世界の名作を鑑賞 ミュージカルの効果

最近、ミュージカル映画をたくさんみました。名作といわれる作品に基づいています。例えば、レ ミゼラブルとか。

義理の父と母の家で、歌を歌いながら会話する、、、というジョークをしているんですが、よく考えると、普通に英語を喋るときも、歌を歌っている感じ(あくまでもそうしている感じ)で話すと、スムーズに声が出てきます。

そういえば、南部訛りの英語など、すでに歌を歌っている雰囲気があります。

歌っている感じ(あくまでも気持ち)で英会話をしてみてはどうでしょうか?

きっと、音楽とか歌は、日常生活のなかから、出てきたものですよね。

昨晩CNNをみていたら、ピアーズモーガンショーでバーバラストライサンドがインタビューされていました。以下は、そこで紹介されたもので、クリスマスソング、「きよしこのよる」が歌われているところです。ALL IS BRIGHTのBRIHTのRで舌が見えますが、全然、丸まったりしていなくて、平らなまま。

YOUTUBE上には何億もの英語ネイティブの動画がありますが、Rのときに、舌がまるまったり、動いたりしているのは、日本人向けの教材動画だけではないでしょうか??

http://www.youtube.com/watch?v=Bm37gDWYKP0#t=0m25s

 

Related Articles

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar