言説の束縛からの解放

私が昔行っていた床屋さんは、アルゼンチン出身だが、4ヶ国語も、5ヶ国語も喋れる。どうやって、マスターしたかと聞くと、単に喋りながらマスターした、、、と答えた。彼には、受験も、ないし、ビジネス英語入門もないし、文法1と2もない。単に聞いて真似て、繰り返して、それで色んな言葉をマスターしている。

もちろん、彼の母語がスペイン語であるということは英語や他のヨーロッパ言語を学ぶ上で、非常に有利である。が、この点をさしひいても(ちょっと主観がはいる、すみません)、日本人のネックは発音と聞き取りだった。聞けて言えれば、どんな言語でも、その環境にはいって、適当に喋っているうちにマスターできる。

もちろん、そのプロセスのなかで精神を躍動する必要はある。あ、HEのときは動詞にSがつくんだなあ、、、と教科書ではなく、会話から学び取るのだ。そうして身に着けた文法は、ものすごく使い勝手がきく。

受験、ビジネス英語、文法、リーディングなどと細分化した英語の言説群。子供の英語とか、ホームステイの英語とかもある。目が回るほどである。ここまで細分化した理由はどんなにがんばっても、英語があまりに難しすぎたからではないだろうか。

喉で喋り3ビートを聞き、刻めば、音が聞こえる。音を聞きながら、自分自身の「頭」で文法を構築するのである。(もちろん、その構築の過程で、すぐれた言説であれば、英語のマスターを早めてくれることであろう。)

ネイティブメソッドを学ぶことは自分の身体(口、喉、姿勢、脳)をマスターすることだと思う。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.