スピーチ活動で得た教訓 リラックスするためには論理を考えないこと

今日言いたいことは、音声(以下)と文字の両方で表しました。

[audio:http://nippondream.com/file/tm_02_28_2013.mp3|titles=tm_02_28_2013]
http://nippondream.com/file/tm_02_28_2013.mp3

会社でトーストマスタークラブをしていて、プレジデントをしている。プレジデントなので、たくさんスピーチをこなして、速く、レベルを上げようと思ってやっているうちに、10本を追え、CCのレベルになった。CCというのは、CONFIDENT COMMUNICATORとかいう意味で、同じタイトルの教則本があり、それに含まれる10のスピーチ課題をこなしたということだ。

ここまで来て、見えてきたことがある。

それは、スピーチの途中で緊張して、口発音の要素が増えてしまう要因は、アウトラインにあるということだ。

次に言うことを考える、あるいは、アウトラインが気になって、喋っているのに、次のことを考える、、、

そうしていると、緊張してくる。

しかし、アウトラインは忘れて、その瞬間だけに集中する。自分の発した音だけに集中すると、リラックスしてきて、5分から7分のスピーチを楽に終えることができる。

昨日、初めて、緊張なしで7分を終えることができた。えい、やっ!と、アウトラインを無視してスピーチをしてみたのだ。だいたいこういうアウトラインでというのはあったが、それをあえて考えずに喋ったのだ。

スピーチクラブのよいところは、お互いがうまくなりたいと思っている人が集まっていること。だから、観客を信頼して、おもいきって話すことができる。失敗してもいいのだ。

日本人が英語を学ぶさい、論理が大切だとか、ディベートが大切だとかという方向になりがちだ。

そういうことは忘れて、その瞬間に集中する、、、すると、結構、喋れるものだ。

仕事にも、この教訓は生きていている。最近、その瞬間に集中するので、声が柔らかい感じだ。電話の会議でもまったくあせらず自分の意見を言えていると思うことが多くなった(もちろん、そうでないこともまだある)。

特に、相手がクライアントの場合、緊張しそうになるが、ぐっとこらえて、その瞬間に集中する。

仕事は毎日していることだから、アウトラインなど、結構、いらないものなのだ。

英語喉ライブでスピーチ大会などどうだろうか???

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。 しかし、それが現実かもしれませんね。 それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。 自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。 さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。 剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。 ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011] 直りんはここをクリック。 特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。 すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直りんはここをクリック。 さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。 まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。 指導前 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2] 直りんはここをクリック。 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before] 直りんはここをクリック。 指導後 ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv] 直りんはここをクリック。 指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)…

英語喉稽古コース始めました (SKYPEでの受講ありですが、いかがですか?)

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 さて、先週は初めて、ボランティアによる英語喉稽古クラスをしました。 稽古と呼びましたが、その内容が剣道の稽古にそっくりで基本を繰りかえし、少しでも間違っていたら、前にすすまずに、できるまで粘る、、、という特徴を持ったものです。 このコースは、すでに英語喉の本を使ったクラスを一回とったかたのためのものです。 そのことを先週書きましたら、さっそく、東京在住のかたが、「最近、聞き取りにむらがある」ので、お願いします、、、とおっしゃって、昨晩、授業をしたのでした。すると、聞き取りのほうも安定されたようで、納得されておりました。 さて、英語喉補習クラス、、、なずけて「英語喉稽古クラス」ですが、、、以下のような内容になります。先週、ボランティアクラスで録音させていただいたものを紹介します(紹介は了承ずみです)。 まずは、英語喉の250ページにある表を一緒に読むことで、基本の音がちゃんと出せるかを復習。音が浅かったり、こもったりしたら、一歩の引かず、できるまでやります(できなかったら、問題点としてまたがんばりましょう)。 [audio:http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practice_with_chart1.MP3|titles=nodo_keiko_Practice_with_chart1] http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practice_with_chart1.MP3 [audio:http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practicing_with_chart2.mp3|titles=nodo_keiko_Practicing_with_chart2] http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practicing_with_chart2.mp3 次に、英語喉のドリルを一緒に読みました。特に3ビートも気をつけます。 [audio:http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practicing_with_Drill.mp3|titles=nodo_keiko_Practicing_with_Drill] http://nippondream.com/file/nodo_keiko_Practicing_with_Drill.mp3 次に、フリートーキングでチェックです。これは、録音に失敗しました。そこで、今日、たまたまSKYPE上におられたTさんにお願いしまして、その様子を録音させていただきました。 わざとレイジーに首の根元で喋る練習です。この手の英語は、ニュースの英語と違い、苦手だとおっしゃる喉実践者のかたが多いのです。だから、あえて、その音になれるために、自分でもそういうふうに喋ってみるのです。 [audio:http://nippondream.com/file/nodo_keiko_lazy_talk_practice_with_t.mp3|titles=nodo_keiko_lazy_talk_practice_with_t] http://nippondream.com/file/nodo_keiko_lazy_talk_practice_with_t.mp3 さて、最後に、最初の喉稽古のクラスの感想をいただきました。このクラスは、まずは、1回の英語喉授業を受けてもらった後のものですが、自分では気づかない弱点に気づけるのがいい、、、ということでした! [audio:http://nippondream.com/file/nodo_keiko_after_talk.mp3|titles=nodo_keiko_after_talk] http://nippondream.com/file/nodo_keiko_after_talk.mp3 人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

