肺を太鼓みたいに響かせる?胃??

昨日は、会議が一日中でした。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

でKATSUさんも書いておられたけど、ネイティブの発声って太鼓の響きみたい。まるで肺までリラックスさせておいて、音をPROJECTする感じ。

でも朝、皆よく響いていたけど、ランチをして、おなかが一杯になったときに、その響きがちょっとうすれたような気がしたのだけど、、、

もしかしてゲロ発声なので、胃袋がつまると、響きがうすくなるのかな???

朝、喉発音をしやすいという人がたくさんいるけど、もしかして胃がからっぽなので、ゲロ発声がしやすいとか???

う~ん、そんなわけない、、かな~。

でも実際朝は、太鼓の響き、音の余韻が声にあったような、、、。

気のせい???

しかし、確かに脱力して発声してみると、おなか(胃)まで響くような気がしてきた。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “肺を太鼓みたいに響かせる?胃??”

  1. 僕も最近は月に何度か朝から晩までず~と会議という日がありウンザリします。
    会議はその日だけでなく、資料の準備やなんかで結構手をとられますから、実際にはその会議の為に数日がつぶれるなんて事も・・・・。更には全体会議の準備の為の部内会議などもあって、なんだか儲かってない会社を地で行くような感じがします、トホホ。

    ところで最近、私の場合何故朝は喉発音ができやすいかはっきり解りました。それは自分の場合、睡眠中は口をだらしなく開けて寝てる事が殆どなんですが、これで朝はまだその影響で、喉がリラックスして、開いているからです。その後会社に行き、前述のくだらない会議やなんかで、日本語(長崎弁)を飛ばしておりますと自然に喉はやや緊張、閉まり気味となり、朝と比べると喉の響きが悪くなります。しかしこの頃は昼間でも、朝同様に喉をリラックスさせて結構喉発音できる様になってきました!

    1. そうですね。そちらの説明のほうが直接的だと感じます。

      私も、カリブ海に2週間いったとき、なぜか、口と鼻の両方で深く息をしだしました。たぶん、完全にリラックスしきったからかもしれません。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.