方言を忘れる(2)広島人にとって喉発音が簡単な理由

で、なぜ、広島、および中国に近い日本においては、喉発音が簡単かということの理論です。

たとえば、私もなお君も広島出身。英語発音がこんなに簡単にできます。

http://www.facebook.com/photo.php?v=215517675230957

例えば広島弁では、「しない」を「せん」と言っていいのです。でも、なぜ「せん」と言って、千とか線とかと混乱しないのでしょうか???

それは中国語と同じで広島弁、および西日本の言語には四声があるからです(厳密には4つあるか数えていませんが、4という数字には、おそらく物理的な制限があるのじゃないかと思います。)。

しない、、、という意味であり、1シラブル語である「せん」と千や線は、四声が違う、、、シラブル内のイントネーションが違うのです。

1シラブルのなかで音程を変えることができる=喉がゆるい=(喉をゆるめれば)簡単に英語が発音できる、、、、

ということでしょう。

英語喉が理解されにくい理由は、英語教育者、言語学者が東日本にありがちな都会の大学において教育されるために、もはや、シラブル内の響きの変化とか、音程の変化を

聞けない

からだと思います。

ヒラガナで字に書いた段階で、ヒラガナ(=シラブル)の内部は、ブラックボックスとなり聞こえなくなるのでしょう。

字にかける場合だけ、学者は反応できるのだと思います。

だから、舌の位置とかは、字で説明できますから、反応します。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

方言を忘れる?

過去に、多くの人が、方言を忘れてもう喋れないよ~とおっしゃるのを聞いた。 ジョーク? と思っていたのだが、本当に方言を忘れている人がいる、、、と言う事実に愕然とする。なぜかというと、広島弁は忘れようがないのである。

教育 自然に持っているものを活かす方向

剣道を去年の秋から初めて、学んだものというか、勝手にこういう方向がいいのじゃないかと思っていることがあります。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 それは、例えば「踏み込み」にしても、自然に私が人間として、持っている歩き方、小走りのときの感じと同じじゃないか??と。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.