I WAS JUST TEASING YOU(さっきのは冗談です)

I WAS JUST TEASING YOU(さっきのは冗談です).と言われることがたびたびである。
 

これは喉コミュニケーターにとっては、敗北を意味する(だめだなあ)。
 

今日、仕事で軍関係の人を前にプレゼンをしたのだが、それが始まるのを待っているとき、同僚が、私のプレゼンの資料の数式を見て、
 

おー、科学的やねえ
 

とつっこんできたので、これはうまくかわして、
うん、科学的すぎてわからへんねん
 

と言った。
 

そこまでは良かった。合格だ。笑いもとった。

ところが、そこからその自分の数式についてコメントをちょっとしたら、相手は俺がまじにとったと思ったのか、「さっきのは冗談ですよ」と言ってきた。ちょっとだけだが、失礼なことを言ったと、思ったのだろう。
 

コメントがまじめすぎて、私が冗談を理解しないと思われてしまったのだ。
 

こういうことはよくある。
 

もっとつっこみ、ボケができるようにならねば。笑いが足りなかったのだろう。

喉で笑う。

これを NODO-LAUGH(喉ラフ)と呼ぼう。

I didn’t nodo-laugh enough…

 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.