英語文法の脱構築

英語の文法は日本人にとって暗号である。例えばTHE。これを正しく使うのは難しい、、、とされている。ところが、この暗号を解くことに成功した(CODEをCRACKした)。ただし、この発表はすぐというわけにはいかないので、皆さんにはまたしても迷惑をかけることになる。THEだけではない。日本人には使いにくい複数、単数形の秘密も明かすことができた。だって、ものすごく簡単なことなのに、なぜ日本人にとっては難しいのか。それには理由があったのである。イメージ的には、実は文法は存在しなかった、、、という感じだ。文法は存在しないのである。

ちょっとずれるが、先日、ニイハラ氏のコラムで喉が雑誌で紹介された、、、とお知らせした。するとある人が「本を読みましたよ、、載っていましたよ、、、」とおしゃって、ちょっとこんがらがった。え、なんのこと?5秒ぐらい考えて、あ、雑誌に載っていたってことか、、、と思い直した。英語では本と雑誌は違うものなのだ(雑誌はMAGAZINEでありBOOKではない)。ニイハラさんは雑誌で紹介してくれたんだけど、その「本」を見ましたよ、、、と言われて、えー、なんのこと?と混乱したのだ。日本語では、雑誌は本のうちなのだ。それを感覚的に忘れてしまっていた。

日本人が特定の文法間違いをすると、そういう感じの混乱がネイティブの頭に起こるらしい。えー、、、どういうこと?みたいな。

喉の次になぜ文法書か?と思われるかもしれない。喉を実践しはじめて3年、職場で、周りが私をネイティブと同じように扱うようになって、私のつづりミスや文法ミスに苦情を言うようになった。口発音をしているときには、言われたことがなかったのに。喉発音をしているので、アメリカ人と全く同等の取り扱いを受けるようになり、THEを間違ったりすることがACCEPTABLEではなくなったのだろう。

そういう事情で、最近は英語を書いたあとに、ちゃんともう一度読み直す。これあってるかなあ、、、と自信がなければ、違う表現を使ってみる。

文法だけではない、、、。

 喉発音をしはじめて、職場にある人間関係とかがよく分かるようになった。だれが意地悪だとか、そういうことが噂話を通じて伝わってきたりする。口発音をしているときは、アメリカ人の同僚が他の同僚の悪口を私にすることは絶対になかった。ところが、喉発音をし始めて、そういう話をちらほら聞くようになった。

これはつまり私にとってアメリカが日本と同じになったということである。

急にアメリカと日本がそんなにかわらんじゃないか、、、と思い始めた(この逆が国家の品格の藤原さんだろうか、、、アメリカ人は論理を通す、、、とか。喉を始めて3年ぐらいがたつが、日本人もアメリカ人も論理を通す度合いがそんなに変わらんのじゃないか、、、という実感がある。)

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.