方言を忘れる?

過去に、多くの人が、方言を忘れてもう喋れないよ~とおっしゃるのを聞いた。

ジョーク?

と思っていたのだが、本当に方言を忘れている人がいる、、、と言う事実に愕然とする。なぜかというと、広島弁は忘れようがないのである。

例えば、

じゃ*けん*のお~ は「だからね」

だが、両者があまりに違いすぎて、忘れようがない。

広島弁は中国語のようなシラブルになっている。だから、表現が全然違ってしまう。

だから、、、が標準で3シラブルなのだが、広島では、じゃ*けん、、で2シラブルになっている。

標準的な日本語はシラブル数が多い。

広島弁、あるいは多くの方言、、、特に西日本の方言???田舎の方言は、省エネ型だ。

皆さん、日本全国で、

だから

はどういいますか?

大阪とか京都では、せやから、、とか、せやし、、、でシラブル数は少なくなりません。

しない、、、は、せ~へんで、またしてもシラブル数は少なくなりません。

広島では、

じゃ*けん=だから
せん=しない

と、常にシラブル数が少なくなります。

以前、私となお君の広島弁会話をきいて、自分の方言じゃないのに、わかりやすいとコメントしてくれたかたがおられましたが、あれは面白いコメントでした。

つまり、広島弁は、省エネ型で、中国語型、また英語型に近いので、はいってきやすいのでしょうね。

シラブルの多い方言を喋っていて、その他のシラブルの多い方言にうつると(例 関西弁ー>関東弁)、ひとつひとつの平仮名が入れ替わる感じなので、本当に忘れやすい、、、のでは?

ところが、広島弁から関西弁、標準語になっても、それは、まったく違う言語をマスターするのに似ているので、混乱が起こらず、広島弁を忘れられないのではないでしょうか???

日本全国の方言で、「だから」「しない」はどういいますか?

3シラブル型
2シラブル型

と地図でみると、東と西にわかれないかな???

ここで音声学者だと、「しない」が「せん」になった、変わったなんて発想を持つでしょうね。

実は逆でしょう。「せん」が「しない」に改造されていったのでしょう。

Related Articles

切る理由がない ウンコと英語音の共通点

 (c うめずかずお氏) 最近は、暇があれば、音声学関係の論文を読みあさっている。 アメリカには学術論文をネットからダウンロードできる仕組みがあるので、それを使って、プリントアウトし、メモをとりながら、読み進めている。学問的な蓄積を消化することが目的である。 なーんちゃって。まじにとった?ジョーク、ジョーク。英語で言うと、 I got you! I got you! I got you! Heeeeee. 冗談はそのくらいにしておく。何を悩んでいる、考えているかというとウンコのことだ。 結論から先に言うが、週末のウンコは嫌いである。 平日はアメリカ食を食べているが、週末は日本食、アジア食が多い。特に、ベセスタの日本食屋の松葉さんのラーメン定食が、むちゃうまいので、通いつめた(http://www.matuba-sushi.com/)。あと、タイ料理だとか、インド料理だとか、ご飯系のものを食べるとウンコの質が週末だけ違う(ちょっと嫌)ということになる。だからといって、松葉さんに通うのをやめることはできない(100回通ったら、英語喉セミナーに100人集めてくれると、ご主人が言ってくれたからという理由もある。)。 色々な理由で平日のウンコ(アメリカ食に基づくもの)のほうが良いのだが、そのおかげで、喉発音と3ビートの最高のアドバイスがうかんだ。先日から実践もしている。 さて説明を始めよう。 ウンコをヒルときに(広島県ではヒルという動詞を使う、、、へっぴり腰のピリに関係していると思う)、ウンコを切りながらする理由はない。特に、アメリカ食にもとづいたウンコはよい。力む必要がなく、すーと出る。あ、ニカワヤでーす、毎度―、、どうも失礼しましたー、、、という感じで、すーとヒレる。 切る必要がないというのがポイントだ。 これは喉発音、3ビートでも同じだ。息の使いかた、特にレッスン4を参考に。 英語でも同じなのである。英語は、喉を力まして音を切る理由がない。だから喉発音だ。喉をリラックスして開けたままにしておく。この点については、喉の最初をしっかり復習してほしい。 ところが頭では分かっても、やるとなると、なかなかぴんと来ない(というか、忘れる)。…

方言を忘れる(2)広島人にとって喉発音が簡単な理由

で、なぜ、広島、および中国に近い日本においては、喉発音が簡単かということの理論です。 たとえば、私もなお君も広島出身。英語発音がこんなに簡単にできます。 http://www.facebook.com/photo.php?v=215517675230957 例えば広島弁では、「しない」を「せん」と言っていいのです。でも、なぜ「せん」と言って、千とか線とかと混乱しないのでしょうか??? それは中国語と同じで広島弁、および西日本の言語には四声があるからです(厳密には4つあるか数えていませんが、4という数字には、おそらく物理的な制限があるのじゃないかと思います。)。 しない、、、という意味であり、1シラブル語である「せん」と千や線は、四声が違う、、、シラブル内のイントネーションが違うのです。 1シラブルのなかで音程を変えることができる=喉がゆるい=(喉をゆるめれば)簡単に英語が発音できる、、、、 ということでしょう。 英語喉が理解されにくい理由は、英語教育者、言語学者が東日本にありがちな都会の大学において教育されるために、もはや、シラブル内の響きの変化とか、音程の変化を 聞けない からだと思います。 ヒラガナで字に書いた段階で、ヒラガナ(=シラブル)の内部は、ブラックボックスとなり聞こえなくなるのでしょう。 字にかける場合だけ、学者は反応できるのだと思います。 だから、舌の位置とかは、字で説明できますから、反応します。

土曜セミナーレポート (1) 英語を速く読まず、シラブルごとに英語喉でゆっくりと!

昨日の土曜セミナーはとても私にとって充実していました。また参加者三3人も、とてもすばらしい効果を経験されたと思います。最初に、CNNを見てもらって、聞こえたところを繰り返してくださいと頼みますと、Aさん、まあまあ、Bさん、まあまあまあ、Cさん、う~ん、難しい、、、という感じでしたけど、2時間後だと、Cさんは、うまく聞いたニュース英語を繰り返してらっしゃった。Aさんも、Bさんも、特に3ビートのリズムがつかめて、聞こえやすくなったとのことでした。 発音も、Cさんは、実際上、ネイティブと同じになってしまっていました。AさんとBさんは、緊張度にばらつきがでましたが、リラックスできたときには、ネイティブとだいたい同じになっていました。実際の定着は、1)リラックスできるかどうか、2)実際に、使うかどうかにかかっています。 実際に使うかどうか、という点、皆さんがお帰りになって、あ、こういえば良かったと思う点がありました。それは、英語喉のセミナーの最後でフリートーキングをしてもらって、前から気づいていたことがあります。それは、勉強したばかりの英語喉を使わないで、高速スピードで喋りだすかたのほうが多いという点。これは昨日だけではんく、前から気づいていました。 これは私の意見ですが、その時点までで、すでに英語は長くつかってらっしゃるので、その英語で当然、喋られるのではないかな?当たり前のように聞こえますが、おそらく、例えばこれまで20年ぐらい、使っているフレーズとか、初対面のときに言うパターンとかが誰でもあると思うのですが、それが出てくるのでは? 私が、昨日、このことは言わなかったのですが、気になったのは、英語が速いという点です。実は、その前のときに、参加されたかたと電話で話をしたのですが、 「私は英語を喋るのが速くと、、、」 と悩んでおられました。 つまり、英語喉をせっかくならっても、それを、その時点まででマスターしておられた、早い英語、、、厳密には、もう暗記してしまっている、パターンになっている英語を使ってしまう、、、のでは? 昨日は私はこのようなアドバイスをしました。ゆっくりと、言っている一つ一つの単語を考えながら、喉から発音してください、、、と。 つまり、これまで使っているので、頭に暗記されている英文は、おもいきって使わないのです。じゃなくて、一つ一つの単語を、シラブルを大切にしながら、ゆっくりと喋るのです。 例えばですが、I THINKという表現でさえ、おそらくすでに頭に暗記されているはずですが、暗記されているのを使わずに、I THINKというのを本当にそう思いながら言うのです。 暗記されているもの、頭に収納されているもの、使い古しているものを、おもわず、読んでしまうから、英語が速くなるのではないでしょうか?そして、喉発音が実践しにくくなります。 そういう意味で、ぐーグルの副社長さんが本で、とにかく言うことを50パターン覚えこんでしまう、、、という練習は私はいいと思えません。大切なのは、新しい状況で、新しい内容でも、その場で、ゆっくりとでも作り出すことです。X IS Yというような非常に基本的な構造を使いながら。 早く喋る必要はないのです。実際、ネイティブは、たらたらと喋っています。英語ってスピードが遅いですよね。シラブルに、だいたい3つ音もがはいるので、全体的にスピードが遅い。 だから、ぼんぼんぼんぼん、、、という感じのたらたらしたリズムになるのです。 弾丸英語、機関銃英語に聞こえるのは、シラブルを単位として聞かずに、個々の音(MとかSとか)を聞いているからでしょう。それだと当然、むちゃくちゃ速い。) 実は、他にも昨日のセミナーから学んだことがあります。また後で。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. なるほど、これは私の仮説に合っていますね。

    西日本 シラブルが減る
    東日本 シラブルが同じ

    いや、このケースはシラブルが増えたので、仮説を修正して、、、

    西日本 シラブルが減る
    東日本 シラブルが同じか、増える。

  2. カズ先生、こんばんわ。
    お久しぶりです。日本は現在、24日の午前1時前であります。既に、全国的に夏日です。

    おっしゃる通りで、広島弁と同様、鹿児島弁や沖縄弁のように共通語・東京語と違いすぎる方言の方が、忘れようがないですね。埼玉県や千葉県の田舎の人達は、東京で長く生活や仕事をすると、いつの間にか子供の頃に発音を忘れる人が多いそうです。
    発音の大きく異なる方言の方が、脳の言語中枢における離れた場所に記憶されているので、混同が生じないのでしょう。私も東京で20年以上も生活していますが、たまに田舎の親戚と電話で話すと、昔の鹿児島弁の発音に無意識に戻っています。ちなみに、鹿児島弁の発音は、私の知る限り、映画で観るアメリカ英語の特にニューヨーク辺りの不良の連中の発音と似ています。

    鹿児島弁では、以下のようになります。
     だから: じゃっで(2拍)
     しかし: じゃっどん(2拍)
     しない: せん(1拍。広島弁と同じか?)

    ではまた。
    お元気でお過ごしくださいませ。

    1. アキさん、ご報告ありがとうございます。

      鹿児島もやはりそうですか。

      島根県の歌の専門家の永田先生が、YOUTUBEで島根県弁を披露されていましたが、ゆはり、印象としては、NYあたりの「不良」のイメージでした。実際は、不良じゃなくてもいいんですけどね。

      沖縄は、読谷ラジオのチャブロックマックさんの放送を聞いていますが、彼らの喋る言葉は標準語に結構近いような、、、気がしています。

      もしかして、標準語を喋ろうとしているからかな???

      沖縄の言葉が違いすぎるので、標準語は標準語で分けておられるのかな?

      イントネーションは違うんですが、、、。

    1. 私の勘ですが、やんない、、、がやらないの短縮じゃなくて、

      最初に「やんない」があって、やらないは、フォーマルに書くために生まれたのじゃないかなと。