」と、まじで1ドル札を見せてくる(1ドル札20枚じゃなくて、1枚だけ)。大爆笑してしまった。 さて、仕事が終わり会社の建物を出たところで、私はインターナショナルスーパースターとなった。 60歳ぐらいのヒスパニックのおじさんが、近づいてきて、スペイン語で、「わしは、仕事をさがしとるんですが、この会社に仕事はないですかのお」と言ってきた。私は、おじけづくことなく、スペイン語で、「私はここで働いている単なる社員なので、わからんけど、ヒスパニックで働いている人がいるから、話してみたら」と答えた。 すると、おじさんは、当たり前のようにスペイン語で「じゃ、聞いてみる。ありがとう」と言って、歩き出した。 私も当たり前のように、「じゃ、幸運を祈る」と言って立ち去った。 突然、スペイン語で話しかけられ、スペイン語で答えた。あたかも、その一角が、突如、エルサルバドルの街角になったようだった。 これは角刈り効果であろうか!!!! さて、私の角刈りを認識することは、私の職場であたかも、踏み絵のようになっている。 全員が、私の髪型に関して、なんらかのコメントをしないと、ばつがわるい、、、というような雰囲気になっているからだ。 キッチンにいったら、ジョアン(仮名)が、「さっきBBQで遠くからみて気づいたけど、髪切ったんですね、、、似合ってますよ~」と言って来た。 つまり、遠くから私を見て、あとで、それについてコメントしないと、「みずくさい」と思われる、、、という強迫観念を私の角刈りは、アメリカ人の同僚に与えているのではないか、、、というのが私の解釈だ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.