仕事上にエチケット?気をつけていること

日本で最後に働いたのが1994年で、それも私立高校の教諭だったので、日本の会社とアメリカの会社の一般的な違いとかがよくわからない。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

で、アメリカの会社で仕事上、気をつけていることの一つは、メールを送る時間だ。平日だと、できるだけ5時以降には送らないことと、特に金曜日の場合は、4時以降は送らないようにしている。書いておいて、セーブしておいて、翌朝の8時ごろに発射。週末は送らない。月曜の朝まで待つ。

てのは、ブラックベリーを持っている人も多いので、夜、どうしても見てしまうかもしれない。次の日でも良い場合には、次の日に送らないと家庭の時間に差し支えるのです。

他の会社につとめるある友人と一緒に会食したときに、夜、同僚が、がんがんメールを送ってくることに、腹を立てていた。

金曜日は、もっと気をつける。4時とか、ぎりぎりに出すのは、どうしても、必要な場合か、あるいは、同じグループの人で、どう考えても、今、オフィスにいて、たぶん、大丈夫な場合。

私の業界は、たいてい個室か、多くて3人までの共同部屋なのだが、、、、

まだ、いたら、ドアが開いていて、電気が付いているので分かる。

ドアが閉まっていたら、今、忙しいから、今、ノックすなよ~、、、みたいな感じ。

ドアが開いていて、電気が消えていたら、帰りました、、、か、家で仕事をしているということ(金曜日は家からです、、とか書いて紙が貼ってある)。

だから、金曜日の4時あたりにメールを出すかどうかは、オフィスにいるかどうか、、、とか上のルールで悟るのです。

5時になると、ほとんど人がいなくなる。

その原因は、渋滞。

家を買った人は特に、会社の近所に住んでいない。5時で帰っていると、渋滞に巻き込まれるので、4時半ぐらいに帰る(そのかわり、朝、早めに来る)。

ただ、本当に忙しいときが、たまに、あって、例えば、プロポーザルを明日の正午までに仕上げるとか、そういうときは、夜中でもメールが行き交うのだけど、それはそれで、チームワークみたいで、たまには、いい感じ。

そういや、金曜日も、その晩の12時が学会発表のプロポーザルの締め切りだったので4人ぐらいでメールを10時ごろにまわしていたのだけど、ま、たまにはいい感じ。

**

気分は良いのだが2週間前から風邪で、今は、咳が夜出る。そのため、仕事がたまったので、今日は、日曜なのに、仕事をしていた。その結果をメールしたかったのだけど、週末だし、夜だし、がまんした。で、こういう内容になりました。

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.