ネイティブ度97%、、、というかこの自信に満ちた私の英語を聞いて欲しい

ネイティブ度が97%、、、96%?95%?

という問題ではなく、

私がこの2日ほど、圧倒的なる自信を持って英語をしゃべりだした!

この私の英語を聞いて欲しい。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3|titles=kaz_try_native_01_09_2012]

http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3

自分で聞いていて、分かるのは

圧倒的なる自信にあふれているということだ。

まずは、MASA氏に感謝したい。このテクニックにいたったきっかけは、数日前のMASA氏のと会話である。あの会話がなければ、今のこの自信に満ちた私の英語はない。

私は、たしかにネイティブのような話し方はするが、圧倒的に自信がなかった。

例えば、数日前の英語喉ライブだ。

確かにネイティブのような英語をしゃべっている、、、しかし、不安が声に現れている。声が小さくなったりする。

いや、今、意識的にしているあることを、実は、英語喉ライブで確かにしている。90%は使っている。

しかし、しっかりと意識した形でつかっていない。

だから声が小さくなったり、自信がなくなったり。

さっそく、時間帯の近いKATSU氏にメールを打ったら、KATSU氏の反応もよく、すげ~~~~ということだった。

とりあえずは、このテクニックを秘密にしたい。

私は実はMASA氏に挑戦をしている。

MASAさん、私が、あなたのおかげで、あることを意識して英語をしゃべっていますよ。その結果、圧倒的な自信を得ました。私は例えば、このあと会社に行きますが、アメリカ人の同僚たちよ、、、ついに、私はあなたたちが何をしているのか、ついに100%理解しました。私はそれを97%ぐらいの形で再現できますよ~~~。

一体何をしているでしょうか????

MASAさん、メールで答えが分かったら教えてくださいね。

 

ある意味で、ネイティブに近いかどういかというより、何をしているから、この圧倒的な自信が生じるのかということじゃないかと思う。

私が今していることをすると、圧倒的に英語がすばらしくなるかたがたの名前が浮かぶ。

MASAさん、YOSSYさん、KAZYさん、、、たぶん、私が今していることを、意識的にしておられない。

長崎の雨さん、天満さん、たぶん、RONさんは、最初っからしている。

KENJI-Yさんは全然しておられない。KENJI-NYさんは、ちょっとだけしておられるかもしれないけど、もう1回英語を聞かないと思い出せない。

KATSUさんもしておられないのじゃないか???

あと、このテクニックをしだして、リスニングの精度があがったような、、、気のせいだろうか。OZZY OSBORNの歌詞が、すみずみまで、ますますクリアに、感情のひだまで、、、聞こえる、、、気のせいかな。

もしかしたら、このことを気づく人がリスニング100%になり、気づかない人が、時間がかかっているのではないだろうか???

そして、その原因は、元々しゃべっている日本語の方言に関係していそうだと思う。

やはり兵庫県から西の人のほうが、リスニング100%に一挙になる確率が高いように思える。

 

ちなみに、なぜ自信のレベルが続くかというと、あることをしているのだけど、それが楽しくてしかたがないので、おもわず緊張していても、相手がたぶん日本人でも、そのことをしてしまい、自信が続く。声が小さくならない、、

上の音声ファイルを聞いたら、一箇所だけ、自信が失われている場所があった(2秒ぐらい)。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

5 thoughts on “ネイティブ度97%、、、というかこの自信に満ちた私の英語を聞いて欲しい”

  1. とりあえず秘密?! じらす~~~っ!!
    待て次号、でありますように…。たしかに声の感じ変わりましたね。ソフトです。

  2. はじめまして。
    いつもブログを拝見しています。
    以前より、口角がキュッと上がっているような発音に聞こえますが・・・
    少し微笑みをたたえながら話す時のような。
    失礼しました。

  3. 確かにすごく良くなってると思いました(生意気な言い方ですいません・・)でもゆっくりはっきり話してるのかなという他は皆目見当がつきません・・・頭が痛くなってきました(笑)

  4. こんにちは。私の場合はまだ喉発音と3ビートを身につけるのに格闘している状態なので、よくわかりません^^
    ちなみにその、「あること」というのは英語喉の本に載っていない新しいメソッドなのでしょうか?

  5. ネイテブ度については、私には判断できませんが、発声源が深いところにあるということが強調されたようにきこえます。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.