英語喉1秒クイズ ポッドキャスト新企画

英語喉SKYPEセミナー以下から申し込んでください。 http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu 皆さんお元気ですか。台風の影響が出ていますね。また3月の地震津波で本当に大変な思いをされている人もまだたくさんいるのですね。 経済も悪いばっかりです。アメリカも雇用状況がよくありません。で、オバマ氏が、金持ちの人たちにもっと税金を払ってもらおうという方向に押してます(お金もちの人たちは、税金率が結構ひくかったりするらしい、、、税金のシステムの細かいルールを利用して、税金をあまり払わないように工夫できるため)。 それを共和党が大反対しております。オバマ氏を批判して、「オバマ氏がクラスフォーフェアに持ち込もうとしている」と批判していました。富めるものと、貧しいもの戦争のように持ち込もうとしているということですが、それに対して、CNNだったか、「戦争だとしても、もう完全に富めるものが勝っていますが、何か?」みたいなコメントをしていて、大爆笑してしまったのでした。 さて、最近、文法に関しての議論やエッセイを読むことがあります。多くの先生が文法の教え方というのを工夫されております。しかし、文法というのは、そんなに難しいのかな?書いてある説明を読めばよいと思ってしまうのは私だけでしょうか? 例えば英語では、SHEやHEのときに動詞にSがつきますね。I WALK,SHE WALKSというのが例です。 これは読めばいいのではないか?などと思ってしまったのでした。 可能だったらCANだとか、それならそうしたらいいだけじゃないのかな???ISの過去はWASとか。 文法を学ぶのに工夫がいるのでしょうか?工夫がいるとすると、40人ぐらい生徒がいて、生徒がいやいやながらやっているとこがあり、そのせいで授業を劇場のように取り扱う必要性がでてくる。いかに、聞かせるか?と。そこで、授業を工夫しないといけないということではないだろうか? ある意味でそれは英語教育というより演劇に近く(悪い意味ではない)、あるいは生活指導に近い。 <思うに、本でできるから、授業を聞いたふりをする、というのが普通じゃないですかね。結局、覚えたらいいというのがあるし、また試験の前に覚えるのがやはり効果的というのもある。早く覚えすぎると忘れる。クラスの人数を15人ぐらいにしたら、できることが変わってくるんじゃないですか?> しかし、文法自体は、英語の文法は簡単なので読めばいいんじゃない?と思ってしまうのですが、、、。本に書いてあるので。 でも、結局、私がこう必死に書かなくても、誰もが読んで理解しているではないかな。 複数だったらSをつけるとか、そんなに難しいことなのでしょうか???? 今日のCNNのサイトから、一文抜き出してきました。 President Obama also reaffirmed the U.S. support…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar