喉発音は「きもい」?

数週間前に、あるかたに、喉発音は「きもい」んじゃないか?とコメントをいただいた。ちなみに、そのかた自身、喉発音なのに、、、という、オチもあるのだが。もともと喉発音の人は、喉発音ですね?と言われても、え?っとくる場合も多い。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

たしかに、練習のときには感情を入れないほうがいい、イントネーションをわざとしないほうがよいので、きもいかもしれないが、、、

たまたま、例えばWHAT?(u_を含む音)を例として発音した後だった。

HAVE A GOOD TIME!というようなポジティブな発言をするときに、喉発音は変じゃない?というようなコメントをいただいたのでした。

しかし、やっぱり日本人的感覚では、ゲロをする感じの発音、発声でネイティブは喋っている。

他のネイティブだって、ゲロをするような響きで英語を喋っている。

ゲロをするときのような発声法こそ、世界スタンダードであり、また哺乳類スタンダードである。

ただそのゲロ声はよく聞くと、いろんな感情を表現できる声だ。

オープンマインドで聞けると、感情がどんどん聞けてくる。

さて、ここまで書いたことを、アドリブ英語で喋ってみました。聞いてもらえると、伝わるものがあるかもしれません(いや、喉発音が信じられない人には、聞こえないのかも、、、汗。)

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3|titles=kaz_04_13_2012]

http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3

永田先生が以下のように書いておられるのでした。タイトルは「高い声で喋る日本人」。

http://ameblo.jp/molto-piu-acute/entry-11221698332.html

この高さで、日本人は、丁寧さ、SINCERITYを表現する。

しかし、この高さ、甲高さ、声のひらたさは、他の外国語を習得するときの障害になる。第2次世界大戦(前)で、戦争回避のための外交努力なども、難しかったんじゃないだろうか?

相手(外人)の言っていることに、命令文が含まれているなら、それを声の感情をきくことなく、その文字通りのまま、受け取って、外人は、横柄だ、生意気だと解釈してしまうのではないか?

アメリカ側も、日本人の声を聞いて、その感情をうまく理解できなかったかもしれない。

声の意味が全然違うのだ。日本人は、声を甲高くして、SINCERITYを示す。アメリカ人は声のリラックスさで、SINCERITYを示す。

最近、喉発音プラス、喉の声から伝わってくる感情を聞いているので、腹が立つことがない。

前は、アメリカ人の店員などが、ふてぶてしく感じていたので、腹が立つことが多かった。

 

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉ライブ MASA 

本日は、英語喉に出会って1年3ヶ月のMASA氏です。聞き取り100%の世界から学ぶ英語、ネイティブと喋りながら学ぶ英語、、、非常に理想的です。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 それから、声楽の永田先生が英語喉を高く評価してくださっています。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    1. 体をやわらなくして、相手のオーラに合わせる感じで、がんばってください。

      ちょっと硬くなると、相手がそれを感じ取ってしまいます。

      では気をつけて、海の旅を。

      たしか、今春休みに突入するのかな?アメリカでは。