当サイト内、「英語喉会議」で近日中、英語喉最大のコツを発表

皆さん、当サイト内の「英語喉会議」というフォーラムで、例のコツを発表しますので、ぜひ登録メンバーになってくださいね。

登録すると、お互いにメッセージができたりしますので、きっと英語喉実践者としての意識が高まっていい感じです。

また、外国人メンバーもいて、きっと英語と日本語を教えあったりできると思いますよ。

この最大のコツに関しては、現在、KAZY氏の回答まちです。

KAZY氏に一体、このコツが何かがGUESSできるか、、、な?

ヒントですが、実は、もう英語喉に書いてある、、、というか、ジーナに言ったら、最初から言ってるではないか?という感覚でした。

確かにそうです。

なぜKAZY氏にGUESSしてもらっているかというと、KAZY氏の英語では、このことが全くされていないからです。

そして、このことを実践すると、またたくまに、完全ネイティブ化してしまうでしょう。

私は緊張したときに、これができていませんでした。

このコツが分かったおかげで、な~~るほどと思えることがあります。

私がとっても不思議だったことのひとつに、英語喉をお知りになったあとも天満さんがコピーイングということを推奨されていました。これは、え?と思ったんです。それは、英語喉があるのに、なぜコピーイング???

今考えると、な~るほど、これをコピーイングすれば、たしかに、私の言っているコツが目指すものは達成されます。

RONさんもそうです。英語喉をお教えしたのに、シャドーイングを熱心にされていました。え?英語喉があるのに、なぜシャドーイング?と思ったのです。

なるほど、シャドーイングによっても、このコツが目指すものが獲得できます。

生意気に聞こえるかもしれませんが、、、今回のコツを紹介すると、天満さんのコピーイング、そしてRONさんのシャドーイングも、ますます、光ってくるかもしれません。

すでに楽しいものでしょうが、も~~~っと楽しくなりそうです。

相反するものではないのです。

逆に、相乗効果が出てくるでしょう。

また、MASA氏、KAZY氏の方法である、実際に喋る、、、という運動にも、さらに磨きがかかります。

これは私がコツを数日前から始めただけで、私の同僚たちが、さらに親密になったのでした。

2日前、それほど親しいというほどでもない同僚が、「カズさん、タイのデザートなんて好きですか?私つくったんですが、食べてね」と言って、そのデザートをくれました。

その後、新人が入ったので、私のオフィスに来て紹介してくれました。若手の女の子が3人来て、私の感覚では、この退屈なおっさんは10秒ぐらいできりあげて、次、行こうか、、、って感じだと思うのだけど、今回のコツを楽しみながら、英語をしゃべっている私に反応したのかさろうとしない。

さらに、昨日、いつもは、そんなこと言わないように思える同僚が、今年は一緒にいろいろやろう、、、みたいな感じで、言っていた。私の英語に反応したのではないか、、、

人がすんなり去らないのです。

英語喉をやっているから前からそうでしたけど、その親密さの度合いが高まった。

さらに、ジーナがいつもよりも、私に対する言葉が多いし、意見などを積極的に聞いてくる度合いが大きい。

私がこのコツをつかって話していると、きっと、私がいつもよりもっと暖かい人間にうつるのじゃないかと思う。

実際、私も、なんか、このコツを使っていると、人間として優しい感じになります。

前だと、いやみに聞こえたようなせりふでも、思慮深く聞こえる!

聞き取りもきっと良くなると思う。

もともと聞き取り100%だったわけですが、さらにエクストラな情報が聞き取れます。

そのエキストラの部分というのは、感情に関係しているようです。

たぶん、このこと、このコツがかもし出す音のダイナミズム、、、、が邪魔になって、英語が聞きにくい人がいるのだろう。

KATSUさんのBLOG報告では、このことのやりぐあいが人によって微妙に違う、、、そのせいで、日本人の感覚では、聴きやすい英語の人と、そうでない人がいる、、、ということだが、たぶんそうだと思う。

ところで、以下は、このコツを最大限に生かしながら喋っている音声ですが、スペイン語でもスピーチをしてみました。

一つ変わったことがあります。喋るときに、「う~」とか「あ~」とか言うのが嫌になってきました。以下をとったときにも、出たので、なんとEDITしてしまったのです。たぶん、以前は、そういう言葉を言うのが、逆にネイティブっぽいと思っていたのだと思います。会社のスピーチクラブでも、ネイティブがそれを多く使っています(そして、クラブとしてはそれをしないようにという指導です)。

この今のコツのおかげで、自分の英語、スペイン語がはげしく自信に満ちています。だから、「う~」だとか「あ~」だとか、LIKE~(えっと)を使うのがいやになってきました。

目標が変わりました。普通のネイティブのように喋るのが目標じゃなくて、スピーチがうまいネイティブのように喋りたい。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_01_11_2012.mp3|titles=kaz_01_11_2012]

http://nippondream.com/file/kaz_01_11_2012.mp3

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

2 thoughts on “当サイト内、「英語喉会議」で近日中、英語喉最大のコツを発表”

  1. kuezawa さん
    英語喉に出会ってまだ1カ月程度の初心者です。これまで購入した
    発音関連本、ネット販売本(メソッド)などピンとこない中ずっと
    探し求めていたものに出会えたのが「英語喉」
    しかしながら毎日毎日練習していますが喉発音への切り替えをするのに
    時間がかかる状況です。しかもえらく低いトーンで、やや大げさめに
    いかにも喉使ってます、みたいな・・・。
    位置が定まらないとはいえ、音は出せてると思います。あとは自然に
    身体にそのルールを落とすだけではないか、と。英語の歌が超レベルアップ
    で、あまりの心地よさに感動しました。
    この最大のコツは初心者にはまだ早すぎる代物なのですか?アップされている
    音声のレベルの高さにしり込みしております。本当に私はそこにのぼりつめられ
    るのか不安です。
    いままでの10年を返せーと言いたいぐらいの、ここ1カ月。前に進んでる実感と
    早く達成したい焦りで興奮気味です。すごいですね-。本当のネイティブとしか
    思えません。拍手!!!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.